2015/02/09

2015年02月

        

1月~2月プレイしたゲームまとめ

category - PCゲーム
2015/ 02/ 15
                 
先月末から今月にかけてようやくリアルに一段落ついてエロゲをプレイする時間が取れました。
ということで今月もかなり少ないですが来月はもう少し頑張って消化しようと思っています。ただ単にやりたい作品がかなり出来るっていうだけなのもありますが…
いつも通りプレイしたエロゲ等を書いていきます。

・古色迷宮輪舞曲/Yata-gatrasu
もうお亡くなりになったメーカーです。やってみたいと思っていましたが機会に恵まれず今回メガストアに収録されたのでいい機会だと思いプレイしました。
「死ぬ気で紅茶を淹れるゲーム」と聞いていましたが「紅茶を淹れたら何故か死にまくるゲーム」でした。ひたすらにその部分が面倒でした。
内容は結構ちぐはぐなループものでした。最終的にはまとまっているのでいいのですがチャート点在するから時系列を並べにくかったです。
それよりも特に記憶に残るのが何度も何度も目的行使の為にヒロインを殺していく鬼畜とかした主人公でしょう。しかもそれが既視感として記憶に刷り込まれるらしいから更にタチが悪いと思いました。他のヒロインを救って目的を果たさなきゃいけないからお前は代わりに死ねと平然と言いヒロインも分かりましたと言って身を挺するエロゲも珍しいものだなと。
散々にかき乱した挙句メタ要素を込め、最後の幕引きはかなりあっさり。中々良い評判を聞いていた作品だったのですが私はあまり好きになれませんでした。
声優も良かったし絵やキャラも気に入っていましたが評価は低いです。


・夏の色のノスタルジア/MOON STONE
一つ前の記事に感想を投稿していますのでそちらを参照頂ければと思います。

体験版はクロノクロックをやりました。
相変わらずここの電車の動きは苦手なのですが内容はそこそこ良かったと思います。OPは文句なし。
サノバウィッチ体験版も来ていたしメガストアで予習した限りでは吸引力がかなり強そうな作品だと思いますがアイルノーツのことがあり買うかと言われたら素直にはなれなさそうです。買うにしても中古だと思います。

CSではテイルズオブデスティニーをクリアしました。
ゼスティリアが大爆死だったようですが旧作をちまちま進めているので問題なしです。


月末エロゲは期待どころは今月はもう大体マスター告知が来ていますので安心しています。
時間があるうちに何本かプレイを進めていこうと思っています。
                         
                                  
        

夏の色のノスタルジア 感想

category - レビュー
2015/ 02/ 09
                 
今更ながら今年発売の作品1本目をクリアしたのでレビューを書いていこうと思います。

・夏の色のノスタルジア/MOON STONE(あらすじはこちら

イメージ025

○製品情報
シナリオ:呉
原画:やまかぜ嵐、桜坂つちゆ
プレイ時間:15時間程度
ルートロック有り、パッチ有り

○システムや動作環境
ゲーム内のconfigは少し見にくいのですがシンプルな作りでした。BGV有りなので最初にまずミュートできたのでよかったです。
欠点としてバックログが表示されないので読み返しにくかったのとバックログジャンプや前の選択肢が無かったのがプレイしていて困りました。一人を優先して選んでいけば問題ないのですが選択肢前後以外共通が多くスキップを多用するため一度押し間違いをしてしまった時に追い直すのに少し時間がかかってしまったので・・・今まで特に気にとめてこなかったのですが共通選択肢が多い作品だと嬉しい機能だなと思いました。
【追記】バックログは全体表示にもできるということでした。プレイ中に気が付けばよかったです。
動作自体は非常に軽快でした。それと同時にtwitter連動も行っているようですがそちらは全く使いませんでした。必要ならブラウザ上から適宜自分でツイートしてしまうので関係なかったです。村正FDの時は連動で何かあったような気もしますがこちらは特にそういった物はないと思います。

○作画やグラフィック
回想CGも含め非常に綺麗です。塗りも濃く鮮やか、背景の作りもしっかりしていて色彩豊かで美しい作品でした。特に食事のCGは驚くくらい美しかったです。
立ち絵の服のセンスもそこそこ良かったとは思うのですが、服がかなり肌に貼りついたような質感なのが気になりました。例えば美羽のシャツ立ち絵ですが不自然なまでに肌に密着し透けているのが終始気になってしまいました。塗りが濃い分それがまたいいと仰る意見も目にしましたが私は違和感でした。

それと綺麗で塗りが濃い分文音ルートの某CGのようなものはあまりよろしくなかったです。そういったものをこの作品に求めて買っていないですし凝固して見える赤がより生々しくエロゲをプレイしてきて以来指折りになる程度には恐怖しました。苦手な方はかなり注意した方がいいと思います。演出も相まって結構きました。

○BGMや主題歌
BGMは結構いいです。アップテンポの物よりはしっとりとしたBGMの方が印象的でした。
ホラー臭漂うシーンに入った時に流れてくるBGMはもう少しレパートリーがあってもいいなとは思いました。どうにも文音ルートには合っているのですが他には合わない感じがしました。
それとグランドEDの曲も久しぶりに聴いた声で嬉しく、感動させられた後に持ってくる曲としてはいいチョイスだったと思います。

○総評と感想
『人は、物語の中に生きてもいい』『人は誰も、自分だけの物語を抱えて生きている―。』
この二つの文章が作品を非常に的確に捉えていると思いました。
ヒロインも主人公もある種パラノイアのように過去や現在にしこりを持っており、そこから招かれた結果がこの作品でした。とはいえ物語である以上は終わりがつきものです。『エデン』という言葉を口にしながら見据えられていた結末だったと思います。この作品で挙げられている彼らにとっての物語はエデン―あるいはラビリンス―から出る=過去や囚われた物との決別にあると思います。それらを順を追ってしっかりと解決していく良い作品ではないでしょうか。
ただまとめ方が強引であったりヒロインと主人公との馴れ初めがかなり適当だったりもするので細かいそういった物は多少目につきました。

昔のMOON STONE作品のような重さが帰ってきたとまで言われていたため、そこまでを期待してしまうと肩透かしをくらいます。実際私も体験版やそういった噂を耳にした結果かなり期待していましたが、それを裏切る形にはなってしまいました。ですがだからといって悪かったというわけではなくむしろ良い作品だったとは思っています。
勝手に発売前は「神樹の館」みたいなCC系を考えていたのですがそれとはかなり異なっていたのも要因の一つです。『迷宮』『門』という言葉だけに惹かれてはいけませんと。

目につくのはやはり絵の綺麗さです。それに加えてHシーンの尺も長く、台詞等が充実しておりそういった意味でも満足できる作品だったと思います。

どうにもいただけなかった1点があるのですが、文音ルートの机の某CG並びに同キャラの立ち絵。これはだめです。絵や内容はいいのに途端にチープなホラーのように感じてしまいました。そこは残念で仕方がないです。何をグロい、怖いと思うかは人それぞれ違うと思いますがその部分だけでいうならば洋画的な演出の怖さだったため、構えていなかったのできつかったです。プレイの際には念頭に置いていただければと思います。

今年発売した作品では最初のプレイとなった本作ですが、満足できる1本だったと思います。

以上で感想を終わりたいと思います。







夏の色のノスタルジア 【2大予約特典:原画集、PSD画像データDISC付】夏の色のノスタルジア 【2大予約特典:原画集、PSD画像データDISC付】
Windows

MOONSTONE
売り上げランキング : 450

Amazonで詳しく見る

                         
                                  
        

2月の新作エロゲまとめ

category - PCゲーム
2015/ 02/ 01
                 
ご無沙汰しております。忙しい時期ではありますが時間を見つけてちまちまエロゲやっていました。主に体験版で今後の負担軽減目的でしたが話題作が早めに出してくれたのが助かりました。
新作チェックも済ませたので今月も投稿していきます。

◎ぼくの一人戦争/あかべぇそふとつぅ
体験版第一での掴みは良かったです。第二になって終わり方がちょっとキナ臭い感じになってしまいましたが楽しめました。今月買うならば筆頭になると思います。
底が知れないキャラが大勢いるので彼らを殺さずにるーすお得意の手法で魅せてくれるのを楽しみにしています。進捗も良さそうですし延期せず出ると思っています。
ただサブキャラ攻略不可なのは知っていますが沙代はちょっと可哀そうな引き方でしたね。裏で誰かとむすばれるとかでもいいのでどうにかなってほしいです。
ここにきて桐谷さんが名義を変えてきたのはなんでなんでしょうか。

◎ソレヨリノ前奏詩/minori
体験版が分割で面倒だったからDLしていないのですがこのメーカーなら問題ないでしょう。御影さんもきているみたいですし。
感想見ても悪くなさそうですし安心して買えそうです。

○鯨神のティアスティラ/whirlpool
絵には惹かれるけど結局いつも買わないうずまき作品なのですが今回は籐太さんが書いているということで内容にも少々期待しています。とはいえキャラにそこまで魅力を感じられなかったので難しい所ではあります。
マスターアップもしているし人気作の一つでしょう。

○毎日がハーレムすぎて王子は姫を決められないっ!/PeasSoft
原画陣がかなり豪華でいいなと思いました。情報が入ってきた当初から気にかけていましたがここまで多種多様な絵師になると描き分けとかも必要なくキャラ差が出てくるのでそれはそれである種現実的でいいのではないかと思います。
ブランドがブランドなので内容は期待していませんがキャッチはかなり良かったです。

○シルヴァリオヴェンデッタ/light
「Vermillion」のライター作品です。今年初のバトル系の作品になるのではないでしょうか。いつも通りの作品だとは思うので安定でしょう。

○サノバウィッチ/ゆずそふと
言うまでもなくいつものゆずです。あらすじからしてだいぶぶっ飛んだ内容だとは思いますがインパクトは凄まじいと思います。
今回はしかも主題歌は米倉さんですし籐太さんはこちらにも入っているということでこれまたシナリオにも少し期待は・・・アイルノーツの事があるから程々にではありますがしたいところです。
如何せんゆずということで食指が動かないのがあるのは確かですが毎度ながら気にはなってしまいます。

○さくらシンクロニシティ/WHITESOFT
体験版をやってみました。相変わらず結構癖のある文章なのはさて置き設定が全然見えてこなかったです。そのせいか購買意欲は掻き立てられなかったのですが結末だけはやはり気になりました。ネタバレしたうえでもやりたいと思えたら買い足すと思います。

△美少女万華鏡-神が造りたもうた少女たち-/ωstar
確か延期して結構な悲鳴が聞こえていた作品でした。FDやりたいほどこの作品は好きではないのでスルーですがやはり人気は健在でした。

△あま恋シロップス~恥じらう恋心でシたくなる甘神様の恋祭り~/MintCUBE
姉妹ブランドの処女作でかなり大体的に宣伝をされていたようで何度も目にしました。絵はぱんさんなのでいいです。でもそれだけでした。
CGだけでお腹いっぱいなので買うことはないと思います。


他には孕シリーズが今も出ていたことに驚いた月となりました。

今月はまだいいんです。すみれが3月に飛んだせいで尚更3月が大変なことになっているために今は買い控えている状況です。
ただメガストア4月号はsense offとフロレアール入ってるから絶対押さえておくとして本当に悩んでいます。
花咲、ゆきこいめると、シロガネスピリッツで客の食い合いをする中はなののやすみれもあり更にはミドプラで姉小路も来てるとなると4本くらいは買わざるを得ないので困っています。
また来月には調べますが今月は本数以上に体験版を吟味して来月に繋げていこうと思います。