2014/07/26

Post

        

フラテルニテ 感想

category - レビュー
2014/ 07/ 26
                 
・フラテルニテ/CLOCK UP

○基本情報
シナリオ:阿久津亮、和泉万夜、神堂劾
 原画 :はましま薫夫
プレイ時間:10時間程度
ルートロックなし、ED後順次開放。パッチ有

○システムや動作環境
まずスタートをする際にグロ緩和の有無を選べます。私はどちらもoffでやりました。
ヒロイン、主人公のボイスもミュート等選べるだけではなくBGFもキャラクターごとに選べるのは良かったです。設定は痒い所に手が行き届いており快適にプレイできました。
どうしてかメッセージウィンドウの透過度だけはうまく設定が出来ませんでしたが。
動作自体も軽くスキップやクイック機能をしっかりと使え不自由はなかったです。

○作画やグラフィック
背景をぼかしたものを使っているのはチュンなどが好きな私としては違和感もなく良いと思えました。絵はラインとしては前作からほぼ変わらずだったと思います。

○総評と感想
久しぶりに抜きゲをプレイしましたが、前作以上に尖ったシーンが多かったように感じます。このようなある種暴力的なシーンが好きだという人にとっては十分に実用性があるものではないでしょうか。
ソフトなものからかなりハードなものまで揃えていたので好みのものも見つかるのではないかと思います。
作品を通して感じたことはとにかく救いがない、報われないなということでした。
OPとパッケージから結末を物語っていますがまさにその一言でした。
主人公が姉のために奮起しますが何も起こせなかったですし主人公の手で解決できたことは一つもありませんでした。どのような選択肢を進んでも開けた道はありませんでした。
多くの作品は報われないと言いつつもどこかしらで救いはありましたがここまでないとなると「さよならを教えて」同様に鬱ゲーとしては話題性はあると思います。

やはりどうしても同メーカーの「euphoria」と比べたくなります。こちらは最後までやればまた感想も変わってくるのがフラテルニテの場合は一貫して同じ気持ちのまま終わりました。方向性が違うため比較にはなりませんがシナリオとしては前作、重さで言えば間違いなくこちらに軍配が上がるでしょう。
男性器切断や食糞をはじめかなりコアなシーンが多く人を選ぶ作品ではありましたが、狂気的であり面白く終えることが出来ました。
セミラミスなどで少し重い話も見ましたがここまでの作品は久しぶりだったのでそういった面では非常に良かったと思います。

OPやパッケージにある赤黒いマーカーはしっかりと意識をしておいてください。OP詐欺気味なのは相変わらずのCLOCK UPだとは思いますが吊ったシーンや鋏を使ったシーン、屋上のフェンスが絡んだシーンがなかったのはやはり残念だったのとどうにも値段に対しボリューム不足は否めなかったです。


しかしながらこれも概ね満足のいく作品でした。たまにはこういった作品を挟むのも新鮮でいいなと思いました。
現在はeuphoriaHDリマスター版とのセットキャンペーンもやっているので同時にやってみてもいいと思います。

以上で感想を終わりたいと思います。

euphoria(HDリマスター)[アダルト]euphoria(HDリマスター)
Windows

CLOCKUP

Amazonで詳しく見る
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント