2015/06/27

Post

        

根雪の幻影 白花荘の人々 感想

category - レビュー
2015/ 06/ 27
                 
意気揚々と始めた期待の新作ということであっという間に終わってしまいました。


・根雪の幻影 白花荘の人々/シルキーズプラス

○基本情報
シナリオ:あしずり岬
原画:市川小紗、無職盗迷
プレイ時間:10時間程度(CGが埋まらず1時間くらいかかってます)
ルートロック有り


○システムや動作環境
一度重くなったりはしましたが基本的には軽快でした。
設定画面は少々使いづらかったです。ウィンドウは可変できても別段嬉しくはないのでそちらでサイズ設定をしてもらった方が楽だったなとは思いました。
後既読スキップが非常に遅いです。チャートだけどなぞる必要が少しあったのでどうしてもそこでロスはありました。


○作画やグラフィック
背景は普通です。綺麗ですが特筆すべきものではなかったです。
キャラの作画はかなり良かったと思います。目を閉じる各キャラは非常に可愛いうえにシーンでは色気もかなり出ており満足できました。
シーンはぬるぬるでも動くのかと淡い期待はしていましたが動きませんでした。そこは裏切られた感はありますが、シーンは差分と数、CG枚数も多くボリューム中々あり実用度はそれなりにあるものになっていると思います。


○BGMや主題歌
主題歌はなんとも言えません...
BGMは単体では結構いいものが多いのですが、差し方がお世辞にも上手いとは言えずシリアスシーンにギャグBGMをぶち込んできたりという落差が大きすぎて気持ちがあまり乗らなかったです。


○感想と総評
抜きゲとしてはそこそこ当たったような気がします。シーンの幅も広く色々な要素が含まれており楽しめました。海原エレナさんが当然のようにバツグンにエロいのと御苑生メイさんの大人しいシーンから勢いのあるシーンまで幅があり楽しめました。
くす葉のスカトロ多めや調教の多いマニアックな部分は個人的にはどうでもよく、他の3人が際立ってスタイルもよく光る作品だったと思います。
華穂は下着が非常に綺麗で藤木母娘は裸が綺麗と役割にも差があったので良かったです。ただ各シーンは濃くはないのでご注意ください。艶やかな感じです。
と、エロゲ的要素では褒めるところは結構多いのですが、シーンのテキストは質がいいとは言えなかったです。叙述は悪くなかったのですが、台詞が母音だらけで声優さん大変だったろうなあ・・・と。

肝心の本編ですが冒頭は車という神樹の館大好きな私からしてみたら定番かつご馳走のような始まり方でした。
しかし内容は薄くかなり早い段階でオチが見えてきてしまっているのは頂けないところです。そして解決篇に到るまでの館の狂喜の描き方も薄く消化不良でした。
もっと尺をとって主人公が死ぬENDがあるとかを期待していたのでそこは非常に残念でした。せめてあと5時間分くらいボリュームあったら嬉しかったのですが。
まあ良くも悪くも綺麗に纏まっていたのでそこそこ満足です。
エピローグが一番笑ったのである意味で是非見て頂きたい。



ななリンの後に出した作品としては方向性が違えどインパクトは弱いかなと思ってしまいました。ただまだまだ走っていけるレベルの作品だと思ったので今後にも期待していきたいと思います。

以上で感想を終わりたいと思います。



根雪の幻影 白花莊の人々根雪の幻影 白花莊の人々
Windows

シルキーズプラス(A5和牛)

Amazonで詳しく見る



関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント