紙の上の魔法使い 感想 - そこはかとなくエロゲを綴る
2014/12/26
ホーム > レビュー > 紙の上の魔法使い 感想

Post

        

紙の上の魔法使い 感想

category - レビュー
2014/ 12/ 26
                 
・紙の上の魔法使い/ウグイスカグラ
イメージ024

○基本情報
シナリオ:ルクル
原画:桐葉
プレイ時間:20時間程度
ルートロックなし、パッチ有(必須)

○システムや動作環境
動作は非常に軽かったです。軽いといえばバックログ表示が異常なまで軽くに開きやすかったです。ホイールが少し上に触れようものなら開いてしまったので少し読んでいて不便でした。私のマウスが原因かもしれませんが。
コンフィグはかなりシンプルでありもう少し細かく設定できても良かったなと思います。
ボイス中断時のフェードアウトとぶつ切りは好みが分かれるところですが私は音声が残るのが嫌なのでしっかり切ってくれた方が嬉しかったです。
パッチ必須と書いたのは充てないと回想が開けないためです。

○キャラクター
個性をあまり出せていないように感じました。妃、かなたはまだキャラが立っていた方ですが他のキャラに関しては誰も印象が薄いです。絵は綺麗な分少々勿体なかったと思います。

○作画やグラフィック
絵は非常に綺麗です。背景も頑張っている様子が伺え良かったと思います。
CGに少しムラがあるのは作成時期の問題だそうで、若干気になりました。

○BGMや主題歌
BGMはかなり良いものがいくつかありました。
ただ諸般の事情とはいえボーカルなし、EDなしは寂しいものです。
BADが大半な為雰囲気として考えるならばいいですが、TRUEくらいには欲しかったです。

○総評と感想
最初に来るのが体験版の展開で購入を決めた人に対してはこれじゃない感だとおもいます。私もそうでしたが体験版で投じた主題を最後まで持って行くものだと思っていたらそうではなかったので肩すかしをくらってしまったので期待値以上の作品ではなかったです。
そしてテキストの粗さや絵の変化などデバッグ不足が目に留まりました。この月に何としても出したかったのはよくわかりますがそこはせめて至急パッチを急ぐ等した方がいいと思います。演出強化等も含め未だ為されていない改善が多いです。
シナリオの出来はなかなか良かったと思います。結びが粗いのはさておき、中盤~後半にかけての複線の回収や魅せ方は美しかったです。
ただ話の作りも含めて人を選ぶ作品だというのは間違いないと思います。
公式ページにあるように、恋というものはこうあるべきだというのが伝わってきます。基本的には終始悲恋です。為されたものが報われないというのが多いでしょう。真実とはこうあるべきだと言いたいのもわかります。その結果からあるTRUEエンドすらも人によっては許容しがたいものだと思います。そんな方には予約特典もしっかりと読んで欲しいです。

叩くところが多い作品ではありますが、シナリオ特化。これ以外に言う事はないでしょう。その点では結構な評価が出来る作品だったと思います。
年末にやるには少し消化が悪くしこりの残る作品だと思いますが、機会を見つけてやっていただきたい作品の一つだと思います。
今後は少しずつ軌道に乗せていってもらえたらいいなと思えるブランドでした。

私の中ではこの作品の今年の順位付けも済んでいます。皆様はどのように捉えられる作品になるのかが楽しみです。


以上で感想を終わりたいと思います。恐らく本年最後のレビューになると思います。


紙の上の魔法使い【予約特典:追加パッチ特典シナリオ(蛍色の光景)付き】紙の上の魔法使い【予約特典:追加パッチ特典シナリオ(蛍色の光景)付き】
Windows

ウグイスカグラ

Amazonで詳しく見る
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント