2017/07/08

Post

        

2017年発売 私的上半期エロゲランキングBEST5

category - PCゲーム
2017/ 07/ 08
                 
□選定基準
・2017年1月から2017年6月末までに発売された商業作品
・プレイ中の作品、フルコンプしていない作品は除外
・作品の絵や音楽などに分けず総合的に自分が満足できた作品

※6月作品はまだ未プレイのため暫定順位となります。プレイ後に順位の変化がある場合には更新していきます。
※まだ積んでいる作品も何本かあります。これもプレイ後に順位の変化がある場合には更新していきます。
私らしからぬランキングが出来上がっています。

ちなみに2016年のランキングはこちらです⇒2016年発売 私的エロゲランキングBEST10

☆ランク外☆
リアルエロゲシチュエーション!
はるるみなもに!
トリノライン
新妻LOVELY CATION
などなど。

トリノラインはキャラは可愛いし声優は良いしエロいしで揃っていますがシナリオが好きになれませんでした。
参考:トリノライン 感想

新妻ラブリケは回収しない予定だったのですが、成績が良かったのでオマケで購入していました。
愛子さんがアブノーマルなプレイがあって橘まおボイスなのでそれで満足できましたのでたまに起動していますが今年は他にもっと強い作品があったのであっさりと終わった結婚までの流れのせいか印象にはあまり残りませんでした。

さて、ここからがBEST5の紹介です。


☆5位☆
神様のゲーム -監禁された6人の男女-/Xuseあらすじはこちら

神様のゲーム -監禁された6人の男女-

(他にまだどこにも何も書いていないので5位のクセに語りが長いです、ご了承ください)
記事作成時点では一番直近に読了したエロゲです。
原作は『小説家になろう』の神様のゲームシリーズの作品です。
小説はこれから読むことになるのでまだ展開の差だったりどこまで進んでいるのかはわかりません。今も連載が続いている模様です。
『神』と呼ばれる謎の存在から閉鎖空間に集められるところから物語は始まります。
死なないためには性行を重ねねばならない、スタート時点で犠牲ないクリアは絶望的という状況で誰かの殺意、生きたいという意志、救いたいという思惑が様々に入り乱れる様子は見ていて飽きず、結末も全く読めない展開にワクワクさせられました。
それぞれの感情が大きく物語が揺れ動くので直情的な余り胸糞悪い部分や神様の皮肉めいた行動にも胸糞悪くさせられる。でもそういう話は大好きなのでとても楽しめました。
ざっくりした雰囲気で買ってしまったので全く声優などを見ていなかったのでプレイして驚き。水野七海や橘まおが出てたんですね。橘まお演じる萌はまた好き好きの友希のような弱くもあり軽い感じの女の子。これまた素晴らしい。水野氏演じる琴子もめちゃくちゃ聡くさらにエロい、本質的にはいい子だしこの子が最後まで本当に素晴らしかったと思う。演技も含め良かったです。
善人だらけのデスゲーム、百合子さんも美月も皆良い人。それだけに結構見ていてつらかったりもしました。
主人公が生きるための取捨を常に迫られ、時には酷く責められ一番彼が可哀想だと思える作品です。オルタも村正とかもそうですけどそういう作品は私にはとても響きます。

それでも5位であるのは減点が多かった点です。
折角のデスゲームなのに血はペンキで塗ったような赤のみ。もっと生々しくてもいいのにと。
あとは突如として増えてくるキャラクター達。必要なのはわかるのですがあまりにあとから追加されるメンバーのイニシアチブが強すぎたような気もします。
極めつけはザッピングならぬ雑ピング。いきなり語り手が変わったかと思えば地の文が急に解説チックになり後半へ導入して来たりとここは小説が原作のせいもあると思うのですが直して欲しかった。見ていて違和感がすごかったです。
さらに締め方が不完全燃焼なのもあります。終わりが後日談となっているのですが、そこで更なる展開を提示してエクストラもなし。次回作を買うしかないじゃないか・・・ザウスなら一体いつ出るのかが全くわからないのがつらいところです。

絵で忌避された人も多そうですが、これは埋もれている名作と個人的には言いたい作品でした。
※後で出てくるヒロインも中々魅力的で琴子以上の巨乳テクニシャンや幼い見た目の子も出るのでご安心を。


☆4位☆
ばくあね2~弟、いっぱいしぼっちゃうぞ!~/アトリエかぐや BARE&BUNNYあらすじはこちら

ばくあね2~弟、いっぱいしぼっちゃうぞ!~

参考:ばくあね2 は~とふるママン 感想
この作品でようやくchocochipが帰ってきたと心から喜ぶことができました。
前作よりもパワーアップした姉3人のパワーと彼女ともう一人のヒロイン5名を十分に堪能することができる作品です。
性格やシナリオ、シチュ被りも少なくどのヒロインもどちらに好感度を振っていてもしっかりと楽しめるようになっています。

イメージ005_1
授乳手コキプレイもありますし、オ○ホプレイもあったりとなかなかに濃いプレイも。
自分の予想を大きくぶち破ってきたヒロインの真白はキャストこそ出ていませんが小倉結衣ボイスで甘えさせ甘えられを繰り返す姉しよを想起させたまさに理想のお姉ちゃん像の一人でしょう。
年上スキーには是非ともプレイしてみて欲しい作品です。どの姉もいいところがしっかりと出ており、良い作品でした。

話変わりますが、小倉結衣演技増えたし上手になりましたよね。最近のマイトレンドの一人にすっかりなっています。


☆3位☆
このままだと弟がテクノブレイクで死んじゃうから子作り!/アトリエかぐや Honky-Tonk Pumpkinあらすじはこちら
参考:このままだと弟がテクノブレイクで死んじゃうから子作り! 感想

このままだと弟がテクノブレイクで死んじゃうから子作り!
4位に引き続き、アトリエかぐやの作品です。私の本命はやはりyoppy絵率いるこちらのホンキートンクパンプキンのラインです。
最近のLOVEトレ!やJD温泉に続きさらに進化したモーション(上記記事で載せているおっぱいつんつんなど)には感動しました。その他騎乗位でのグラインドも追加されていますし、主人公の絶頂時に合わせて唯那さんの肛門がヒクつくシーンがあったりとかなりエロに力を入れている作品だと思いました。

予想以上に妊娠後のシーンが多い事や乳頭の色の変化があったりと好みはわかれそうです。私はあまり好きなクチではないのですが、それを補ってあり余る異常に強いお姉ちゃんたちの存在。
どの姉もアメリカ帰りでオープンなスタイル。岬は見た目からして勿論のこと、おしとやかそうに見える唯那や大人しそうな印象のある希実華も主人公に対してはとても好戦的。後者二人がかなり強かったです。

イメージ1005_1
唯奈は花澤さくらボイスで誘い受けっぽくさらに性欲も結構強く主人公を貪欲に求めてきます。シーンのエロさはずば抜けて唯那が勝っていると思いますので花澤さくらスキーは大勝利になるのかなと。

イメージ1046_1
私は見た目も含め希実華が一番好きで、エロゲ特有の妊娠した後になぜか精液以外のものを受け付けなくなる好都合設定で主人公が枯れ果てるまで主人公を貪欲に求めてきます。
妊娠前も含めて一番イチャラブがしっかりと描かれており唯一過去に基づくキスシーンアップが有ったり、子供との絵が描かれていたりと厚遇されていると勝手に思っているヒロインです。

この二人のためだけでも買ってよかったと強く思える良い作品でした。
また次の作品も期待しています。


☆2位☆
は~とふるママン/ALICESOFTあらすじはこちら

は~とふるママン 初回限定版

参考:ばくあね2 は~とふるママン 感想
ありがとうおにぎりくん。この手のエロゲは苦手な私でもやり遂げることができました。
獣ゲージとマザコンゲージの管理、好感度によるランダム妨害と強制妨害、選択肢でもランダム発生やランダム好感度上昇などがあることで何度もトライ&エラーをすることになりました。
苦労の末に回収できたCGやシーンはどれも素晴らしい物ばかりで妻である前に母である前に、一人の女性である汐梨さんの姿が幾度となく見れます。
同情から身体を許してしまう事もありますし、夫のため、息子のためと思い身体を許すこともあります。意志ははっきりとしていますが、結局快楽へ流れて行く姿を見られるのもすごく良かったです。主人公と愛を育む姿もあり、そちらはもっとイチャイチャしたりもありますがいけないと思いながらも快楽へ流されていく汐梨さんなのでこちらもまた良い。

イメージ026
そりゃあ汐梨さんみたいにスタイルも良くて優しくて女性らしさも母性も母乳も溢れる人がいたら誰も放っておかないでしょう。

学生時代の男性も出てきますが、そこはもっともっと濃く描いてほしかったなというのが数少ない不満です。
実用性も抜群、シナリオも楽しむことができました。ごちそうさまでした。
エクシールでもよろしくお願いします。

☆1位☆
クロノボックス-Chrono Box-/NO BRANDあらすじはこちら

ChronoBox-クロノボックス- 通常版

参考:クロノボックス 感想と考察

こちらに書くとやたら長くなってしまいそうなのでざっくりと。
詳しくは上記記事をご参照ください。
ブランドスタッフ総出でハードルを上げてきていたこの作品ですが、きちんと期待に応えてくれました。
今もさまざまな考察がされており、非常に奥の深い作品で欲求を満たすことができました。
閉鎖空間&狂気に塗れた作品で雰囲気も凄く良かったです。
やはり色々と書きたいことは山のようにあるのですが、設定であったりキャラの背景であったり踏み込まなければならない部分が多く、そういった情報なしに楽しんでもらいたいのでそこまで書けることが無く・・・。
あ、夜々萌先輩の体操服姿がないのはバグですよね?

ライブやサントラ展開もあるとのことで、VFBや設定資料集も出てくれないかなと待ち望んでいます。そうでもしないと答えが出ないところが多すぎて・・・。
ロットアップしていて入手難易度も上がっていましたがトールケースではあるものの通常版も出ましたので新しい考えが出てくることを楽しみにしています。

私はこの作品の残虐的なシーンに関してはイノグレ同様グロとは全く思わなかったのですが、やはり他の人に聞いてみたところダメだったシーンもあったようで若干注意が必要かもしれません。

こういうトゥルーこそ望んでいたものだったので非常に満足することができました。下期次第でどうなるかわかりませんが、上期では文句なしにこの作品に1位を付けたいと思います。


以上です。

どうしてこの作品が入ってこないのと思う方も多いランキングでしょう。多分未プレイだからです。
そして今年は前半からアトリエかぐややママンのような抜きゲがかなり強いように感じました。
はるるみなもに!やトリノラインのように巨乳ゲーが沢山出てくれたのもすごく良かったです。
シナリオでがっつり勝負をしてくる作品はあまりない気がしますので、下半期に期待しています。既にランクインできそうな作品がごろごろありますので楽しみな半年となりそうです。

それではまた次の記事にて。
関連記事
                         
                                  

コメント

非公開コメント