2015年05月 - そこはかとなくエロゲを綴る  
2015/05/31
ホーム > 2015年05月の記事一覧( 4 件 )

2015年05月

        

すみれ(ねこねこソフト) 感想

category - レビュー
2015/ 05/ 31
                 
ご無沙汰しております。
今月は非常に忙しかったのとちょうど記事を上げる時期に体調をかなり崩していたため更新が出来ませんでした。
そのため今月はプレイした作品の記事を上げず来月と統合することにしました。とはいっても本数自体はやはり多くはありません。
順番が前後してしまうことになりますが、ご了承ください。

さて、今月末に発売した待望のすみれですが、尺は短かったためすぐに終わりました。
良い作品だったのでしっかりと記事は書いていこうと思います。

・すみれ/ねこねこそふと(あらすじはこちら

○製品情報
シナリオ:片岡とも(雛姫ルートは他とのこと)
原画:あんころもち、秋乃武彦、おだわらはこね、司ゆうき、笹井さじ、生名多聞
プレイ時間:11時間程度
パッチあり、ルートロックなし

○システムや動作環境
システム面は不自由しませんでしたが満足できるほど充実はしていませんでした。
バグやミスもそれなりにあったのではないかと思います。(パッチを充てずにプレイしたため改善されているのかは不明です)
旧作鑑賞をした時に動作がうまくいかなかったのは仕様なのかはわかりませんが少し使いにくかったです。
軽かったですしプレイは問題なくできたので良かったです。
システムにくくるべきかはわかりませんが、エロチャ中のビューが選べたのは非常に良かったです。
加えて言えばおまけが一番面倒でした。キャラの出現フラグがあるのか不明ですが管理不可でした。

○作画やグラフィック
べったりとした塗りやモブのCGと背景を見てねこねこっぽさを感じつつもメインヒロインたちはアバター含め細部まで描かれており差を楽しめるようになっていたと思います。
すみれは地味子ポジなのにプリクラで自分角で映っていたり雛姫は見た目の割にしっかりとした体つきだったりとキャラでのギャップも多数楽しめました。やはり一番よかったのはあかりです。ナース服ずるい。

○BGMや主題歌
テーマに沿った良い曲です。BGMは言わずもがなで良かったです。
曲を聞くと涙腺をどうにも刺激してくるのはねこねこらしいなと。

○感想と総評
購入段階では誰からプレイしようかなと考えつつメインであろうすみれは最後にと思っていました。選択肢見てスルーしたと思ったのですがまさかのシーン突入…その時点で一本道であかりがキーマンなんだろうなということまではわかりました。
そこからは誰をやるかは考えずひたすら読み進めるのみであっさりとED。
ボリュームでいえば非常に短かったです。

内容としてはさすがのともさん、良い所がたくさんあったと思います。
雛姫ルートにおいてはともさんが手がけていなかったというのを後から聞きましたが設定の差があったため納得できました。あのルートだけ大原則が保たれていなかったためそれを間に挟んでしまったのが痛手にはなっていたと思います。しかも原則を破ったのにもかかわらずその部分の描写はさほど濃くなく、雛姫ルートを殺したようにも思えました。
その気持ちを持ったまま突入したあかり編は突然のザッピングと設定で疑問符を浮かべたまま進めていましたが、最後になりしっかりと回収をしてくれたので満足しています。
たてつけを考えるとあかりルートに関してはシーンが蛇足のため綺麗な身体を活かすのがおまけのみになってしまっているのは残念です。この辺りはFDを見越したというところでしょうか。

本編ともとれる15周年モードは様々な過去作のキャラ・舞台がSNS上に用意されておりねこねこの古参ファンからすると非常に嬉しい展開だったと思います。作品を越えたキャラの掛け合いもあったので見ものでした。
120円をはじめ私もまだプレイしたことのない作品が多いため、いつかこの作品を温めておき他をやった後にまた戻ってきたいと思いました。

後半の解釈とタイトルの意味をしっかりと考えるくらいで他はすらすらと読める作品だったと思います。ねこねこやともさん好きであればやっておいて良い作品ではないでしょうか。

以上で感想を終わりたいと思います。





すみれ【予約特典:特製サイン色紙(複製)付き】すみれ【予約特典:特製サイン色紙(複製)付き】
Windows

ねこねこソフト

Amazonで詳しく見る
                         
                                  
        

クロノクロック 感想

category - PCゲーム
2015/ 05/ 05
                 
GW中にこちらもクリアできたので最近ほとんど記事書けていないこともあり、こちらも感想を書いてみました。


・クロノクロック/Purplesoftware

○基本情報
シナリオ:御影、溝淵涼
原画:月杜尋、克
プレイ時間:15時間程度
パッチなし、ルートロック有


○システムや動作環境
欲しい機能は大体揃っていました。階層になっていたためバックログジャンプも使いやすかったです。ボタンカスタマイズなどもでき自由度は高く使いやすい環境を作りやすかったです。演出も結構頑張っていたと思いますが重いシーン等はなく最後まで問題なくプレイできました。

○キャラクター
いわゆる胸囲の格差社会でした。真琴と美咲が結構気に入ったキャラだったので楽しかったです。真琴はルート内での性格の落差が非常に面白かったです。シーンも勢いがあり中々良かった。美咲は終始掛け合いが面白くなずなさんの再評価に繋がりました。ところでヴァイオリンを弾いている時の美咲の下着はどこへいってしまったんでしょうか・・・


○作画やグラフィック
絵師さんが複数いてどちらの良さも出ており安定していました。悠樹さんの絵が好きな私としては最近少し寂しいですが克さんの絵も見慣れてくるといいですね。綺麗な塗りが映えていたと思います。
あとどのキャラも私服が可愛い。今のトレンドも取り入れてましたし服のセンスは結構良かったと思いました。
グラフィックは演出も含めて良かったと思います。個人的に電車などがぬるぬる動く印象が強かったメーカーですが、いい方向に修正してくれたと思います。


○BGMや主題歌
OPはみゆきスキーの私からしたら非常に良かったです。イントロはアレでしたがサビに向かっていくと次第に好きな曲調になっていました。
BGMはいくつか良かったと思いましたが印象に残るものは少なかったと思います。


○感想と総評
後付けになってくるHシーンは好き嫌いが分かれると思いました。本作の一つの軸になってくる主人公が力を手に入れて彼女を作って童貞を卒業したいという柱は最後まで通されており、ルート単位ではなく作品単位でまとまっていたと思います。本作の意味を考えたらシーンは後付けで少しだけでも納得はできるものだと思います。最近がそっち方面に力が非常に入っていたようなのでそのギャップは大きいのではないでしょうか。ただ昔はそこまで毛色が強いとは思わなかったのでその頃からあったイチャラブが戻ってきたと考えればいつも通りかなと。
というわけで恋人になるまでの微妙な距離感を感じるイチャイチャをしっかりと描いてくれている作品で、読後感はさっぱりとまとめてくれていると思いました。

「ソレヨリノ前奏詩」同様御影さんは最近この展開にはまっているのかなと思ってしまいました。本作の方が結構チートっぽい所はありましたがキャラにしっかりと解説をさせてくれ私が考えていたことをみうが代弁してくれたのでその部分はスッキリしています。
ただクロルートラストは何が起こっているのか考える気になれませんでした。重要なラストシーンだったのに変に頭を使いたくはなかったので齟齬があったりとかも考察していません。
そのあたりを無視しちゃえばキャラとのいちゃいちゃを見られるいいゲームだと思います。美咲も真琴もかわいいし出番が少ないみうもいい味出していました。クロは個別に入ってからの破壊力は非常に高かったです。どのキャラも最後まで関わってくるので気に入ったキャラがいたらプレイしてみてもいいのではと思える作品でした。
味が出ているキャラは多いのですが大半が主人公を中心としてなので世界観が苦手な人はいるかもしれないです。そこまで気にならないレベルだとは思いますが体験版で少し様子を見てみるのも手ではないでしょうか。


以上で感想を終わりたいと思います。



クロノクロック 初回版(初回特典サントラCD付) 【予約特典:バイノーラル録音♪録り下ろしドラマCD付き】クロノクロック 初回版(初回特典サントラCD付)
【予約特典:バイノーラル録音♪録り下ろしドラマCD付き】

Windows

Purplesoftware

Amazonで詳しく見る

                         
                                  
        

プラマイウォーズ 感想

category - レビュー
2015/ 05/ 04
                 
GWに合わせてプレイを開始した作品が早速終わったので感想を書いていきます。
例によってノートでプレイしたためトップのキャプはありません。

・プラマイウォーズ/Asa project

○基本情報
シナリオ:天都、十全、言川紺
原画:夕凪セシナ、結城リカ、冬壱もんめ
プレイ時間:14時間程度
ルートロックなし、パッチ有

パッチに気が付いたのはプレイ後だったので何を直したのかは不明です。

○システムや動作環境
コンフィグは使いやすく動作も全体的に軽かったので文句はありません。
こちらに関しては特に言う事もないです。

○作画やグラフィック
絵師さんの癖が立ち絵だと結構目立っていましたが、違和感はそこまでなく少し気になる程度でした。CGでは特にそのようなこともなかったです。
いつも通りのアサプロ作品の水準だったと思います。

○BGMや主題歌
BGMはなかなかいいものが多かったような気がします。OP、EDは可もなく不可もなくといったところです。

○総評と感想
ここのメーカーの感想を書いて特筆すべきところといえばここになってしまうかなと。
まずはいつも通りのアサプロでした。OPはたっぷり動く良いムービーで画面全体を効果的に使っており見入ってしまいました。
恋0のようにシリアスを入れなかった分変に失速することはなく終始普通の純愛もので時折混ざってくるバカゲーという印象を見受けました。どのルートも普通に恋愛し普通に終わっています。
個別手前になってくるとひたすら主人公がモテはじめヒロインたちの抑えていた性格が出てくるのが人間らしくてよかったです。そういった態度の変化に笑みがこぼれる作品でした。
特にメイが咥えゴムをしたり酔った巴が迫ってくるのはなかなかいいシーンでした。


ギャグは弱かったような気がしますがキャラの魅せ方は白抜きなどでバリエーションが増えていたように思います。やはりイカれたキャラがいないのは寂しかったです。アチ恋好きとしてはジャンキーがいないと面白味が薄いです…
会話の質はシュールさが増しており品行方正か品性下劣かはさておき良かったと思います。
アチ恋の話題を出したついでですが、美奈子がブランド化していたのは地味に嬉しかったです。

いつものアサプロよりはバカゲーさ・シリアスさが抜けてまとまりのあるいい純愛ゲーに仕上がっていると感じました。
全体を通しての良さよりかなりスポットをしぼった部分での面白さの爆発が何箇所かあり、それを楽しむ作品だったと思います。そこはいつも通りのアサプロの良さではないかなと。あまり印象に残らなかったと言わないのは嘘になりますがここのブランドは大体そういう感じなので気にならなかったです。


注目度が高い割にに爆死が多い4月作品の中ではかなり健闘したと思っています。

以上で感想を終わりたいと思います。



プラマイウォーズ 初回限定版【予約特典:追加エピソードパッチ『正しいお金の使い方』付き】プラマイウォーズ 初回限定版
【予約特典:追加エピソードパッチ『正しいお金の使い方』付き】

Windows

ASa Project

Amazonで詳しく見る
                         
                                  
        

5月の新作エロゲまとめ

category - PCゲーム
2015/ 05/ 02
                 
GWに入りようやく一段落し、先月発売の新作にも手をかけ始めました。
消化自体はすぐにできる量だと思うので休みのうちに進めてしまおうと思っています。

月も変わったので新作チェックを済ませて月末に備えておこうと思います。
すみれがマスターアップしたということだけでも私としてはポイントが非常に高いです。

◎すみれ/ねこねこソフト
延期を越えようやくマスターアップしてくれました。マスター後の体験版公開という事もあって落としたもののまだプレイしていません。聞く限りではかなりネタも用意してくれているようですが、プレイはしなくても予約は確定しているのでいいなとは思っています。

○love,vampire flowers/COSMIC CUTE
早狩さんが園芸部のシナリオを書くなんてその時点で本気なのかネタなのかは悩みます。
体験版はプレイしてみました。config等も凝っていて良いとは思いますがその反面かなり見にくいバックログ等が気になりました。テキストの質は早狩ということで高いです。だからといってゲームで面白いかというのは別問題かなと思いました。ほとんどのルートでの着地点が全く見えないのは不安要素です。もし初体験失敗のシーンがあるぞという声が上がってきたら買いたいです。

○あやかしコントラクト/AXL
いつも通りのアクセルでしょう。ただしあじ秋刀魚さんの参戦です。とはいっても青山ゆかりとあじ秋刀魚を混ぜるなとあれほどry
最近の瀬ノ本絵はSDはどんどんよくなっているのにメインの絵が崩れているのが気になります。昔ほどルビーではなくなったと思います。それは好きだったのでいいですが崩れてきたのは若干気になっています。
立ち絵だけ崩れているというのは最近ではよくあるような気もするので中CGでは良くなってくれているのを祈っています。

△少女アクティビティ/pure more
ここのブランドは前作から絵が綺麗で気になっていたのですが、今作では更に磨きがかかったような気がします。シナリオや他に惹かれる部分があまりないので様子を見ようと思います。

◎は確定、○が要検討、△は期待できるけど買わないだろう作品です。


チェックをしてみたところ即買いに走れそうなのはすみれくらいでした。
6月には根雪の幻影、分割は気に入らないですがAB、7月にはサクラノ詩と順調に期待できるタイトルが出揃ってきているのでプレイしたい作品には困らなさそうです。
サクラノ詩は本当に出してくれるのか未だに半信半疑ではありますが。
ところでトモセ衣笠が抜けてしまったてぃ~ぐるには何が残るのか。7月の新作で命運が分かれそうです。

すぐにチェックが終わってしまったので先も見てみました。


現在はプラマイウォーズをプレイしており連休中に終われればレビューも書こうと思っています。その後はクロノクロックと加奈をやろうと思っています。