2018年01月 - そこはかとなくエロゲを綴る  
FC2ブログ
2018/01/27
2018/01/06
ホーム > 2018年01月の記事一覧( 2 件 )

2018年01月

        

2月の新作エロゲまとめ

category - PCゲーム
2018/ 01/ 27
                 
1月は週末はエロゲやってたり平日は平日で雪とかお仕事とかで備忘録を全然書けませんでした。
しかも今後も時間が取れなくなりそうなので空いた時間はプレイ等に充てるためしばらくは備忘録については休みにするかもしれないです。
新作記事や感想記事、ランキング記事は今まで通り続けていこうと思います。

それでは早速ですが、色々と癖のありそうな2月の新作チェックです。

WHITE ALBUM2 EXTENDED EDITION/Leaf
あらすじはこちら

WHITE ALBUM2 EXTENDED EDITION
この作品の内容で2月14日発売というのが憎らしいですね。
高騰していた『WHITE ALBUM2 ミニアフターストーリー』は入手が困難とされていましたがこの発表を受けて中古価格が一気に下がりました。高くてなかなかプレイできなかった方にはドラマCDなども付く本作はかなり嬉しいセットになっていると思います。

ランス10/ALICESOFT
あらすじはこちら

ランス10
『父親が遊んだかもしれないエロゲー』というキャッチコピーでリメイクを出したランスが完結するということで期待している人が多い本作品。
2月の本命として期待している方はかなり多いと思います。いつものことですがこのテのは私はプレイしないのですが、発売以降しばらく皆さんがプレイし続けたり休みを取ってまでプレイをしている姿が目に浮かびます。

処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星/キャラメルBOX
あらすじはこちら

処女はお姉さまに恋してる 3つのきら星

1と2から大分時間が経ちましたがランス10同様このタイトルで昔を懐かしく思う方も多いと思います。
体験版はやっていませんが今月のタイトルの中だと購入有力候補です。
げっちゅ屋ではもう予約打ち切りなっていたので他で探そうと思います。

ひとつ屋根の、ツバサの下で/Harmorise
あらすじはこちら

ひとつ屋根の、ツバサの下で
どれだけ延期したのかは覚えていないくらい延期をしていた気がします。
体験版も出ましたしようやく発売が見えてきました。



先程体験版をプレイしました。
フェアリー・ファイトと呼ばれる戦闘機を利用した競技がある世界を舞台にした青春ADVです。飛行機が出てくるのでスピード感や臨場感があるのかと思いきやBGMや描写も弱く設定を活かしきれてなさそうな気がします。整備したり勝ったり負けたり、試合を通じて笑いあり泣きありのようなものを望みたいのですがそうはいかなさそうです。
上で書いたような部分が共通にあって以降は個別という感じと予想します。なので共通はそれなりに面白くなりそうなのですが、共通はライターがかなり多くいるためルートごとに全然違うものになる恐怖もあります。
今のところヒロインは4人なのですが、ライターは5人。グランドがあるとしても別ライターというのはなんとも言えないです。
もし体験版に颯爽と登場してきた一番柔らかそうな巨乳の持ち主だった祭子さんが個別であるという事なら大歓迎です。
絵は光沢感と肉質の柔らかさがすごく伝わってくる好きな塗りなので、絵買いもありだと思っています。
祭子さんもムチムチでエッチだし、菜穂子も一彩もむちむちなので楽しみ(フラグ

少女グラフィティ/pure more
あらすじはこちら

少女グラフィティ
少女アクティビティ』『少女マイノリティ』は興味が湧いたものの手を出していないのですが、今作には佐倉もも花も出ていることとあらすじから荒んだ様子が伝わってきたので前作までと比べるとかなり気になっています。
これも体験版が出ていますのであとでやってみようと思います。
この際なので体験版が良かったら3作まとめて入っている『少女アンソロジー』を買ってしまえばまとめて出来ますし良い機会なのかなと思いました。

体験版やってみました。
奈々が色々と仕組んでいるのではと思うと今に満足している自分と振り向いてもらえない嫉妬に燃える自分と二面性を感じ取れなかなかに面白い。今の所インパクトのある展開はなかったもののシーンのしっとりしている空気は結構好きです。
主人公が結構な駄人間なのでそこに乗っかるようにもっともっと退廃的なシナリオであってくれれば嬉しいなと。
なかなか楽しめそうなので少女アンソロジーってみようかと思います。

妹を汚した記憶/はむはむそふと
あらすじはこちら

妹を汚した記憶
これもまだ体験版がry
直近の3作はスルーしていましたが妹の妖艶な目つきに少し惹かれました。
汚した(よごした)ではなく汚した(けがした)なので重いストーリーがいいのですがあらすじを見ても事故ってだけでそんなことはなさそうなのが残念です。メーカー的にも無理な希望だとは思ってます。
ミドプラですし、このあとプレイしてみて決めようかと思っています。

その他には
働くオトナの恋愛事情2/あかべぇそふとすりぃ

働くオトナの恋愛事情2 初回版【予約特典:ドラマCD「乱れるオンナのナイトプール事情」付き】

姦染 COMPLETE+/ SPEED

姦染 COMPLETE+ ~RECORD OF FIRST CLIPPING CHRONICLES~


姦染は5本まとめて入っていますし、お得感があるので持っておきたいです。
働くオトナはOPで気になりました。
でも恋愛事情より働くオトナの情事の方が見てみたいです。

ロスト・エコーズ』はさておき、『厨二姫の帝国』はプレイした結果が見るに堪えないものだったので応援すらする気がなくなりました。体験版の範囲のクオリティ高い体験版出さなかっただけまだ親切だったと思う事にします。

WA2とひとツバは決めているので残りを検討していこうと思います。


それではまた次の記事にて。
                         
                                  
        

1月の新作エロゲまとめ

category - PCゲーム
2018/ 01/ 06
                 
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
今年は昨年以上に時間が取れないことになりそうですが、趣味の時間は糧なのできちんとタイムマネジメントをしていきたいです。

さて、12月は評判の良かった作品が続々と発売しました。まだ未回収の作品もありますが私もいつもより多く買ってしまいました。
年末年始の連休を使ってひとしきりプレイをして満足したので今月の購入作品のチェックです。

屋上の百合霊さん フルコーラス/ライアーソフト
(あらすじはこちら)

屋上の百合霊さん フルコーラス
げっちゅのライター欄を見て愕然。
「睦月たたら、桜井光、希、海原望、禾刀郷」
スタッフロール見たのがだいぶ昔なのでスタッフロールにこんなに名前あったのかなと。
前にも書いたようにフルボイス&特典目当てで購入しますが、発表前のやりとりを見ると何かあったのか気になるところではあります。
作品に影響はないとは思うのですがなんとなくスッキリしないです。

それでも待望の作品。買い直さない手はないと思っています。


虚空のバロック/light
あらすじはこちら

虚空のバロック 初回限定版
絵は◎、体験版はまだ読めないので△、眠れぬ羊と孤独な狼で△ということでどう出たらいいのか非常に迷う作品です。
立ち絵もCGもめちゃめちゃ綺麗なのでそこにフォーカスすれば買いで良いとは思うのですが、新都側でのストーリーが読めないので現状では様子見としたいところです。
げっちゅのCDのレーベルはすごくいいですね。照れてる幸さんの破壊力が凄まじいです。


見鏡澄香の制服活動/プレカノ
あらすじはこちら

見鏡澄香の制服活動
主人公より年上の女性が年齢で負い目を感じながらもはっちゃけちゃう感じのあらすじがとても良いですね。
パッケージも靴を履き直してる所など随所に拘りを感じます。
絵も好みですし、ロープラなので余裕があれば買いたいです。

トリノライン:ジェネシス/minori
あらすじはこちら

公式で用意している5人が描かれている画像が多分パッケージ画像だと思うのですが、不明なので割愛。
トリノラインがある月ならばリアエロ取らずにこちらでもいいかなと思っています。
本編では最後まで活躍する場はあるものの、脱衣CGくらいしかなく、ようやくシーンが入ってきた綾花。陥没にフォーカスをあてたシナリオになっていそうです。
しかもminoriからはかなり珍しいFDですし『ソレヨリノ前奏詩』の永遠のルートもあるときたので結構楽しみにしています。
ミドプラでこれはなかなか豪華な内容だと思います。


この中から何本か予約しようと思います。百合霊さんは確定です。

その他で気になっているのは
縁りて此の葉は紅に/Lump of Sugar

縁りて此の葉は紅に【初回限定版】

将軍様はお年頃/ALcot

将軍様はお年頃 通常版【予約特典:バイノーラルドラマ&デジタル原画集(豪華限定版に同梱される原画集のPDF版)ダウンロードカード 付き】

添いカノ/戯画

添いカノ 初回限定生産版


などなど。どの作品も絵は可愛いし気になるキャラクターがいるので一押しあれば買ってしまいそうです。将軍様は体験版をまだやっていないのでやってみてストーリーも良さそうであれば買おうかなと思います。
体験版をプレイした縁りて此の葉は紅にの妹はすごいポテンシャルを秘めていると思うのでぜひルートを見てみたいのですが、もみじがあまり好きになれないタイプのヒロインだったのがネックです。


後は、体験版が起動できなかったNECROの普及版なども出ますしロープラ、ミドプラ帯にやってみたい作品が多い珍しい月になりそうです。

それではまた次の記事にて。