FC2ブログ

そこはかとなくエロゲを綴る

 >  PCゲーム >  6月の新作エロゲまとめ

6月の新作エロゲまとめ

一年も早いもので、もうすぐ上半期が終わり折り返しに差し掛かろうとしています。
私のエロゲの区切りでは5月発売のエロゲまでが上半期のランキング対象となるため、もうすぐ記事作成をするとなると結構なパワーが必要になるので少しずつ準備をしていこうと思います。

さて5月は月末最終日がエロゲフライデーのため、発売後すぐに6月に変わり購入するエロゲもあるのでチェックしていきます。

DEAD DAYS/CLOCKUP
あらすじはこちら


20190529 (1)

DMM 駿河屋 Amazon

最近体験版とOPムービーが公開されました。ここのラインのムービーは相変わらずおしゃれです。どうしてこの曲にしたのかは少し疑問が残るところですが。
体験版も週末に出ていたので早速プレイしました。
公式HPのキャラクター紹介では記憶喪失とだけ書かれていた天願ですが、蓋を開けてみると強盗殺人の凶悪犯で死刑執行後に生還した人物といった肩書があり、一気に緊張感が増しました。
また、ゲーム感覚で与えられるミッションの真相も非常に気がかりではありますが最近の傾向から考えるとそこまで壮大なストーリーではないのではないかなと思っています。フルプライスですが、その点が少し心配です。
エロに関しては生を実感するための生殖行為という前フリが全員に与えられている点で倫理観の崩壊と抑えることが出来ない劇的な衝動からヒロインからも求めてくるという様が描かれていて満足です。
生と性と死という相関関係のバランスがどこまで崩れていくのかがこのシナリオのポイントになってくるのだと思います。
真魚は生きているのが恐らくは確定しているので、そんな疫病神とまで称した彼女とどう付き合っていくのかという人間関係にも着目していきたいです。


俺が聞かされた妻の寝取られ告白 〜ねえあなた、わたし今……とっても幸せよ〜
SUKARADOG

あらすじはこちら


20190529 (4)

DMM Amazon

まったく注目されていませんが、絵と雰囲気は良いですし、タイトルの吸引力もかなりのモノでした。
ライターさんが今まで純愛のエロゲを描かれていることが多かったため、どうなるのかは未知数です。
しかしそれを補ってなお余る零れんばかりのミナトの身体は必見です。


セクフレ幼馴染~処女と童貞は恥ずかしいってみんなが言うから~
ORC SOFT

あらすじはこちら


20190529 (5)

DMM 駿河屋 Amazon

ある意味6月の本命です。気になりすぎて体験版やりました。
・学生時代の冴えない幼馴染同士で付き合うわけでもなくお互い初めてを散らす
・学年が上がっても二人の関係は続き、プレイは激しさを増し、幼馴染は色気づき垢抜けていき周りが魅力に気付く中での優越感
・学生生活で終わりを迎えるかと思いきや、その先もあり、さらに分岐もありそう

しかも志穂と思われる立ち絵は二種類あり、それぞれ受ける印象がだいぶ違います。
20190529 (6)

てにおはっ!』のように快楽ルートと通常ルートのような分岐なのかなというものが一つ。
主人公と別れて他の誰かと結ばれたルートとも考えられますし、もしそうなのであれば他の男性とくっつくまでの馴れ初めが非常に気になるところで寝取られチックなのか、それとも自然解消からの再開で焼けぼっくいの如く火が点くパターンなのか、どちらにしても美味しいものが一つ。
できれば後者の方であって欲しいのですが、どうなのでしょう。それを見る意味でもモチベーションは鰻上りとなりました。


White Blue/LiLiM DARKNESS
あらすじはこちら


20190529 (3)


DMM 駿河屋 Amazon

OPがnaoでとてもかっこいい。辱ゲーはやっぱりこうでないと。
綾瀬はづきの絵で少しハードめな作品ということで楽しみにしていますが、体験版をやった感じ結構歯抜けになりそうなシナリオに感じられたのは少し怖いところ。
優先度はおこまで高くありませんが、チェックしている作品です。


月の彼方で逢いましょう/tone work's
あらすじはこちら


20190529 (2)

DMM 駿河屋 Amazon

とあるヒロインが地雷だ地雷じゃないだ色々言われていましたが、得意の二部構成に加えて今回の設定は面白いなと思いました。
体験版のキャッチも悪くなさそうですし、プレイした声を聴く限り過去作同様安定した評価に落ち着くと思います。
今回もプレイ予定はありませんが、非常に気になっている作品です。


以上と6月はピックアップも比較的少な目で落ち着いた月になっていると思います。
アトリエかぐやはチェシャ猫ラインから新作の情報が来そうですし、7月が多くはありませんが、結構気になる作品が多いので充電期間とPythonの勉強期間としたいです。
8月のcabbit新作もありますし、徐々に期待できる作品が増えてきてくれそうですね。

それではまた次の記事にて。
関連記事

コメント






管理者にだけ表示を許可する