FC2ブログ

そこはかとなくエロゲを綴る

 >  レビュー >  ままごと 〜ママとないしょのエッチしましょ〜 感想【オススメ】

ままごと 〜ママとないしょのエッチしましょ〜 感想【オススメ】

アトリエかぐや BARE&BUNNYが前作まで絶対的な人気だったお母さんキャラをメインにした待望の新作『ままごと 〜ママとないしょのエッチしましょ〜』を発売しました。早速プレイしたのでレビューと紹介記事です。


ままごと 〜ママとないしょのエッチしましょ〜
アトリエかぐや BARE&BUNNY

あらすじはこちら

ままごと感想・紹介 (1)

DMM 駿河屋 Amazon




□基本情報

ママにダメになるくらい甘やかされるAVG
原画:choco-chip
シナリオ:近江達裕、七央結日、風間ぼなんざ、須永成人、七歌
プレイ時間:12時間程度

主人公は大学進学をきっかけに実家に戻ってきたが、寮生活が長かった所為か、家族とギクシャクしていた。

母親の先輩でお隣の人妻『川島響子』にそれを相談するが、実は主人公を自分だけの息子にしたいと狙っていた彼女は、
アドバイスと称してエッチなスキンシップを仕掛け、自分に夢中にさせようとしてくる。

しかし、母『千景』はそれに気が付き、響子に息子を奪われない為に必死に息子との関係を縮めようとするが、気合が入り過ぎて――!?

更にツンデレな妹『亜季』、響子の娘の『雪舞』まで参戦し、主人公をめぐるエッチな家族のスキンシップが始まる! (公式HPより)


□良い点・悪い点列記

○ 豊富な服装差分(水着、私服、下着)
○ 母親に寄せて進化したchoco-chip先生の美麗なCGと立ち絵
◎ 全てを詰め込んだ響子さんルート
× CGによって塗り方がやや異なっているように見えムラがある
× 母親か恋人か等の選択肢以降のプレイの台詞や内容に差異がない


□システムや動作環境

いつも通りのアトリエかぐやBBラインのUIとシステムです。このラインは高水準なので他のラインと共有をしてもらいたい。。。
今回はマップアクションが豊富な割に選択肢の進め方は非常にシンプルな分岐になっており数回プレイし直せば綺麗に全員分埋めることが可能です。
ルート突入時にも「root」アイコンが点灯するためわかりやすく、保持したままハーレムフラグを立てることも出来るのは便利でした。
孕ませゲージはイマイチ使ってる実感がなかったのですが、5ゲージ貯めきるかどうかで妊娠ENDか通常ENDかに分岐するだけなので、こちらも非常にシンプルで良かったと思います。


□作画・グラフィック

非の打ち所がないchoco-chip先生の絵。どこを切り取っても美しいです。亜季はどのCGも素晴らしく綺麗です。
特に今回はお母さんズにフォーカスが当たっていて艶やかさを出すためか唇をややぷっくりと表現しているように感じ、いつもとは違った質感と重みのあるエロさを覚えました。
ところどころ塗り方によるものだと思いますが、昔のかぐやっぽいのっぺりとした塗りが散見され、上記と相まって懐かしい反面違和感もありました。

背景の描き込みも力が入っており、田舎の民宿の背景はグっときました。


□各ヒロインについて

■川島雪舞(CV:南十字いっせい)
ままごと感想・紹介 (5)

お隣の響子さんの娘で一見大人しいスタイルに見えますが、驚くほど着やせします。私服もすごく可愛らしい。
書道パフォーマンスをする部活動に所属していますが、袴でのシーンがないに等しいのは少し残念なところです。
プレイ自体はシンプルなものが多く、娘二人はどちらもあっさりとしています。
引き締まった身体の亜季よりもむっちりとした体形でお尻を強調した構図のCGが光っています。
手コキやおしゃぶりはしていたもののアナルセックスから始まり主人公に更にメロメロになっているのは可愛らしかったです。

・パンツを使った手コキ
・友人から逃げ隠れてからのトイレ内プレイ
・一日デートからのホテルでガーターを履いたままプレイ などがあります。


■北川亜季(CV:綾音まこ)
ままごと感想・紹介 (6)

主人公の妹。素直になれないツンデレキャラですが、序盤からお兄ちゃん大好きオーラがバリバリ出ていてすぐにデレッデレになります。
常にへそ出しの立ち絵で、ピッタリとした洋服で運動部らしい抜群のスタイルをアピールしています。
お兄ちゃんに甘えたい、辛抱ならない気持ちから展開されるイチャラブはほっこりとすることができます。響子さんルートと真逆の優しさのあるルートです。

どのCGも亜季については非常に綺麗で驚かされ、添い寝のシーンや最初シーンには痺れました。
ままごと感想・紹介 (10)

また、ユニフォームを着てお尻を突き出しているCGでは普段の彼女からは想像できないほどのインパクトのある尻でめちゃくちゃ良かったです。

・酔っぱらった勢いで素股
・主人公の股間の匂いを嗅ぎながらのオナニー
・体調を崩したお兄ちゃんの看病中に膨らんだ股間を見てパニックになりパイズリ などがあります。


■北川千景(CV:榛名れん)
ままごと感想・紹介 (4)

主人公のお母さん。多忙で息子とのコミュニケーションがうまくいかず甘えさせたいor甘えたいのジレンマを持っています。
主人公の事が大好きすぎてハメ堕とされ主人公のお嫁さんになると高らかに宣言したり、息子を取られまいとメンヘラチックに肉体関係を重ねていく様は不器用で非常に可愛らしいです。
ゴムつきセックスが千景さんの全体を通したポイントでもあるのですが、連続使用などで孕もうとする策士。
母乳が出始めた事や息子を目の当たりにして募る性欲はとどまることがなく、自分で玩具やローションを購入したりするので性欲が旺盛なのも人妻らしい良いポイントでした。

一方でルートによってはストレス発散のために息子とセックスをしているようにも受け止められる部分があり、独りよがりな部分があったのはマイナスポイントです。
エロさと力の入れ方は娘と比べると際立っていましたが、ややインパクトに欠けていました。でも私はビジュアルは彼女が一番好きです。
ままごと感想・紹介 (9)

ままごと感想・紹介 (12)

ダイナミックなボディを余すことなく堪能できるいいキャラクターだったと思います。どうせならもっともっとどすけべでも良かったです。


・上層階のプールで競泳水着を着て素股
・息子と温泉旅行に行って生ハメ
・通販で買ったローションと玩具でいつもと違った快感を得るプレイ などがあります。


■川島響子(CV:有賀桃)
ままごと感想・紹介 (3)

息子が欲しくて仕方がない独占欲の強いお隣の人妻。旦那さんも一緒に暮らしています。

ここに魔物は潜んでいたよ。すべてを持っていかれました。
あの手この手を使って主人公を甘えさせよう、自分の家の子になるよう誘惑をしてきますが、そのやり方がとても狡猾です。
親子ルート・恋愛ルートどちらにしても自分から攻めていきつつも、重要なポイントでは焦らし、主人公が焦りと欲求に押しつぶされそうになるタイミングで畳みかけてきます。
このやり方をこんな美人に仕掛けられたら一たまりもありません。誰だってイチコロで虜になります。
筆舌し難い彼女の徹底的なやり方で主人公の雄としての本能を駆り立て托卵もするし、ママにゾッコンにもなります。

特にあるルートで主人公が"自分の物だ"と証明するためにも行った彼女がある場所でとった行動はまさかアトリエかぐやがこんなことをぶつけてくるのか・・・と驚愕するとともに、激しい興奮を禁じ得なかったです。

今までの人妻キャラを出してきたポイントが彼女のルートに凝縮されていると言っても過言ではありません。
あり余るフェロモンは詩子さんには劣りますが、その手管には畏敬の念すら持ちました。本当に素晴らしいルートです。

・主人公に女慣れさせるために裸エプロンでパイズリゲーム
・旦那と娘のいない間に新婚夫婦プレイ
・ヨガウェアを着て腋コキ
・○○で●●を着た独占欲を満たす禁断のセックス などがあります。


□総評

Love×Holic 〜魅惑の乙女と白濁カンケイ〜』の舞凍ママ、『姉ちゃんのススメ 〜お姉ちゃんのイタズラ性生活〜』のススメの詩子さんのように直近でお母さんキャラを差し込んでいたBBラインがお母さんを二人も引き連れて帰ってきた本作はしっかりと両名にフォーカスが当たっています。
END分岐も最大で4+2ハーレムで6種あり、親子ゲージと恋愛ゲージがある点で娘の2キャラとも差別化を図っていて市場に挑戦する一方で力をしっかり入れてくれていることが伝わりとても嬉しいです。
他のラインも見直しが行われている中でこの流れはよりラインの魅力を引き立ててくれました。

娘二人はいつもながらのイチャラブたっぷりのかぐやのカラーでありつつ、千景さんと響子さんはそれぞれ離婚した夫との話や旦那が相手をしてくれない、浮気かもしれないという少しディープな部分も出してきました。
その点については良し悪しがつけにくいのですが、それぞれのお母さんが躍起になる起爆剤としての役割はしっかりと果たしてくれていたと考えます。

特筆すべきは異色を放っている響子さんルート。

ままごと感想・紹介 (7)

後輩の息子を支配する、奪い取るという一面も持ちつつ、

ままごと感想・紹介 (8)

支配され堕ちて托卵まで計画するというルートによって二面性があります。
ここまでの振れ幅のハイブリッドのあるキャラクターをアトリエかぐやが描きつつ、爛れっぷりを表現するとは衝撃的でした。
ふんわりとした見た目からかけ離れている緻密さと虜にする妖艶さは目を見張るものがあり、今後も発展させてほしい内容です。

また、母娘での主人公の奪い合い、面と向かっての千景と響子の主人公の奪い合いのハーレム展開はそういった黒さは全くなく、明るい睦まじさに溢れる展開になっているため様々な角度で見られるのはとても良かったと思います。


前作までで慟哭してきた人妻キャラクター好きにはたまらない作品になっています。
男を手玉にとる「悪女」とも取れる響子さんの貪欲さをぜひ堪能してもらいたいです。

千景さんのタペストリー付きDL版は12月16日までの販売なのでマストバイです。
あのタペストリーがあると旅行のシーンの趣がまた変わってくるのではないでしょうか。

それではまた次の記事にて。


ままごと感想・紹介 (2)

DMMでDL版を購入


□関連記事リンク

JK妹。 感想
お姉さん先生〜補習授業のエッチな先生〜 感想
お姉さん×SHUFFLE!〜ともだちのお姉ちゃんのエッチな体。〜 感想
姉ちゃんのススメ ~お姉ちゃんのイタズラ性生活~ 感想
このままだと弟がテクノブレイクで死んじゃうから子作り! 感想

その他感想・レビュー記事



関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する