景の海のアペイリア 感想 - そこはかとなくエロゲを綴る
2017/07/30
ホーム > レビュー > 景の海のアペイリア 感想

Post

        

景の海のアペイリア 感想

category - レビュー
2017/ 07/ 30
                 
可愛いAIを作って自分の好みを学習させて萌えたい!
下ネタが世界を救う。
そういうネタの中に描かれていたのは壮大なSF世界でした。

・景の海のアペイリア/シルキーズプラスDOLCE(あらすじはこちら

景(ひかり)の海のアペイリア

原画:いつい
シナリオ:範乃秋晴
プレイ時間:15時間程度
ルートロックなし パッチ有

○システムや動作環境
インストールの時点から凝ったUIでボイスも付いており世界観のために頑張っているなというのが見てとれました。
コンフィグ画面も凝っていますしプレイ中のメッセージウインドウ右のUIも開閉があったり独自のショートカットアイコンが設定されており近未来感を出そうと工夫しているところはよいと思うのですが、すごく見づらいし使いにくい・・・。
メッセージ最速大安定なので探したがなかったのでメッセージ表示のチェックボックスを外すことでノーウェイトにできたので助かりましたが、スクロールしないと全員分のボイス調整できなかったりと犠牲になった部分がかなり大きい気がします。ちゃんと読んでねと言われてしまえばそこまでなのですが。
設定とかはシンプルでよいのでもっと他の部分を頑張ってほしいなと思ってしまいます。
しかしそういう凝ったUIや演出があったとしてもゲーム自体は全く重くなく最後まで快適にプレイすることができました。
強制終了するバグがあったようですが、パッチを充てなくとも私は一度も遭遇せずクリアが出来ました。人によってだとは思いますが致命的なので充てた方が良いと思います。

○作画やグラフィック
立ち絵とCGどちらも安定して綺麗でした。
背景も綺麗ですし、しっかりと設定が練られて描かれているものが多く良かったです。
サブを含めてどのキャラも可愛いと思えたのも良かった点です。

○主題歌やBGM
OPを始め印象的な物が多かったです。特にOPムービーは良く動きましたし作品の興味をすごく惹く良いムービーだったと思います。
ゲーム起動時の音楽は作中でも頻繁に使われています。どのシーンから切り替わって流れても嫌な感じはなく一瞬で雰囲気を作り上げてくれる耳が幸せになれるBGMだったのではないでしょうか。
C92でメモリアルサウンドトラックが発売されるようです。欲しい。

○総評
体験版1の終わるタイミングではAIとVRMMOの世界を描いていく内容。体験版2が終わるタイミングではそれにタイムリープの設定が加わります。AIや仮想現実のように近未来のテクノロジーを描くことに加えタイムリープやタイムパラドクスといったSF展開も交えてSFが好きな人にはたまらない内容になっているのではないでしょうか(詳しいわけではないのでどう評価されるのかはわかりません)
作中でもゲーム中での設定とライターの解釈がきちんと図解されている点は良かったです。
20170730 (4)

ただ解説が長いわりに回答と行動は各人の頭の中でのみ整理されて出されている部分が多く私の足りない頭ではなかなか難しかったです。オルタくらいわかりやすくないと一度に理解できません・・・。
タイムパラドクスや多世界解釈には自分なりの考えを持っていたのですが、本作を通しまた知見が深まったような気がします。

このような色々な設定に対する回答は序盤にも散りばめられていますが答え合わせは後半一気に来るので後半の情報量はすさまじかったです。
途中で入ってくる謎の人物シンカーとの腹の探り合いも情報が伏せられながら行われており理解がなかなか至りませんでした。
解説チックな部分が多くテンポが悪いと感じる方もいるかもしれませんが、そこは他のパートでの軽快さで帳消しということで。

範乃さんの書かれた前作『あの晴れわたる空より高く』もそうですが、日常的に下ネタがバシバシ出てきます。本作は前作以上にその色が強く見られ、主人公のデザイアのせいで緊張感のあるシーンもなぜか緊張感がない。良くも悪くもライターの色が強く出ている作品です。
範乃さんの上手なところで会話のテンポはとてもよいですしテキスト自体は読みやすいので解説部分以外はサラサラと読み進めることができます。日常会話でキャラの魅力をしっかりと引き出してくれているのも良いところでした。
20170730 (1)
20170730 (3)



CV橘まおということもあり三羽の日常会話はとても耳に良かったです。義妹ですがツンデレ妹で兄に対し精神的攻撃だけを行うもそれも照れ隠しと思えるほどに可愛いもので主人公に下ネタで煽られるとすぐに画像のように打ち負かされてしまう。このパターンのやり取りが非常に多いのですがバリュエーションも豊富で橘まおの演技も必死さが伝わってくる様子なのが◎
『神様のゲーム』の萌も直情的な部分があり直前に似たボイスを聴いたという事も合わさってフフっとなる部分もありました。
関係ありませんが、ボイスで言えば三羽がデザイアの詠唱をする部分の各塩基の呼び出し方がすごく可愛かったです。

20170730 (5)


こんなことで泣き出しちゃうアペイリアも凄く可愛いですし、お姉ちゃん面して甘やかしてくれる久遠も主人公のために一心に尽くそうとしてくれる一途なましろも皆可愛い。キャラの魅力がすごく伝わってくる良いテキストだったと思います。

構成としてはなるべくしてなった1本道。絶対全員が助かる未来なんてないし辛い選択肢を迫られると思っていたのですが、そういった選択肢はなくほぼないに等しいと思います。メールを選択するところがありますがそこをシュタゲのようにしてくれればループしたりで面白いのかもしれませんが構成上そうもいかない作りだったので少し勿体ないなと感じました。
また、各キャラの過去についても驚くほどあっさりと終わってしまい拍子抜け感が否めず。そこはもっと掘り下げて欲しかったです。

タイトルについても少し考えてみて光⇔影(景)と考えられなくもないなとは思ったのですがそうするとThe sea of the "landscape" of Apeiriaの部分がいま一つしっくりこなかったのでどなたかの考えが出てきたら見てみたいです。


内容が難しすぎて私では理解できない部分があったので多分もう一度プレイすることになると思いますが、そこそこ良いシナリオゲーだったと思います。シーンは特に惹かれなかったのでそこはあまり期待しない方がいいのかも。
メールの設定があったからシュタゲかな?終わバかな?このループならオルタかな?とか色々と持っている知識を動員してみましたがこの作品はこの作品でしっかりとした世界観があってとても面白かったです。知識を広げるきっかけになりそうなエロゲだったと思います。


最後に
イメージ1559

これは次回作はチームA5和牛からの新作が出るということを示しているということでいいんですよね!?期待してます。


それではまた次の記事にて。

景(ひかり)の海のアペイリア
Windows XP, Windows Vista, Windows 7, Windows 8, Windows 8.1, Windows 10
シルキーズプラス(DOLCE)

関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント