2016年11月 - そこはかとなくエロゲを綴る  
2016/11/27
2016/11/05
ホーム > 2016年11月の記事一覧( 2 件 )

2016年11月

        

12月の新作エロゲまとめ

category - PCゲーム
2016/ 11/ 27
                 
早い物ものでもう12月ですね。例年のことですが12月は激戦です。
ということで長くなりそうなので早速調べたもののピックアップをしていきます。結構な本数を買うことになりそうですね。


・Liber_7 永劫の終わりを待つ君へ/Lass

あらすじリンクを作った時に見に行って気が付きましたがサムネ絵が変わってますね。こちらがパッケ絵なのだと思います。

ともあれ年内の発売おめでとうございます。もう特に語る事もないので割愛しますが、待っていた方は多そうですので激戦に流れた結果どこまで伸ばしてこれるかが見ものです。
今月はしかも後述しますが仄暗き時の果てよりもループものになってきそうですのでジャンルの若干のかぶりに対しユーザの評価がどうなってくるのかも気になっています。


・仄暗き時の果てより/MOONSTONE




ここの血は血糊っぽさがすごい強いんですよね。。。ゾンビ系の典型的な要素はきちんと持ち合わせていそうな雰囲気でしたのでその部分では安心出来そうです。
体験版第二弾まだ来ていないんですけどね。とりあえずは購入候補の中ではかなり強いです。
プロローグクリア後に始めるとループしてるのでここをどう拾ってくるのかですよね。各キャラの能力だったり剣を持つ少女の情報もまだ全然出てきていませんのでその辺りを想像しながら待っています。


・王の耳には届かない!/AX


AXLなので延期もしないで安定して出してくると思います。コミケでグッズも出したいでしょうし。
まだ声優は出ていないようですが、緑か茶髪が青山ゆかりだと踏んでいます。
AXLで騎士系であれば王道なので不安はあまりないです。こちらも候補の一つです。


・星降る夜のファルネーゼ/ミイティ


あまりTLでは発表以降は話題になっていない作品ですが、ライターから見ても化ける要素を秘めていると思っています。
ただ動きはあまりないので年内発売するかどうかが心配です。
ゲーム要素が少しあるのでちょっと敬遠してしまいそうですがそこを超えて楽しみな作品なのでマスター来るならまず買う予定です。
ジャクリーンさんとシスターがとてもかわいい!



・さいらぶ!/たちかわソフトウェア


声優がかわしまりの&メイさんでミドプラってなってくるともうそれだけで買ってもいいのではと思ってしまいます。
そして調べてみるとシナリオなかひろなんですね。安いしアリだと思っています。


・竜騎士Bloody†Saga/あかべぇそふとすりぃ


戦闘のシーンはかなりよかったです。ただ買うかと言われたらそこまで面白くはなかったのでスルーすると思います。
これ確かディスク交換品になってるんでしたっけ?その分力は入れてくると思っていますので感想を待っています。

・シンソウノイズ ~受信探偵の事件簿~/Azurite


スタッフ、テーマどれをとっても私にドンピシャの作品です。ただネット認証と聞いてもうそれだけでも面倒に感じてしまったので迷っています。『あけいろ怪奇譚』の時も後からそれを知って面倒だと思ってしまったクチなのでDMM通すとなると更に面倒に感じてしまいます。
なんだかんだいいつつも買ってしまいそうな気もするのですが、後回しでもいいのかなと思っています。
エロさは抜群の作品になってくれるとは思っていますよ。痴漢のシーンすごく良かったです。


他にはバルドだったりフェアリーテイルシンフォニー、アストラエアFD、初恋サンカイメ、アマカノ+などがあります。
初恋サンカイメは体験版やるまではスタッフ調べてかなり期待してたんですけど、ここからどう転がしてもライターが殺される設定になりそうなので悲しいのでやめておくことにしました。

シンソウノイズついでですが、あけいろ&ななリンのFDが月初に出ます。あけいろはまだ認証あるので中古では出回りませんしななリンもゲーム版はそれなりにしますのでプラスでドラマCD付くのはおすすめできるセットです。
他にもVFBとかも同梱大量のセットもありますので見てみてもいいのではないでしょうか。がっつり売って新作につなげていって欲しいですね。

なないろリンカネーション&あけいろ怪奇譚 マルチパック(ドラマCD同梱)なないろリンカネーション&あけいろ怪奇譚 マルチパック(ドラマCD同梱)
Windows XP

シルキーズプラス(WASABI) 2016-12-02

Amazonで詳しく見る



それではまた次の記事にて。
                         
                                  
        

Re:LieF~親愛なるあなたへ~ 感想

category - レビュー
2016/ 11/ 05
                 
・Re:LieF~親愛なるあなたへ~/RASK(あらすじはこちら

Re:LieF ~親愛なるあなたへ~Re:LieF~親愛なるあなたへ~
Windows Vista

RASK



原画:クロノミツキ、mochaほか
シナリオ:えある、平乃ひら、雫将維、とべあきら
プレイ時間:20時間程度
ルートロックあり パッチなし


○システムや動作環境
映像もところどころにありますし、CGもとても綺麗なので不安でしたが、私のエロゲノートでも十分動いてくれました。
コンフィグについては欲しい機能は一通りはありましたが、UIが使いにくかったです。文字も若干読みにくかったのは難点でした。


○作画やグラフィック
どこに処女作なのにこれだけのパワーがあるのか、というくらいCGも背景も頑張っていました。
CGは美しいですが、綺麗さゆえに違和感であったりムラもあったりしました。ここにCG使うかってところにもCGが入ってたりしましたので枚数もかなり力を入れていたことがわかります。
シーンに関していえば各キャラ1回と追加でクリア後1回、トゥルーのみ2回、クリア後2回という構成になっています。
もちろん絵は非常に綺麗でしたが、シーンとしては結構普通で実用性についてはそこまでだったと思います。


○主題歌やBGM
主題歌は入り方がすごく良かったです。作中各キャラルートに入る前に必ず流れるので複数回聞くことになりますが、飛ばすようなことはありませんでした。それ以上にBGMは印象に残るものがたくさんありました。


○感想と総評
色々考え甲斐のあるゲームでした。
ネタバレはあまり好ましくない作品かもしれませんがネタバレ有での感想です。

作品の背景は今よりももっと人工知能の研究やVR/ARといった技術革新が進んだ世界での出来事になります。
人工知能研究が今のように病名を照らしていくようなもののみではなく、直接治療に関わってきているというまだまだタラレバの世界ではありますが、現代社会の目指している将来のいくつかをピックアップしている面白い作品です。

そのような中でもワーカホリックであったり労働問題ということは尽きないようで、まさにタイムリーな作品となってしまいましたが諸事情により社会復帰や職場復帰が困難とされた社会復帰ができなくなりモラトリアム状態になっている方に対し行われていくのが『トライメント計画』です。本プログラムは上記のような方に対し1年をかけて社会復帰を支援していくプログラムです。そのプログラムの中で主人公たちは恋愛を繰り広げていきます。
体験版をやれば察しは付くと思いますが、人工知能を活かし作られた仮想現実で行われているプログラムなんですよねこれ。確かに表面上はそうなっているが実際には別の目的がありました。何かあるってことまでは想定していましたが体験版時点ではその何かはまずわからないような作りになっています。

話を読み進めていくと各ルートで登場人物同士の狭い相関図が明らかになったり、計画の意図がわかるようになっていたので読んでいて非常に引き込まれる内容でした。
アイの存在、ユウの存在、主人公の存在。これらが中心となっていく話になるためそこまではプレイして欲しいので触れませんが、ムービーやタイトル、細かなところに伏線は散りばめられておりそういった展開が好きな人は2度楽しめる作品に仕上がっていると思います。
少しだけ書くのであればアイとユウそれぞれの持つ痣と片翼のユウの羽。そして司のモノローグ。これらが端的に『トライメント計画』と誰が管理者なのかについては物語っているでしょう。切り離された自分から自分への対話のシーンは非常に良かったと思います。

ただ、壮大な背景の割には内容が薄いのは複数ライターの影響でしょうか。少し勿体ない部分もあったと思います。
結局はアイとユウにしたって恋愛の話に落ち着くので広げきれなかった部分はそこなのではないでしょうか。

『試してみるんだ、もう一度』
作中ではこのパワーワードが頻発します。
その時々によって意味合いが全然異なっていますが、どのキャラも『トライメント計画』の趣旨に則り自分を見つめ前に進んでいく姿はとても気持ちの良い作品でした。ただし、社会人をやっていると現実をまじまじと突きつけられる部分も多々あったため余裕のある時に一気にプレイをしてみて欲しい作品です。


考察については結構時間をかけて書きたいところではありますが、そこまで難しい内容ではなかったので皆さま周回プレイをしていただければいいなと思っています。

買取価格が高騰してることからも入手は一時難しくなっているのではないでしょうか。
あらすじのリンク作るついでに見ましたがげっちゅでは通常版、尼でも少し在庫があるようでしたので気になる方はよくわからない価格になる前に入手しておいた方がいいかもしれません。

それではまた次の記事にて。