- そこはかとなくエロゲを綴る
2017/11/03
2017/11/02
2017/10/28
ホーム

        

ヤミと祝祭のサンクチュアリ 感想

category - レビュー
2017/ 11/ 03
                 
どんな運命が待ち受けていようとも――
変えてみせる。あなたとなら

よくできたコピーだなとプレイしてしみじみと。
発売前のtwitterやこういうコピーやTOPで結構なネタバレ要素ぶち込んでくるところはどうなのかなと思いつつしっかりと楽しめました。
記事についてはネタバレは極力減らすようにしていますので抽象的な部分も多いです。

ヤミと祝祭のサンクチュアリ/あざらしそふと零あらすじはこちら



原画:神剣桜花、まろたろ
シナリオ:桐月、温泉大祐
ルートロックなし
プレイ時間:20時間程度

○システムや動作環境
私のロースペックPCでも選択肢直後以外はサクサク動いて快適なプレイでした。スキップ速度が選べるところも地味に嬉しい。
フローチャートを採用していますのであまりスキップは使用しないとは思いますが細かい移動にはスキップがあると助かるので優しい配慮です。
付箋のシステムは全く使わないままクリアしてしまったのですがどう使うと便利だったのでしょうか。
クローデットがとても良いキャラだったのでボイス登録が出来たりすればなと高望みもしてみたり。

○作画やグラフィック
凄く乳袋です。どのメインヒロイン達も胸が大きいし柔らかそうです。
CGはどれも綺麗です。ユーリエはゲームをはじめ日本文化が好きなのであんな部屋いいなあと思えるような背景もあったり。
離島がメインなので自然あふれる背景が多いのですがどれも丁寧で美しかったです。
立ち絵はバリュエーションはそこまで多くありませんが、服装差分が各キャラそこそこありましたので少し前に桐月さんが仰ってたことを考えると頑張ったのだなあと。
亜梨栖の水着をもっと見たかったので水着の立ち絵はたくさんあってほしかったです。


○主題歌やBGM
OPや挿入歌、EDはどれも良かったです。Ducaさんの唄声が染み渡るし作品に良く合っていました。
BGMも印象に残る物が多く、やはりBGMのタイトルが数秒でも表示されてくれると記憶にも残りやすくていいですね。
キャラの掛け合いがコミカルな部分が多いのでターキー・トーキングのBGMはかなり強く印象に残っています。


○感想
面白かったのですが、キャラによって結構ムラがあったように感じました。
自分が感じた攻略推奨順に書いていきます。悠里>ユーリエ>クローデット>亜梨栖の順です。

・綺堂 悠里
ノアの伏線を回収してくれるルートです。キャラもどちらかというと一歩引いている大人しいキャラなのでシナリオも相まって一番インパクトに欠けるルートだったと思います。

・ユーリエ・フォン・フェルトベルグ
体験版範囲でも何かの目的があってこの島にやってきていることは明白だったのですが蓋を開けてみるとそこまで掘り下げられた内容にはなっていなかったのが残念でした。
このルートでしっかりと登場してくるサブキャラがむしろ評判だったりで本人は腹芸が多く掴みどころがないまま最後までいってしまうのでこちらもまた印象の薄いルートです。
亜梨栖ルートへの伏線、クローデットルートへの足掛かりになる部分も含まれていますので先にプレイした方が良いと思います。
あ、目隠しプレイのシーンはとても良かったです。好奇心たっぷりなユーリエならではということで◎

・クローデット・ベルフラウ
体験版が明けた途端に一気に高飛車のチョロインに堕ちてくるクローデット可愛い。
キャラの掛け合いも彼女の勢いとキャラクターで成り立っている部分が多いと感じるところからも愛着も持てたキャラクターです。
シナリオも真相に迫る部分が出てきたりして盛り上がるのですが、一番疑問が多く残ったルートでもあります。
一応亜梨栖ルートとあわせて解答は持てたのですがフラグメント部分はあまりしっくりこなかったり。
いずれにしてもキャラクターが自分の好みにすっぽりハマってきたので満足できたルートです。

・姫神 亜梨栖
この島の真実に触れるルートでもあり謎(?)であった姉の伏線も回収する答え合わせともなっているルートです。
上でも書いているようにこのルートを先にやる事も出来るのですが、他があまりに薄いのでキャラが好きになれないとなかなかにつらいものになってきますので、構成上にしてもボリュームにしても彼女を最後にやることを推奨します。
主人公の相棒とも言える彼女が好意を自覚し受け入れていく姿がとても良かったです。ストーリーではどこでもクローデットをいじり倒す仲の良さを見せつけてくれるコンビネーションが気持ちの良いキャラです。
すごく大胆な水着を着てくれるのに水着のシーンがないのはなぜなのでしょうか・・・。
風音が声優と言う事もあって安定感がありましたが、好きなキャラではやはりクローデットに軍配が上がります。

twitterでも少し書いたのですが、シナリオは予想以上に薄いです。
島の真相についてもそうですし、ヤミと祝祭のサンクチュアリ他体験版感想で記載していたような暗躍する姿なんかもほとんどないです。
クローデットに関しては体験版でさも自分が操られているという空気を醸し出していたにも関わらずその部分は家は家島は島と言わんばかりのぶった切りになっています。
ノエルの出生についても引き合いに出した意味がほとんどなかったものですし、ところどころ出てくる成績の話は結局何だったのかとなるくらいの投げっぷりだったりと詰めが甘い点は目立ちます。姉についても実質答え合わせする必要もなかったわけですし・・・。
どのルートもラストがすっきりと終わらなかったのと伏線を見た時のカタルシスがほとんどなかったのは残念でした。

舞台設定はせっかくとてもよかったのに伝奇要素もあまりなく主人公の力で押し切る部分がほとんどだったり、上記のように掘り下げ足りない部分が多かったりと残念な点は多かったです。
そして水着を出すのに満足な水着でのシーンもあまりないしフラグメント含めシーンが少ないのも残念な点です。
ここまでスタイルが良いキャラがたくさんいるのに活かしきれていないのは勿体ないなと。どの子も素晴らしい巨乳っぷりなのに。

ただ、私にとってはそれを補ってなお余るSDの可愛さとクローデットと亜梨栖の可愛さがありました。
今年のゲームの中では二人ともかなり好きな部類に入るキャラクターです。
亜梨栖は考え方であったり立ち居振る舞いがカッコイイのに女性的な姿を見せる一面もあったりするところや、主人公の良き理解者でありつつも干渉をしない度量を持ち合わせていて人間としてとても出来ている点に好感が持てました。
それでいてそういった姿にいやらしさを微塵も感じさせないのが風音のうまさなんでしょう。
そしてビックリするほどの巨乳です。あとなぜか髪をかき上げるしぐさが多くあり、ワキを強調しているのにそれを活かせなかった理不尽さがあったり。シーンには不満点が多いキャラです。

クローデットは作中一番のハイテンションキャラクターですし、曇りのない笑顔やたくさんの表情を見せてくれますのですごく明るい気持ちになる事が出来ました。
20171103 (4)
こんなことを実直に言ってしまう素直さも持ち合わせ乍らも学閥の長たる強さを持っている彼女。

20171103 (2)
一転して主人公にはこのように屈託のない笑顔とあどけなさをぶつけてくる彼女のギャップに敵いませんでした。完敗です。

絵にかいたようなチョロインの彼女なのにここまで惹きつけられたのには正直驚きました。それだけ魅力的なキャラクターだと私は思っています。


あまりシナリオに過度な期待を持っていると痛い目を見るので、綺麗な背景でそれなりなシナリオと可愛いSD絵、キャラクターの楽しい日常を見たいという人には丁度良い作品にです。
記事内ではあまり触れていませんが、立ち絵の表情の豊かさも楽しめる作品になっていると思います。
作中ではあざらしの自虐ネタとかがぽろぽろ転がっているのでそれも探してみてください。
とても良い巨乳を沢山もらえました。続編があってくれても良い終わり方なので楽しみにしています。


それではまた次の記事にて。

20171103(5)






                         
                                  
        

11月の新作エロゲまとめ

category - PCゲーム
2017/ 11/ 02
                 
10月の新作がとっても楽しくてプレイが全然追いつかないという嬉しい悲しい状態です。
今月の新作の体験版は気になるのは大体プレイはしてあるのでいいのですが、今月からコンシューマもまたいくつか出始めるので財布が本当に痛い痛い。

それでは今月の新作チェックです。

Making*Lovers/SMEEあらすじはこちら

Making*Lovers 初回限定版

体験版やりました。今月の本命です。
恋人になってから好きになっていくというコンセプトが良いです。エロゲではあまり見かけないような気もします。

ダメ人間製造機になってしまいそうな咲さんと主人公と何でも言い合える旧知の仲の可憐がとても可愛い。
前者は恋愛経験がないのにあふれ出んばかりの包容力。バーでハプニングから始まる運命的な出会いということで微妙な距離感から始まる恋愛模様を見てみたいです。
後者はずっと知った中でお互いの考え方もわかるし重なる部分の多い二人が同棲することなってお互いの気持ちにどう気が付いていってどう寄り添っていくのかが楽しみです。多分一瞬で落ちてぞっこんになってそうですけどね可憐は
それにめちゃめちゃ久しぶりなもりみそもいますので、色々と楽しみな点が多いゲーム。
イチャラブするキャラゲーなので特段書くこともないのですがものすごく惹かれました。

アオイトリ/パープルソフトウェアあらすじはこちら

アオイトリ

こちらも体験版は両方ともやりました。ストーリーには正直まだそこまで入り込めていません。電話の悪魔はすごく気になりますが。
ただエロい。ひたすらにエロい。赤暗い雰囲気の洋館の中で暖炉が照らす肌はこんなにも煽情的なのかと。
小夜とのシーンもあかりとのシーンもどちらもエロい。あかりちゃんは陥没だし。
まだ迷っているところですが、メディオのグッズだけは別途回収します。

夜巡る、ボクらの迷子教室/SAMOYED SMILEあらすじはこちら

夜巡る、ボクらの迷子教室

あらすじやコンセプト、雰囲気はとても良かったのになぜなのかOPで一気に興味がなくなってしまいました。
正直もっと重々しい雰囲気を望んでいたので意外にも爽やかさ前面に押し出したOPムービーは少しつまらないなと。このままOP詐欺となってくれるなら願ったりかなったりではあります。
まだ体験版のプレイは出来ていないので間に合うようならやりたいです。
優先度は低めの作品です。

ビッチ学園が清純なはずがないっ!!?/onomatope* raspberryあらすじ

ビッチ学園が清純なはずがないっ! ! ?

いつの間にやらシリーズとなって続いている作品。ビッチ姉はやりましたが姉妹は積んでいる状態ですがこちらの作品にもまた気になるキャラがいたりと。たまにやりたくなる作品なのですが、12月が重いので今回はスルーの方向です。

あぶのーまるらば~ず/とるてそふとあらすじはこちら

あぶのーまるらば~ず

タイトルはあぶのーまるなのに結構ノーマルっぽいシチュばかりになってそうな雰囲気です。
ライターは良い所が多いのですが不安要素がないわけでもないですし、体験版次第ですが後回しにすると思います。

これくらいでしょうか。
ゆらうかもkakaoなので気になりましたがキミオト2週の満足度の方が高い気がしたので欲望に勝てそうです。
まほ×ろばもありますがこれはスルーで。
ChuSinGura46+1の廉価版は回収すると思います。
Making*Loversプラス1、余裕があれば2いきたいところです。ただほんと12月の余力がないとやばい。

あとはCSでは.hack/G.U. Last Recodeが発売されるのでvol4と揺光と朔目当てでプレイしないといけません。
ドラクエ11?スイッチ?知らない子ですね・・・。

【PS4】.hack//G.U. Last Recode PREMIUM EDITION【早期購入特典】オリジナルPS4カスタムテーマが貰えるプロダクトコード同梱

このディスクたちは結構欲しいので中古にすべきかこれを買うべきか迷ってます。もう発売してますが。


今はヤミサンをプレイ中ですがもう少しで終わるので余裕があれば感想を書こうと思っています。
ノラとと2もあるし体験版とか積んだ作品も控えてたりといきなり消化が追い付かなくなりちょっと焦ったり。
12月までにはなんとかしておかないと年間記事が書けなくなるので頑張ります。

それではまた次の記事にて。



                         
                                  
        

かりぐらし恋愛とかはちみつそふととか 今週の備忘録

category - 備忘録
2017/ 10/ 28
                 
今週末はエロゲフライデーでしたね。それとは~とふるママンのOVAの発売日でもありました。
Switchでは『マリオオデッセイ』が発売されていいなーと横目で見つつ未開封の本体を眺める日々です。
とりあえずエロゲはインストールは済ませているのですが中旬ごろから風邪がなかなか治らず休息時間を増やさないといけないなと思うこの頃。

それでも備忘録はネタがあってモチベがあれば続けていきます。
というわけで今週の備忘録です。

Asa Project 新作サイトオープン


タイトルは『かりぐらし恋愛』⇒Asa Projet公式
原画:冬壱もんめ/結城リカ/夕凪セシナ
シナリオ:八日なのか/天都/言川紺
2018年の春発売予定とのこと。だいぶ先になりそうです。
10th作品なんですね。つい最近出た10th作品にはいい思い出がないのでこちらにも過度な期待はし過ぎないようにします。

気になったのはやはりはしご生活という部分。主人公がヒロインたちの家を転々としてローテーションするようです。
共通で複数周回してからどのヒロインを選ぶかで変わってくる感じなのでしょうか。構成がイメージしにくかったです。

そして気になるストーリー
主人公の瀬戸田拓真は、幼いころ暮らしていた街に戻ってきた。
親元を離れ、一人暮らしをする為だ。

(中略)
しかし、思い出の我が家は猛烈に老朽化が進行していて、とても住めるような状態ではない
ただの廃屋となり果てていた!
学園に通う為には、どこかに仮住まいを探したいがなんせ金がない・・・・・・途方に暮れる拓真。
そんな時、手を差し伸べてくれたのは昔の幼馴染達だった!!
ずっとは無理だが、しばらくの間幼馴染中の家にローテーションで寝泊まりするという形なら、
何とか家族の同意も得られそうとのこと。
なかには嫌悪感をあらわに、絶対イヤだ!という幼馴染もいたが、それはそれと丸め込むことに成功

こうして奇妙キテレツ常軌を逸した、かりぐらしの『はしご生活』が始まった。


ちょっと意味が分からない。突っ込んだら負けなのかもしれないですが。
親元を離れて一人暮らしするために戻ってきたのに家がボロボロってそもそも町を出た時点でその家の契約どうなってたのよと。
契約続いてないのに単に戻ろうとしててってことなら意味が分からないし、契約しててってことなら放置してる親もよく分からない。

しかも一人暮らしするにあたって仮住まいを探したいがお金がないってどう生活していくつもりだったんでしょうか。
そんなよくわからない主人公に優しくしてくれる幼馴染たちが天使すぎます。主人公にかなりのネガティブイメージを持ったところから始まりそうです。

キャラ紹介ページなんかも結構凝ってるなと思うのですが4か所も家があると流石に見にくいなとも思ってしまったり。
プラマイウォーズみたいに二分するくらいならば私の頭でも理解が出来る親切さです。

パッと見た感じそんなにヒットするキャラもいなかったので様子見としたいところです。


Candy soft 新ブランド公式サイトオープン


はちみつそふとというブランドが発足していました。
新作タイトルは『HarmonEy』⇒はちみつそふと公式
原画:綾瀬はづき
ライター、キャスト、発売日は未定のようです。

夫婦間のいちゃいちゃとエロに注力した作品とのことです。こういうのに弱いんですよ。新妻ラブリケ然り。
1キャラだしミドプラだしと気になるところもあるのですが、応援バナーはあったのでバナキャンあったら貼っていきましょうか。
また増えた平仮名新ブランド。某動物さんのところとどちらが先に出るのでしょうか。私はこちらに賭けたい。


その他更新情報


ORC SOFT
 『色情教団』のサンプルCGが追加されました。
SMEE
 『Making*Lovers』のサンプルCGが追加されました。
自宅すたじお
 『リアルエロゲシチュエーション! H×3』のサンプルCGとOPが追加されました。OPは前作の方が好きです。
SAMOYED SMILE
 『夜巡る、ボクらの迷子教室』体験版が公開されました。余裕があればやります。
SAGA PLANETS
  『金色ラブリッチェ』体験版が公開されました。12月がかつかつなので買わないと思いますが、キャンペーン参加はしたいです。
アトリエかぐやHonky-Tonk Pumpkin
 『お姉さん×SHUFFLE! ~ともだちのお姉ちゃんのエッチな体。~』特典が公開されました。げっちゅは黒髪のお姉さんのようです。
いくつか巡回してみましくたが、他の通販サイトはまだ特典画像は出していないようでした。私が気になるキャラは赤髪と茶髪です!


マスターアップ、延期情報


・『あざやかな彩りの中で、君らしく
・『ゆらめく心に満ちた世界で、君の夢と欲望は叶うか
・『まほ×ろば -Witches spiritual home-

以上が気になったマスターアップ情報です。延期情報はありません。

エロゲフライデーから来月の選定までの期間が短いので次の記事も書かないと。
それではまた次の記事にて。