2016年04月 - そこはかとなくエロゲを綴る  
2016/04/09
ホーム > 2016年04月の記事一覧( 2 件 )

2016年04月

        

5月の新作エロゲまとめ

category - PCゲーム
2016/ 04/ 30
                 
最近はプレイ日記も上げず月一本の新作感想と次月の新作まとめを上げるだけになってきてしまいました。
何か他に書く内容でもあればいいんですが、そこまでネタになりそうなことが何もないんですよね。
ただ今月は珍しくエロゲを4本と結構崩しました。準新作が多いので希望があれば記事にでもしようと思います。

いつのまに5月になっていたので急いで新作の検討を進めました。
待っていた面影レイルバックは9月に飛んでしまったのである意味検討が楽になりました。
リンクがあって公式見ないでいいから楽と言ってもらえたのであらすじとしてリンクおいておくことにしました。

・サクラノモリ†ドリーマーズ/MOONSTONE(あらすじ)
体験版は第二弾まで出ててどちらもやってみました。半端に異能系を押し出してきたせいかなんとも言い難い評価になっています。ボダッハがどうにも好きになれないです。
主人公の復帰と適応は結構早かったのでもう一度どん底まで叩き落される展開がみてみたいと思っています。結構重めに作ってくれそうなので期待してみてもいいのではないでしょうか。
既に続編の発売も決まっているようですし、力を入れているというのと今回は私が当初予想していたまどか救済はないっぽいですよね。その点は少し残念ですが。
体験版でも既にミスリードを起こさせているような気がするので、実際プレイして誰がやったのかを考えてみたいと思います。
それよりもOPが素晴らしすぎました。非常にデンカレらしくて好きです。これのためだけに買う価値もあると思います。
げっちゅで調べてたらたまたまOSTが発売するようだったので参考までに。サクラノモリ†ドリーマーズ Original Sound Track 

・EXTRAVAGANZA~虫狂編~/Black Cyc(あらすじ)
待っていましたぶさいく新作。続編ですけど嬉しいですね。今後の展開も期待してしまいます。
VAGANZAの歴史上でも続編となるので前作プレイはしっかりとしておいた方がいいと思います。
前作が店頭ではあまり最近見かけなかった気がするのでこの際にコンプリート版でそろえてしまうのもいいのではないでしょうか。
コンプ版はパケもいいですね。あとこれも上記に続きデンカレです。こちらもいいですが前者の方がより好きですね。

・Liber_7永劫の終わりを待つ君へ/lass(あらすじ)
少し情報が少ないですね・・・延期しそうな気がしています。
素数シリーズ完結編ということなのでこれも前作プレイの方がいいと思います。メモリアル版にはサントラとかも付いていてかなり豪華なのでそちらが個数限定ですがオススメです。サントラはプレミア価格付いてるし実質的にはかなり安いと思います。
素数シリーズは段階を経て絵が綺麗になり絵が変わり塗りまで綺麗になりましたのでその面でも心配はしていないです。この絵でどこまで血を見せてくれるのかは楽しみにしています。

・そして初恋が妹になる/Alcotハニカム(あらすじ)
先日体験版が出ましたがまだプレイできていません。プレイの感想は多分twitterで垂れ流します。
設定はそこまで惹かれませんが略称がはつがまいってのが面白く耳に残っています。なずなさん名付ですし。シナリオも瀬尾さんなので大コケはすることはないと思うのでいつものアルハニだと思ってプレイできそうです。

・てにおはっ!2 ~ねぇ、もっとえっちなコトいっぱいしよ?~ /rootnuko+H(あらすじ)
アマクラ絵ってだけでも価値があります。前作は結構人気出ていたみたいですし今作もかなり人気なのではないでしょうか。
特に語る要素はないです。特徴的な絵ですが私も好きです。

・タユタマ2 -you’re the only one-/LumpofSugar(あらすじ)
前作タユタマから何年経ったのでしょうか。いつだったかの企画がようやく実になったと思うと非常に感慨深いですね。
そして久々のふみたけ単体の原画です。そして主題歌はkiccoと前作ファンにとって嬉しい采配となっています。
内容はプレイしていませんが、ざっと見た限り時も結構経ってますから前作は推奨したいものの必須でもなさそうです。
会話のテンポの良さなどは光るようで様子を見たいところですが結構期待しています。

・ナツイロココロログ/Heatrs(あらすじ)
こちらも体験版が出ていますがまだプレイできていません。この後にプレイします。
絵だけでいえばまずこれが購入筆頭でしたが体験版をやった人の感想を聞くと・・・・な感じなようで。
自分で確かめてみないと何もわからないのでとりあえずは様子見です。

・終わる世界とバースデイDXパック(あらすじ)
こちらは新作ではないのですが、是非プレイしてほしい作品なのでオススメと言うことで挙げておきます。せっかくなのでセットの方が美味しいでしょうし。
終わバはかなり好きな作品で普段より頑張った考察記事も書いたくらいなので皆さんにもこのみるみるワールドを楽しんでもらえればなと思います。


長くなりそうなのでこれくらいで。
ハナヒメはシステムゲーは苦手なのでパスで。他にはその後の周辺とはみあげてFDとか恋クマFDとかですかね。
いずれにしても続編やFDがかなり多い月だと思います。
6月も3本くらいやりたいのがあるので今月は2本~で抑えたい所です(

それではまた次の記事にて



EXTRAVAGANZAコンプリートエディションEXTRAVAGANZAコンプリートエディション
Windows Vista

ブラックサイク 2016-05-27

Amazonで詳しく見る
                         
                                  
        

あけいろ怪奇譚 感想

category - レビュー
2016/ 04/ 09
                 
・あけいろ怪奇譚/シルキーズプラスWASABI(あらすじ)
原画:すめらぎ琥珀
シナリオ:かずきふみ
パッチあり、ルートロックあり、アクティベーション機能あり
プレイ時間:20時間程度

このアクチって認証回数とかあるんですかね。中古で出回らないってことは1度きりなんだと思いますが・・・
正直購入するまで全く知らなかったです。twitterではちらほら発売後には話題になっていたみたいですね。

○システムや動作環境
ネット認証だったので普段使っているメインPCでやったためよくわかりません。特にエラーとかはなかったです。
バックログが詳細、簡易で表示選べたのは良かったですね。見落としていた表情とかも見直せたので嬉しかったです。
難点といえばバックグラウンドで既読スキップしているときはスキップが異常に遅かったところでしょうか。チャートで飛ぶと予期せぬルートに入っていたりと結局上からなぞっていくことが多かったので少し不便でした。
configで色々遊べたのも高評価です。

○作画やグラフィック
立ち絵が好みがわかれるかもしれません。葉子や美里、特に後者は激しく垂れ目なので違和感だと感じる方も多いかもしれないです。どのキャラも立ち絵は微妙かもしれないです。
かわってCGはどれも綺麗です。るりるかはCGが少ないけど非常に綺麗でした。佳奈のシーンや葉子のシーンなんかも非常に良かった。佳奈はベッドの上で身体を反らして顔が陰で隠れている差分があってそれは本当に良かった。葉子も非常に煽情的でした。
ななリンやった人には嬉しいCGもあったりしましたね。
かずきふみ先生さすが、全部エロかったです。

○BGMや主題歌
最初はなんとなく気に入らないOPだと思ったのですが、ピアノ版のBGMを聴いたり要所要所で使われていたせいか途中から好きになっていました。EDはいくつか用意されており、前作同様ムーサンベリーが歌っているのもあってよかったです。
BGMはそこまで印象には残っていないです。唯一印象的なのはやはりオルゴールだったりピアノ版の主題歌BGMです。あれは本当に素晴らしいです。

○感想と総評
やる順番はきちんと考えておいた方がいいです。私はるりるか>美里>ベルベット>葉子>佳奈でした。シナリオ上佳奈を最後にした方が絶対いいのですが、個人的に佳奈ルートはそんなに好きではなかったので・・・。ベルベット>葉子>るりるか>美里>佳奈とかの方がいいかもしれないです。るりるかは最初でもいいかもしれません。葉子が近いと思っていたらそうでもなかったので。
人間以外のルートは総じて良かったです。るりるかルートでは何気なくやっていたらそういう幕引きがあってこの物語では全てそういう結末もあり得るのかもしれないと思い憂いましたが、全てが全てではなかったです。ただそういう構え方をしたせいか、葉子とるりるかルートはすごく評価が高いです。
全体としては七不思議、探偵、怪奇譚と言う割にはその部分は拍子抜けするような解決だったり一挙に解決してしまったりと少々残念ではありました。その部分はもっと前面に押し出したりプロセスを伸ばしたりしてほしかったなと。神や吸血鬼や鬼が介入するにせよ少しあっさり過ぎた気がします。
それとグロはそんなに強くないです。もっと強くてもいいくらいでした。夏ノスとかのように突然湧いてこなければ全然平気だと思います。そういう作品だと思ってプレイできるので。

さすがはななリンの続編ともいうべき作品。結構よく出来上がっています。前作のネックだったほぼ一本道のシナリオという感覚はなくなりました。枝葉が大きく分かれすぎてん?となるルートもありましたが、エロゲは大体そんな感じなのかなと思います。
葉子・佳奈ルートに関してだけとるとななリンは是非やっておくべきだと思います。
上で挙げたように怪奇譚を押し出すには弱い作品でしたが、文句なしに楽しめました。
それに葉子、ベルベットという放浪不死身キャラを放っておくことでその場にいないといけない鬼組とは違いどこでも物語を展開できる幅は今後に広がったと言う意味では期待したいです。つまりはまた関連策が出る可能性は十分あると思っています。
というか期待したい。再結成したこのブランドには頑張っていって欲しいので応援しています。

今の所解除の話は聞いてないので未開封品のみで流通なんですかね。絶対数が少ないとは思うので気になった方は早めに購入した方がいいかもしれません。

仕事が忙しくてあまりプレイできずこんな時期までかかってしまいました。
遅くなってしまいましたが以上で感想を終わります。



あけいろ怪奇譚あけいろ怪奇譚
Windows XP

シルキーズプラス(WASABI)

Amazonで詳しく見る

なないろリンカネーションなないろリンカネーション
Windows XP

シルキーズプラス(WASABI)

Amazonで詳しく見る