Post

        

プラマイウォーズ 感想

category - レビュー
2015/ 05/ 04
                 
GWに合わせてプレイを開始した作品が早速終わったので感想を書いていきます。
例によってノートでプレイしたためトップのキャプはありません。

・プラマイウォーズ/Asa project

○基本情報
シナリオ:天都、十全、言川紺
原画:夕凪セシナ、結城リカ、冬壱もんめ
プレイ時間:14時間程度
ルートロックなし、パッチ有

パッチに気が付いたのはプレイ後だったので何を直したのかは不明です。

○システムや動作環境
コンフィグは使いやすく動作も全体的に軽かったので文句はありません。
こちらに関しては特に言う事もないです。

○作画やグラフィック
絵師さんの癖が立ち絵だと結構目立っていましたが、違和感はそこまでなく少し気になる程度でした。CGでは特にそのようなこともなかったです。
いつも通りのアサプロ作品の水準だったと思います。

○BGMや主題歌
BGMはなかなかいいものが多かったような気がします。OP、EDは可もなく不可もなくといったところです。

○総評と感想
ここのメーカーの感想を書いて特筆すべきところといえばここになってしまうかなと。
まずはいつも通りのアサプロでした。OPはたっぷり動く良いムービーで画面全体を効果的に使っており見入ってしまいました。
恋0のようにシリアスを入れなかった分変に失速することはなく終始普通の純愛もので時折混ざってくるバカゲーという印象を見受けました。どのルートも普通に恋愛し普通に終わっています。
個別手前になってくるとひたすら主人公がモテはじめヒロインたちの抑えていた性格が出てくるのが人間らしくてよかったです。そういった態度の変化に笑みがこぼれる作品でした。
特にメイが咥えゴムをしたり酔った巴が迫ってくるのはなかなかいいシーンでした。


ギャグは弱かったような気がしますがキャラの魅せ方は白抜きなどでバリエーションが増えていたように思います。やはりイカれたキャラがいないのは寂しかったです。アチ恋好きとしてはジャンキーがいないと面白味が薄いです…
会話の質はシュールさが増しており品行方正か品性下劣かはさておき良かったと思います。
アチ恋の話題を出したついでですが、美奈子がブランド化していたのは地味に嬉しかったです。

いつものアサプロよりはバカゲーさ・シリアスさが抜けてまとまりのあるいい純愛ゲーに仕上がっていると感じました。
全体を通しての良さよりかなりスポットをしぼった部分での面白さの爆発が何箇所かあり、それを楽しむ作品だったと思います。そこはいつも通りのアサプロの良さではないかなと。あまり印象に残らなかったと言わないのは嘘になりますがここのブランドは大体そういう感じなので気にならなかったです。


注目度が高い割にに爆死が多い4月作品の中ではかなり健闘したと思っています。

以上で感想を終わりたいと思います。



プラマイウォーズ 初回限定版【予約特典:追加エピソードパッチ『正しいお金の使い方』付き】プラマイウォーズ 初回限定版
【予約特典:追加エピソードパッチ『正しいお金の使い方』付き】

Windows

ASa Project

Amazonで詳しく見る
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント