2017/05/28

Post

        

クロノボックス 感想と考察

category - レビュー
2017/ 05/ 28
                 
面白すぎて一気に終わらせました。
ネタバレしても問題ない部分で書いた感想は表に出しておきます。
ネタバレ含む考察部分は線を引いて追記部分の中にしまっておきますので、今はまだ未プレイの方でページが全表示された場合は途中までにして、残りはプレイ後にでもご覧ください。

・Chrono Box-クロノボックス-/NO BRAND(あらすじはこちらから
ChronoBox -クロノボックス-
ChronoBox -クロノボックス-

――大海に浮かぶ小さな孤島“天使島”
そこに住まう若者達の中に、期招来那由太はいた
彼の通う“EDEN”に流れる、当たり前の日常
友人達と、当然のように遊び、当然のように笑う日常
そんな日々は、たった一つの黒い箱と、たった一人の黒い少女によって終止符を打たれる
きっと、大丈夫
忘れたままの方がいい
思い出してはいけない過去
EDENに集う天使のような仲間と、今日も日常を過ごす
少女が導く悪夢は、まだ終わらない――

失った記憶を取り戻してはいけないADVというジャンル分けがすごい印象的になった作品でした。

原画:長浜めぐみ
シナリオ:桜庭丸男
プレイ時間:14時間程度
ルートロック有、パッチなし
アペンドで体験版が出来ると聞きました。

○システムや動作環境
エロゲノートだと若干起動に時間がかかりました。
起動をしてしまえば動作は全く問題なかったです。キャラにモーションがついてくるところもありましたが、そこも重くなく快適にプレイできました。
UIはシンプルで可もなく不可もなく。F12がクイックロードなのですが、PrintScreen画面の横のせいでキャプチャ取りながらやってたら間違って推してしまったのでクイック系はメッセージボックス確認有無はあると助かるなと思いました。
結局ほとんどはオフにしてしまうんですが、こういう配置なら重要なんだなと改めて実感。
体験版ではなかったマップ選択を矢印キーで移動できるようになったのは良かったです。


○作画やグラフィック
乱れるようなこともなく安定した作画でした。立ち絵もCGも安定していて良かったです。
作風も相まって抜き要素はほぼなかったと思います。夜々萌さんのシーンとか御伽のシーンは良かったです。特に後者は個人的に一番良かったなと。
あと私服が各キャラ可愛い。服のセンスも嫌いじゃないです。
グラはもっとグロが多いのを期待していたのでその部分では物足りなさがありました。
グロが多い方がというよりはもっとえぐいのが多いと思っていました。
綺麗さで言えばイノグレには勝てず、グロさもそこまでないので推し要素ではないんだと思いますが少し肩透かし感がありました。
背景はこれも作風のせいで一部違和感が発生しますが、それ以外は全く問題なかったです。

○主題歌やBGM
主題歌の歌詞。ムービーもそうですけどめちゃくちゃ重要です。最初は飛ばしてもいいくらいかなと思います(全部聞いてしまったのでスキップ可能かはわかりません)。クリア後必ず再度見て聴いてみて欲しいです。
BGMはオルゴール部分を多く聞くことになります。哀愁漂うメロディが進めていくと余計に悲壮感と狂気を持ってくるのでかなり印象が強いです。
屍が登場するシーンでのBGMもかなり好みでゾっとする感じがたまらなかったです。

○感想
本編は一本道。マップ選択でループを強制させられることがありますが、正しい選択肢を選べればきちんと進めますので迷うことはありません。これは複数回答を持たないことが正解のゲームだったと思います。
ライター・広報ともにめちゃくちゃにハードル上げるし大丈夫なのかなこれ。つまらないようだったらかなり叩かれそう・・・。と思っていましたが、誘惑に勝てずプレイ。
結局のところは杞憂に終わったようで申し訳ありませんでした。全てを終えて感じたことは、こういう作品を待っていた。結論も私が大好きな終わり方で本当に楽しめた。ということでした。
常々twitterでは言っているのですが、もっと絶望できるエロゲをやらせてくださいと切望していたところこの作品がその欲求を満たしてくれました。全てクリアしたときの主人公の行動は私が求めていたものそのものであって文句なしです。ネタバレになるのでほとんど本編には触れられませんので内容は割愛します。
体験版をやってみて混乱した方も多いと思います。時系列がぐしゃぐしゃだったから。本編ではそういった事はなく、きちんと回収すべき伏線は回収してくれているはずです。人数が変わる理由なども納得がいきました。
それでもどうしても疑問は残ってきてしまいますが、そこは追って頑張って補完・解釈していこうと思います。

書きたいことはひたすらあるのですが、全て本編に深くかかわってきそうなので考察部分に書くことにします。
ここで最も言いたいのは色々考えながらエロゲやるのが好きっていう人にはこの作品はぜひやって欲しいということです。
私もそういう作品を最近出来ていないからやりたいと思い真っ先にやりましたが、大分満たされました。
公式や広報を見て興味が出た方は血が平気ならばやってみて損はないと思います。

むしろ少しでも興味を持ちましたら、是非やってみて欲しい作品です。
ループもの、狂気、閉鎖空間など想像力を掻き立てる要素がたっぷりあります。
私も自分で想像していたことが何となく当たっていて嬉しかったり、体験版をやった結果かえってミスリードさせられた部分があったりと色々と楽しむことができました。
前半~中終盤まではプレイヤーに色々と想像をさせ、ラストで一気にその散りばめられた伏線を回収していく様を体験し、自分の思考の糸が繋がっていくという感覚を久々に味わえたためすごい快感を覚えました。
今年の作品の中では今の所一番シナリオで楽しめたゲームでした。もっとこういう作品がやりたい!


げっちゅなどの一部通販では受付停止もしていました。⇒現在は初回版が特典なしで売っています。
買取価格もなかな買落ちてこないのでパッケージデザインもいいからか手放さないユーザも多いのかと思います。
複数買いしたという方もあまり見かけていません。

DMMではダウンロード版も専売で行っているそうなのでこちらもご一考ください。

クロノボックス DL版
クロノボックス DL版

それではまた次の記事にて。


以下は折り畳み部分です。こちらから考察を書いていこうと思います。


            

考察は量が膨らみすぎたので別記事を作成しました。
興味のある方はこちらをご覧ください。ChronoBox -クロノボックス- 考察

関連記事

            
                                  

コメント

非公開コメント