夏の色のノスタルジア 感想 - そこはかとなくエロゲを綴る
2015/02/09
ホーム > レビュー > 夏の色のノスタルジア 感想

Post

        

夏の色のノスタルジア 感想

category - レビュー
2015/ 02/ 09
                 
今更ながら今年発売の作品1本目をクリアしたのでレビューを書いていこうと思います。

・夏の色のノスタルジア/MOON STONE(あらすじはこちら

イメージ025

○製品情報
シナリオ:呉
原画:やまかぜ嵐、桜坂つちゆ
プレイ時間:15時間程度
ルートロック有り、パッチ有り

○システムや動作環境
ゲーム内のconfigは少し見にくいのですがシンプルな作りでした。BGV有りなので最初にまずミュートできたのでよかったです。
欠点としてバックログが表示されないので読み返しにくかったのとバックログジャンプや前の選択肢が無かったのがプレイしていて困りました。一人を優先して選んでいけば問題ないのですが選択肢前後以外共通が多くスキップを多用するため一度押し間違いをしてしまった時に追い直すのに少し時間がかかってしまったので・・・今まで特に気にとめてこなかったのですが共通選択肢が多い作品だと嬉しい機能だなと思いました。
【追記】バックログは全体表示にもできるということでした。プレイ中に気が付けばよかったです。
動作自体は非常に軽快でした。それと同時にtwitter連動も行っているようですがそちらは全く使いませんでした。必要ならブラウザ上から適宜自分でツイートしてしまうので関係なかったです。村正FDの時は連動で何かあったような気もしますがこちらは特にそういった物はないと思います。

○作画やグラフィック
回想CGも含め非常に綺麗です。塗りも濃く鮮やか、背景の作りもしっかりしていて色彩豊かで美しい作品でした。特に食事のCGは驚くくらい美しかったです。
立ち絵の服のセンスもそこそこ良かったとは思うのですが、服がかなり肌に貼りついたような質感なのが気になりました。例えば美羽のシャツ立ち絵ですが不自然なまでに肌に密着し透けているのが終始気になってしまいました。塗りが濃い分それがまたいいと仰る意見も目にしましたが私は違和感でした。

それと綺麗で塗りが濃い分文音ルートの某CGのようなものはあまりよろしくなかったです。そういったものをこの作品に求めて買っていないですし凝固して見える赤がより生々しくエロゲをプレイしてきて以来指折りになる程度には恐怖しました。苦手な方はかなり注意した方がいいと思います。演出も相まって結構きました。

○BGMや主題歌
BGMは結構いいです。アップテンポの物よりはしっとりとしたBGMの方が印象的でした。
ホラー臭漂うシーンに入った時に流れてくるBGMはもう少しレパートリーがあってもいいなとは思いました。どうにも文音ルートには合っているのですが他には合わない感じがしました。
それとグランドEDの曲も久しぶりに聴いた声で嬉しく、感動させられた後に持ってくる曲としてはいいチョイスだったと思います。

○総評と感想
『人は、物語の中に生きてもいい』『人は誰も、自分だけの物語を抱えて生きている―。』
この二つの文章が作品を非常に的確に捉えていると思いました。
ヒロインも主人公もある種パラノイアのように過去や現在にしこりを持っており、そこから招かれた結果がこの作品でした。とはいえ物語である以上は終わりがつきものです。『エデン』という言葉を口にしながら見据えられていた結末だったと思います。この作品で挙げられている彼らにとっての物語はエデン―あるいはラビリンス―から出る=過去や囚われた物との決別にあると思います。それらを順を追ってしっかりと解決していく良い作品ではないでしょうか。
ただまとめ方が強引であったりヒロインと主人公との馴れ初めがかなり適当だったりもするので細かいそういった物は多少目につきました。

昔のMOON STONE作品のような重さが帰ってきたとまで言われていたため、そこまでを期待してしまうと肩透かしをくらいます。実際私も体験版やそういった噂を耳にした結果かなり期待していましたが、それを裏切る形にはなってしまいました。ですがだからといって悪かったというわけではなくむしろ良い作品だったとは思っています。
勝手に発売前は「神樹の館」みたいなCC系を考えていたのですがそれとはかなり異なっていたのも要因の一つです。『迷宮』『門』という言葉だけに惹かれてはいけませんと。

目につくのはやはり絵の綺麗さです。それに加えてHシーンの尺も長く、台詞等が充実しておりそういった意味でも満足できる作品だったと思います。

どうにもいただけなかった1点があるのですが、文音ルートの机の某CG並びに同キャラの立ち絵。これはだめです。絵や内容はいいのに途端にチープなホラーのように感じてしまいました。そこは残念で仕方がないです。何をグロい、怖いと思うかは人それぞれ違うと思いますがその部分だけでいうならば洋画的な演出の怖さだったため、構えていなかったのできつかったです。プレイの際には念頭に置いていただければと思います。

今年発売した作品では最初のプレイとなった本作ですが、満足できる1本だったと思います。

以上で感想を終わりたいと思います。







夏の色のノスタルジア 【2大予約特典:原画集、PSD画像データDISC付】夏の色のノスタルジア 【2大予約特典:原画集、PSD画像データDISC付】
Windows

MOONSTONE
売り上げランキング : 450

Amazonで詳しく見る

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント