2016年発売 私的エロゲランキングBEST10 - そこはかとなくエロゲを綴る
2016/12/23
ホーム > PCゲーム > 2016年発売 私的エロゲランキングBEST10

Post

        

2016年発売 私的エロゲランキングBEST10

category - PCゲーム
2016/ 12/ 23
                 
12月の新作エロゲはまだまだ崩せていませんが、あくまで私的ベストランキングということでもう記載をしておきます。

後日プレイの結果訂正が入った場合にはまた掲載します。

ランク外:スキとスキとでサンカク恋愛、まいてつ、JD温泉などなど
いくつか悩んだものもありました。まいてつは話題性とメーカーの頑張りにはエールを送りたいですが、姉以外どうでもry
⇒と書いたあとにまいてつはやらかしてくれたようですね・・・

各画像からはAmazonへリンクします。


☆10位☆
アマツツミ/PurpleSoftware

アマツツミ
アマツツミ

全ヒロインをちぎっては投げちぎっては投げを繰り返した結果救われる少女の物語。最近は『クロノクロック』をプレイしたのみだったのでまた毛色の違う作品だと感じました。
言霊を使うということでテーマとしては私が大好きな作品ではありましたが、方向性は少し違っていました。もっと伝奇要素を強めてくれると嬉しかったのですが、早々に都会に出ちゃってるから仕方ないと言えば仕方ないのですが・・・。
ヒロインでは愛ちゃんが大正義過ぎて他のキャラに追随を許さなかったです。陥没、色白、黒スト、ムチムチで従順。性に対してあけすけな感じがあったりシーンもあり大満足なヒロインでした。



☆9位☆
千の刃濤、桃花染の皇姫/オーガスト

千の刃濤、桃花染の皇姫
千の刃濤、桃花染の皇姫

体験版の時点では大本命だった今年の1本でした。実際にプレイしてみると個別は短くいつもの8月作品、と言った感想に落ち着く作品だったと思います。何度もユースティアとの比較が出ていますし比べたくなる体験版だったのはわかりますが、やはりアレが異色だったんでしょう。シナリオについては特に触れることがないです。
とりあえずエルザが可愛いしやわらかそうナンバーワン!そして紫乃も遊べそうということで待っていたらきちんとサブでもルートが短いなりに合ったので嬉しかったです。
携帯端末でもプレイできるように色々メーカー側でやっていたみたいですし、作品においてはユーザのことをかなり考えてくれているので良い会社だなと改めて思いました。


☆8位☆
Re:LieF~親愛なるあなたへ~/RASK

Re:LieF ~親愛なるあなたへ~ 通常版
Re:LieF~親愛なるあなたへ~

感想記事はこちらからどうぞ。Re:LieF~親愛なるあなたへ~ 感想

体験版の時点で色々と憶測できる作品で、実際蓋を開けてみると大筋は予想通りの作品でした。というかこの画像もある意味プレイした人からしたらネタバレですね。
AR/VR、人工知能とVR医療などなど投資をしている人からすればタイムリーなテーマも扱いつつワーカホリックや労働問題などにも触れるこれまたタイムリーとなってしまっています。
体験版時点では全く予想も出来なかった人のつながりであったり『トライメント計画』の背景だったりも明らかになってくるので2周すると色々な場所の伏線に気が付けるので楽しめる作品ですね。
通常版も出て価格も落ち着いてきたか、と調べてみたらまだまだ結構高いんですね。高値で買ってしまった方には残念な結果かもしれませんがここまでの値段を維持できる作品ではなかったような・・・と思います。
「試してみるんだ、もう一度。」はしばらくは聞けるフレーズです。未だにTLでもちらほら見かけますw

☆7位☆
罪ノ光ランデヴー/minori

罪ノ光ランデヴー
罪ノ光ランデヴー
風香ルートだけでもお腹いっぱいです。他二人の謎シリアスは不要だったのかなと。紆余曲折ありライターのルートについても知ることになりますがそれは別のお話。
絵も綺麗だしさすがのminori。トリノラインもエロにも期待しています。
エロはヨリノがすごくよかったんで超えてください。

☆6位☆
ノラと皇女と野良猫ハート/HARUKAZE

ノラと皇女と野良猫ハート
ノラと皇女と野良猫ハート

感想記事はこちらからどうぞ。ノラと皇女と野良猫ハート 感想

TVアニメ化記念盤が出るそうで。ノラとと2も制作すすんでいますし絶好調ですね。
年明け早々から皆のこころをバブみとともに掴んだシャチさんもアマツツミの愛同様に陥没娘。この二人をぜひ並べてみたいってのはさておき、地の文も読み上げたり括弧書きで感情部分が出されていたり(誤植なのかはわかりません)と結構特殊な作品です。キャッチーなOPとテンポの良いストーリー、濃い塗りと協力なCVから出されるインパクトはすごかったです。未知ルートのシリアスいらん!って声も良く聞くのですが、私はアレはアレで楽しめたクチでした。
キャラの個性も強いですし、結構癖のある作品ですがおすすめです。

☆5位☆
サクラノモリ†ドリーマーズ/MOONSTONE

サクラノモリ†ドリーマーズ
サクラノモリ†ドリーマーズ

感想記事はこちらからどうぞ。サクラノモリ†ドリーマーズ 感想

呉久しぶりにやってくれたよっていう作品です。ネタバレになりそうなのでこれはあまり感想を書けないのですが、その辺りは感想リンクから見てもらえればなと。ヒロインの遺志と自分の意思、変わるものと変わらないものをしっかりと描いてくれていました。
個別に入るまではあっさりで、入ってからのイチャイチャもそこまで長くはないと物足りなさは残りますが、個別での美冬は急にデレまくってて可愛かったです。

☆4位☆
LOVEトレ エッチな恋愛トレーニング/アトリエかぐや ホンキートンクパンプキン

LOVEトレ
LOVEトレ

今年のかぐやはこのラインが非常に輝いてたと思っています。LOVEトレとJD温泉。どちらもいい作品だったと思いますが、キャラが気に入ったのが多かったこちらがこの高さでランクインです。
体験版のつばめさんのバランスボールシーンで全てを持っていかれて買ったら内容はともかくどのキャラもシチュも動くしいい!余裕のあるお姉さんたちは最高!って感じで最後までしっかり楽しめました。
相変わらずのハーレムの面倒くささだったけれども割とあっさりとしていたのでそこは残念でした。
怒涛の快進撃で牽引したのでこのラインには期待して追っていきます。しかしこの後出るばくあね2も彼女いながら他の人と・・・となかなかいいシチュで楽しめそうなのでそれはそれで追っていきますw

尼だともう製品版プレミアじゃんって声を貰ったのでげっちゅのDL版もあるのでこちらを。でもパケ欲しいですよねコレ。



長いのでベスト3以上は折り込みましたので続きからお読みください。

            

☆3位☆

キミトユメミシ/Laplacian

キミトユメミシ
キミトユメミシ

感想記事はこちらからどうぞ。キミトユメミシ 感想

本当に処女作なの?っていうくらいに無名から一気に話題を作ったこの作品。システム面ではかなり難ありではありましたが、パッチもあとからですが出したりと善処してくれました。

時雨Dictionaryは歴史に残せる曲だったのではないでしょうか。古き良き電波っぽさを持ってくれていたのに感動しました。
内容は王道をゆくエロゲ。笑いあり泣きありでそれぞれのキャラを活かした個別ルートを展開してくれています。
フォローしてる方でものすごい上手な感想を書かれている方がいますので私は特に語る事もなくなってしまった状況ですw
フェチにはメーカーとして全力を上げていく&今後もおしっ娘を推していくようで。バカゲーを作っていく方向は変わらないようです。

ちょうどニュートンと林檎の樹が予約開始されましたので続報を待ちつつ応援していきます。

☆2位☆
大迷宮&大迷惑 -GREAT EDGES IN THE ABYSS-/Liar-soft

大迷宮&大迷惑 -GREAT EDGES IN THE ABYSS-
大迷宮&大迷惑 -GREAT EDGES IN THE ABYSS-

感想記事はこちらからどうぞ。大迷宮&大迷惑 感想

私の中に突如として旋風を巻き起こしたこの作品。
下品で外道なキャラクターたちが巻き起こし巻き込まれ、吐き戻しや排泄物に塗れるこの作品ですが、終始ワクワクがとまりません。OPとEDもいいですし、作中BGMも抜群にかっこいい。ここまでワクワクさせられたエロゲはそうそうないです。
もともとゲーム世代で育ってきた私にとってはダンジョンの世界の異様さを希のテキストでかき混ぜつつも表現してくれているこの作品はおそらくこの先何度もプレイし直すことになると思います。
結衣菜ボイスのハクメイ丸が非常に可愛いのですが、ニコライトも負けず劣らず。ちゃんと3Pも盛り込んできているのでシーンについても悪くなかったです。
主人公のフルボイスとサントラを早く私に下さいお願いします。


☆1位☆
あけいろ怪奇譚/シルキーズプラスWASABI

あけいろ怪奇譚
あけいろ怪奇譚

感想記事はこちらからどうぞ。あけいろ怪奇譚 感想

なないろリンカネーションからのこちらのあけいろ怪奇譚、繋がっている作品でありそれぞれのクオリティも非常に高いゲームです。
作中で何度も流れる緋色の空は聞いているうちにどんどんのめり込んでしまう曲で、今でも耳に残っています。
妖怪側のルートは全てレベルが高く、葉子ルートのかっこよさ、るりるかルートの切なさはすごく良かったです。
惜しむらくはやはり伝奇要素の薄さでしょうか。もっと気味悪い物を期待していたのでそこは残念でもありました。
かずきふみのシナリオにはひきつけられるものがありますし今年の末の作品や来年の作品にも関わっているので期待はしたいです。外部的要因に恵まれていないような気がするのは気のせいでしょうか・・・

肉感溢れるすめらぎ琥珀絵も評価に大きく寄与しています。
シナリオ、音楽など総合的な面を考えてみても上期1位のまま通期で1位ゴールインでした。



どうでしょうか。私を知っている方なら予想通りだったのかもしれません。
再度言いますとまだ12月の作品の着手は出来ていませんので、変動があった場合には差し替えがあるかもしれません。
そしてランクインした作品の中には結衣菜だらけかもしれません。私もびっくりです。

まだこの作品やってないって方がいれば年末の連休で社会人の人でも是非プレイしてみて欲しいです。



☆番外編☆
ペルソナ5/ATLUS

ペルソナ5
ペルソナ5

ペルソナは大変な物を奪っていきました。私の時間です。
この作品をやるために一気にPS4とこちらのセットを購入しました。
ATLUSはいつも風刺含め色々チャレンジしてくれるから嬉しいですね。とはいえ社会的にも結構な胸糞ストーリーでした。

戦闘自体はバトンタッチシステムと好感度上げがかなり楽になっているので序盤のSP不足をジュースとシールで補えれば結構いけました。ただ、全体攻撃で弱点付いたときに再行動はやりすぎかつこちらも結構キツイです。ハイブースタ持ちに弱点全体打たれたらそれでかばうも出せず死んでいきます。

この記事で色々語ることはしませんが、ちょくちょく呟いてます。もうすぐ2週目ですw
100時間以上楽しめるのはさすがのペルソナシリーズですね。


それではまた次の記事にて。
年末をお楽しみください。
関連記事

            
                                  

コメント

非公開コメント