Post

        

今年クリアしたゲーム

category - PCゲーム
2013/ 12/ 30
                 
今年ももうすぐ終わりということで、今年にクリアしたゲームなどを書いていこうかと思います。
ほとんどはやり直した作品なので真新しさはあまりないと思います。

○初プレイの作品
虚ノ少女、ひとつ飛ばし恋愛、レミニセンス、天色*アイルノーツ、グリムガーデンの少女-witch in gleamgarden-
ギャングスタ・リパブリカ、辻堂さんのバージンロード、オトメスイッチ ~彼が持ってる彼女のリモコン~、赤さんと吸血鬼

以上が今年発売の作品で以下は旧作
穢翼のユースティア、Aster、終わる世界とバースデイ、Forest

○既プレイの作品
殻ノ少女、神樹の館、CROSS†CHANNEL、世界で一番NGな恋、装甲悪鬼村正、続・殺戮のジャンゴ-地獄の賞金首-
カタハネ、明日の君と逢うために、ユメミルクスリ、果てしなく青い、この空の下で...。アトリの空と真鍮の月
クラ☆クラCLASSY☆CRANBERRY'S、きっと、澄みわたる朝色よりも、、遥かに仰ぎ、麗しの、シークレットゲーム
マブラヴオルタネイティブ、SWAN SONG、その横顔を見つめてしまう~A profile~完全版


これくらいだと思います。既プレイ作品はたぶん何か抜けてると思います。
暫くエロゲは辞めていたのですが、虚ノ少女発売と聞いてどんな作品でもスルーしていたのが嘘のように飛びついてしまいた。
それをきっかけとしてまた火が点いてしまい持ってる作品で気になったものを漁ったり放置したり積んだままだったゲームも少し崩しました。
やはり楽しいものだなぁと改めて思えたのでよかったです。

特に印象的だった作品をいくつか挙げてみます。
・虚ノ少女
ずっと待っていた作品でありやはりやって良かったと思えた作品。
前作からのパラノイアもとけて新たに出た伏線を次回作でどう活かしてまとめるか楽しみでなりません。

・終わる世界とバースデイ
いつものコットンソフトだなと思いつつやったら最後の最後でやられました。反則です。深いタイトルでした。

・Aster
なぜ放置していたのか謎であった作品。
とにかく報われないのが非常に良かったです。最終的に一つの話になっていく様子が面白く、とても感動しました。

・きっと、澄みわたる朝色よりも、
発売当時からとても好きな作品でしたが改めてやってまた別の事を思ったり、全く以前と違う場所で感動したりできました。

・神樹の館
これもやる度に発見が色々とあり一番好きな作品です。この世界にずっと浸っていたいといつも思います。

・Forest
雰囲気と言えば昔から有名だったこの作品をメガストア再録によりようやくやる機会が出来ました。
短いですがとても面白かったです。


そして今はそして明日の世界よりをやり直してます。来年の4月の放課後の不適格者が楽しみで仕方ないです。


長くなりましたがブログは今年最後の更新です。
来年もよろしくお願いします。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント