バナー
★『はるるみなもに!』 ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 eufonie最新作「はにデビ! honey & devil」情報公開中!
★『新妻LOVELY×CATION』

★『ニュートンと林檎の樹』 ★『超昂神騎エクシール』
カテゴリー+月別アーカイブ
 
新作情報&安価ならこちら
Getchu.com アダルトTOP 新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋
今月は新作を早めに消化できたので早速レビューを書こうと思います。

・花の野に咲くうたかたの/あっぷりけ

○基本情報
シナリオ:桐月
原画:オダワラハコネ
プレイ時間:17時間程度
ルートロック有、グランドルート有

○システムや動作環境
ライトユーザ向けに作った作品らしく、フローチャートなのにフローチャートらしからぬ簡単さで意味を感じませんでした。フラグメントもルート進行中に別ルート中盤のものが突然手に入ってしまったりとそこはよくわからなかったです。
動作は全体的に軽く欲しい機能は揃っていました。
たまたまだとは思いますが、PCと相性が悪かったのかセーブ・ロードが出来なくなることがありました。強引にセーブを後半はするようにしていましたがやはり怖かったです。

○作画やグラフィック
背景や表現は相変わらず綺麗です。自然の描き方が美しいなと前作同様に感じました。CG、立ち絵に関しては若干ムラがあったように思え良いもの、悪いものどちらもあったように思います。
塗りに慣れていないせいかどうしても違和感を覚えたままプレイを終えました。

○BGMや主題歌
BGMはやはり強いです。良いと思える曲が多く流し続けていても飽きませんでした。鷹石さんのサントラがあるのは嬉しいですね。
主題歌は私はそこまで良いとは感じませんでしたが、こちらもかなり評判が良いようです。

○総評と感想
「見上げた空におちていく」「コンチェルトノート」「黄昏のシンセミア」とは大きく路線を変更し伝奇要素はかなり薄くなりました。氏が仰っていたようにライトユーザ向けに優しく作られたというテーマは守っている作品だと思います。
このような謳い文句があった以上そちらの方面に過度な期待をしないにしてもどうしても比較してしまうものです。そう考えるとリバコロは別枠と考えたとして三作に比べて明らかに弱い作品だと思います。
優しさ・温かさを追求していった結果がキャラの立たなさや印象の薄さに繋がってしまうのであれば少々悲しいです。
魅力的なサブキャラがほぼいないというのも痛い点だと思います。あっぷりけの一つの楽しみだったのですが今作では贔屓目に見ても先生くらいでした。
また、各ルートの盛り上がりがほぼなかったのには声が出ませんでした。どのルートでもさらっとくっついてさらっとEDになっていました。中盤に強めのライターだと思っていたので物足りなさが残りました。
勝手な妄想ですが桜花の声が体験版をやったのにも関わらずかわしまりのさんだと思い込んでいた辺りは謎の病気です。そのせいで若干評価が落ちてしまいました。
また体験版範囲であった安楽椅子探偵っぽさは後半になるにつれ薄くなっていきます。もう少しそういう立ち回りを続けていくと思ったらとたんにアクティブになっていましたからあれはなんだったのだろうかと逆に考えさせられました

期待していた点では弱かったためそこは減点対象になりますが、日常の温かさや各ルートのEDの引き方、グランドルートは良かったと思います。ラストはじんわりきてしまいました。

新規以上に前から引っ張られてきたユーザが多いと思うので近い感想を持たれた方は少なくないと思います。
どうしても今までの印象と比べてしまうと悪く捉えがちですが、決してそうではなくそこを無視すれば優しいそこそこ良い作品だったと思います。良作と呼べるかは難しい所ではありますが。
初作からの三作品をやって意気込んで今作に取り組みさえしなければ薄い作品ではあるものの心温まることが出来るのではないでしょうか。

少し話題が逸れますが、最近やったソレヨリノに続きこちらにもくすはらゆいさんが出ています。自分に合った方向性を見つけられたのか非常に勢いがある声優さんだと思い直しました。雫先輩もとても上手に演じられていたと思いますし、今後にも期待していきたいです。


以上で感想を終わりたいと思います。




花の野に咲くうたかたの 初回限定版花の野に咲くうたかたの 初回限定版
Windows

あっぷりけ

Amazonで詳しく見る

2015/03/30 19:00 レビュー TB(0) CM(0)
先月発売のエロゲのプレイがかなり遅れたためレビューはやめておこうと思っていたのですが、筆が乗りそうだったので書いてみました。
諸事情で今回はノートPCでプレイをしたためトップ画面のキャプチャはありません。
これからはノートでプレイする機会が増えてくると思うのでもしかしたらキャプをやめるか何か別の方法を考えていこうと思っております。意見がありましたら参考にさせてください。

・ソレヨリノ前奏詩/minori

○製品情報
シナリオ:鏡遊、御影、伝野てつ、花見田ひかる
原画:sata、柚子奈ひよ、水野早桜
プレイ時間:15時間程度
ルートロックなし

○システムや動作環境
演出に本気のメーカーだけあって私の少し前のノートではかなり限界がありました。
電車のシーン、登校シーン、最も重く一度エラーが出た雨のシーン。はては目パチ口パクもカクカクでそこはやりにくかったです。スペックを満たせれば問題なく動くのだとは思います。ここは口の動きが自然でいいですね。
Configはシンプルで可もなく不可もなく。普段はあまりフォントを変えないのですがこの作品においては変えたくなったので嬉しい配慮でした。
ウィンドウ透過率を変えるものが見当たらなかったのでもう少し濃くできればよかったとは思っています。
あとPC内時間に合わせてトップが変わるのも良かったです。

○作画やグラフィック
最近のminoriの作品は背景だけでなく絵もかなり綺麗になってきていて本作も文句なく美しいものばかりでした。演出も含め立ち絵であってもCGに見えたりするものもありました。エロに力も入っておりシーン構図は主観他観等様々ありました。

○BGMや主題歌
OPとED曲はあまり入ってきませんでした。ですがEDムービーは意味を色々と考えながらしっかりと見ることが出来ました。
BGMは種類も多く良い曲がいくつかあったと思います。

○総評と感想
流石はminori、最近のエロの濃さとそれなりのシナリオの両立が出来ていたと思います。
惜しむらくはやはりマキルートがない事でしょう。もうアペンドでもなんでもいいから追加をしてほしいです。Mシチュも点在しているので問題ないでしょうしその声は非常に多いと思います。

プレイ前一番気になったのはやはり風変りなタイトルでした。ずっとその事を考えながらプレイしていました。どうして「から」ではなく「ヨリ」なんだろうと。
若干のネタバレにはなりますが、本作序盤で進んでいく永遠と終の物語~破局まで。これはルート選択にある二人にとってはそれが原因での前奏詩であったのだろうと思います。しかし後半に入るとそれすらも前奏詩であり、加えてもう一つの前奏詩という考え方も出てきます。考えすぎかもしれませんがタイトル考察だけでも色々と楽しめました。


内容としては結構現代的だったと思います。エンパシーという能力や精神世界など多少大仰な部分を除けば現実的なことが多かったのではないでしょうか。女性同士の会話も生々しかったと思います。ドロっとした関係をしっかりと描いていました。主人公やヒロインの葛藤や成長、文章では表現できない微々たる感情変化も感じ取りやすくなっておりそういった点では良かったです。
サブキャラもいい味を出しており日常会話は面白かったのと彼らの良さを最後まで潰さなかったのは高く評価できます。
少しわかりにくい点もあり素晴らしいとは言い難いですが程よくまとまっていて綺麗な終わり方だったと思います。
序盤の内容を最後まで持って行くのでやはり面倒ではあると思いますが体験版をやってみて気に入れば買っていいと思います。

個人的に永遠の声優さんはあまり注目したことはなかったのですが、この作品ではメインという事もあり非常に目立っており、演技も素晴らしかったと思います。永遠という少女の細さと時に見せる激しさをしっかりと表現されていました。「魔女こいにっき」のありすの時よりは合っていたのではないかと思います。

上にも書きましたがマキルートがない。これはやはり残念なポイントです。グラフィックやHシーンも含め満足度は非常に高いのですがあと少し物足りないと感じてしまった作品でした。
とはいえminoriの作品としては多くの力が集約されている作品に仕上がっているのではないでしょうか。

ひたすらタイトルについて考えるのが楽しかったというのを伝えたかっただけの薄い乾燥になってしまいましたが、以上で感想を終わりたいと思います。








ソレヨリノ前奏詩(プロローグ) 豪華版ソレヨリノ前奏詩(プロローグ) 豪華版
Windows

minori

Amazonで詳しく見る
2015/03/21 19:00 レビュー TB(0) CM(0)
ご無沙汰しております。
結局リアルが忙しく時間が取れなかったため新作プレイ、並びにレビューを上げる事が叶いませんでした。ですが今日明日くらいにはようやく時間も取れそうで「ぼくの一人戦争」からプレイを出来ればいいなと思っております。短いらしいのですぐ終わるとは思いますが楽しもうと思います。

プレイしたエロゲも先月時間があった時に一気にやった既プレイ済みばかりですが今月も記事を書いていきます。

・カルタグラ~ツキ狂イノ病~/Innocent Grey
年末ごろから再プレイをしたいなと考えていたのですがこの時期になってしまいました。しかし起動をしてみると丁度日付がほぼ同じときにプレイをすることが出来たため少し感動しました。
さておきこちらは2回目のプレイになるのですが、1回目のプレイの時にはまだまだやってきた作品が少なかったため比較も出来なかったものの今回のプレイでは演出やテキスト等にも注意してプレイをしていきました。そう見ていくと演出に力が入っているのを感じました。特に和菜トゥルー~EDまでの盛り上がり方と乙羽失踪~秋五と雨雀のCGの魅せ方は非常に美しくまとまっていたと思います。
戦後の光と闇の世界を綺麗なCG、ノスタルジックなBGMで表現している良い作品だと思います。
美しい絵ですが血やグロ表現も少なくはないので大丈夫な方でしたらメーカー全作を通しお勧めしたいです。

本作は殻ノ少女とも繋がりがあり、殻ノ少女3に向けて開発も進めているということでそちらも楽しみにしております。

・G線上の魔王/あかべぇそふとつぅ
ぼくの一人戦争に向けてるーす作品の復習をしようと思い再プレイをしました。
まだぼく戦はプレイできていないので体験版2までの範囲での比較ではありますがいくつかあったので書いていきます。
まずテキストですがぼく戦の方がまとまっており綺麗に感じました。無駄な部分が取れた感じです。G線は大人しい場面と激しい場面が目まぐるしく変わるためテキスト以上に演出に強かったと思うのですがこちら序盤は大人しい場面が続いており、落ち着いたテキストになったなと感じました。
お得意のトリックもなんとなく感じてはいますがまだ出てきていないのでこちらは本編を楽しみにしております。ただG線や車輪のように驚くようなことはないだろうとも思っております。
G線上の魔王をプレイして感じるのは粗は目立つけれどもよく作られている、いい魅せ方の作品だという事でした。3度目くらいのプレイだと記憶しておりますが、作品全体を楽しむことが出来ました。息をつく間のあまりない作品は忙しいけれどもやはり面白かったです。
来月にはぼく戦製品版と比べた簡単な感想も書きますのでそちらも読んでいただければと思います。


あまりに忙しかったので恐らくこの2作だけしか思い出せませんでした。多分これだけだったとは思いますが……
CSでは相変わらずTOD2やってます。こちらもまた開始でき次第やっていきます。

最近は5月くらいまでのタイトルが結構出揃ってきており帰宅後にチェックをするのだけが楽しみです。どうにかこれからも時間を取ってプレイを出来ればいいなと考えております。
3月の新作は予約してあるのでそれまでに2月の分はどうにかクリアするつもりです。
2015/03/14 18:56 PCゲーム TB(0) CM(0)
ご無沙汰しております。
月末から急にリアルで忙しくなってしまい、レビューを上げることはおろかまだ2月新作に手を付けられていない状態です。
更新の頻度が一時とは言え落ちてしまい定期的に来てくださっている方は申し訳ありませんでした。
一方で旧作はどうにかいくつかクリアしていますのでまたやった作品記事はしっかりと上げていきたいと思っております。
長くなってしまいましたが、今月の新作チェックはしっかりとやっていきたいと思います。大変期待している月です。体験版もいくつかこなす時間は取れたのでご参考までに。

◎花の野に咲くうたかたの/あっぷりけ
あかべぇの良心、安心と信頼のあっぷりけの新作がようやく来ました。
同ブランド「コンチェルトノート」「黄昏のシンセミア」二作とは絵も内容もだいぶ変わった路線に感じます。今回は安楽椅子探偵ものでしょうか。
体験版ではかなりのんびりと時が流れていく感じだったので音楽も相まって最後までゆったり進められる作品でしょう。
血は流れないらしいので今までとは違うことを踏まえた上での期待の高い作品です。
BGMはやはり素晴らしいゲームですね。

◎花咲ワークスプリング/SAGA PLANETS
体験版をやるまでは最近のサガプラの流れなら無視しても問題ないであろうとタカをくくっていました。しかし体験版をやってみると評価が一気に上がりました。個人的には久々のここの当たり作になると思っています。
何が特徴的だったかというとやはり会話です。ここ最近ではあまり類を見ないくらいにテンポの良い会話が体験版の間ずっと続きました。内容はそこまで濃くなく不明瞭でしたがテーマの割にあまりシリアスにはならなさそうです。
テキストは普通でしたがBGMは全体的に中々良かったと思います。起動時のトップ画面に流れるOPインストが作品への期待を高める良い材料になっていました。
ライターも信頼はできる方々ですし会話を楽しむためだけに買うことになったとしても十分満足できると思います。

◎すみれ/ねこねこソフト
前回記事を参照ください。公式はようやく動きが見えました。
恐らくでないとは思いますが願わくは今月に出していただきたいものです。

○姉小路直子と銀色の死神/みなとカーニバル
ミドプラ枠としては優秀な作品になるのではないでしょうか。私の好みの姉キャラはいなかったのでキャラでは少々買いにくい作品です。
ですがおなじみのライターと久しぶりの白猫さんということで応援していきたいと思っています。
先月のミドプラ某作品が過大評価だったとの話も聞きますのでこちらはどうなるでしょうか。

○ゆきこいめると/フロントウイング
スタッフを見てこれは買ってもいいだろうと思いました。
体験版は可もなく不可もなく。ただ面白かったので少し高めの水準にまとまっていたとは思います。主人公の設定がどこまで活かせるかを楽しみにしています。
冬の代名詞になりうる作品になれればいいですね。
以前の記事に体験版の感想も軽く書いておきました。

△影狼/縁-yukari-
読み方が私を誘っているとしか思えないメーカー名というのはさておき、このメーカーを今作まで私は知りませんでした。公式を見てみた所細々と活動されていたようです。
スタッフも現在では公開されておりいつも通りの布陣になっているようでした。扱っている内容や雰囲気が今作は非常に私好みではありますが、フルプラで買う勇気はないので恐らく流すと思います。
Twitterでも話していたのですがこれならば出せてもミドプラまで、ロープラならば買いという結論になりました。
プレイした方の感想を楽しみにしています。

△シロガネ×スピリッツ!/戯画
ライターと絵師を見てこれならばかなり期待値高いと思い意気揚々と体験版をやったのですが、想像していたものとだいぶ違ったためこのような位置づけになりました。
つまらないというわけではないのですが、私にはあまり合いませんでした。
かずきふみさんの作品で楽しみたかったので、今後もシルプラに期待していこうと思います。

△美少女万華鏡 ─神が造りたもうた少女たち─/ωstar
延期してここまで飛んできたこの作品。もう言わずもがなではないでしょうか。


結構な量になりましたが、やはり◎の作品が抜きんでて期待値が高いです。中でも急に熱が高まった花咲が今は一番楽しみにしています。

新作のレビューですが、2月分のは早めに取りかかることが出来れば急いであげようと思います。前半に間に合わなければ今回はなしにするかもしれません。





美少女万華鏡 -神が造りたもうた少女たち-美少女万華鏡 -神が造りたもうた少女たち-
Windows

ωstar 2015-03-27

Amazonで詳しく見る
2015/03/01 19:00 PCゲーム TB(0) CM(0)
検索フォーム
応援バナー2
プロフィール

みなせ

Author:みなせ
◇本ブログについて
本ブログはアダルトゲームなど18歳未満の方に不適切な情報を記載しております。

◇執筆者紹介
数刻のブランクを経て復帰したエロゲーマー。
現在は月に数本新作や旧作を消化しております。
まだまだにわか宣言。

◇twitter

◇連絡先
minasel_l●yahoo.co.jp
コピーしたのちに●を@に変えてご連絡ください。

体験版とかこれやってくれっていうのがあればメールやツイッターで声かけてください。やるかもやらないかも。

来場者数