バナー
★『はるるみなもに!』 ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 eufonie最新作「はにデビ! honey & devil」情報公開中!
★『新妻LOVELY×CATION』

★『ニュートンと林檎の樹』 ★『超昂神騎エクシール』
カテゴリー+月別アーカイブ
 
新作情報&安価ならこちら
Getchu.com アダルトTOP 新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋
まず初めに謝罪が一点あります。
今回まさか途中からトップが変わってネタバレを含んでくるとは思わなかったため初回起動時のトップ画面をキャプチャしておらず、参考画像を載せられない状態になってしまいました。
アンインストールしてからもう一度ということも考えたのですがどうにも面倒だったので今回は割愛させていただきます。大変申し訳ありません。
では以下から感想です。

・キミのとなりで恋してる!/ALcotハニカム

○製品情報
シナリオ:おぅんごぅる
原画:もとみやみつき、あおなまさお
プレイ時間:10時間程度
ルートロックなし(ED一部分岐あり)

○システムや動作環境
動作は軽快でした。問題なく動かせますしシステムボイスも楽しませてもらいました。描画表示速度も調節ができサクサク進めやすかったです。しかし共通が多いためスキップが遅いのとBGVが好きではないので切れないのは難点でした。

○作画やグラフィック
一枚絵に線の太さなど少しばらつきが目立ちました。多くのCGは綺麗でSDも可愛かったので良かったです。シーンCGにも力が入っているように感じられ、堕ちの表現もあり良かったと思います。

○音楽やBGM
どの曲も静かに聴くことができ作品によく合っていたと思います。特にOP、EDはかなり良かったです。
普通のイチャラブということもありBGMの力に頼る面も出てくるので雰囲気をしっかりと出せていたと思います。

○総評、感想、考察等
各ルートに着目していってまず考えさせられたのはタイトルに関してでした。
演出等に影響があり本筋となっているものはなぎさルートであり、妹とのサイドストーリーとの整合性も取れていました。しかしこのルートにおいては性格もあるせいか一歩引いた視点から物語を終えます。対し涼香ルートでは先輩の成長と共に躍進していく姿を主人公が引いて見ているように感じました。莉奈ルートに関しては一番幼馴染らしくバランスのとれた状態にあり、タイトルの如くとなりにいるという印象を強く受けました。
これらのことから力を入れたかった部分はやはり莉奈ルートなのではないかと私は考えました。タイトルにマッチしていますしパッケージの中央にいますし。

全体を通しては青春色がとても強く悶々とさせられました。しかしイチャラブ色がそこまで前面に出ているというわけではなく付き合いだす過程を見ていると非常に初々しさを感じさせながらもさっぱりとした形で〆ておりしつこくなく良かったです。

涼風ルートはダメ男製造機とサブタイトルがあったくらいでそこまでライターの色を感じず、最近流行っている属性を上手く取り入れた話だなとは思っていたのですが、他二人のルートやサイドストーリーはおぅんごぅるさんのやりたい放題だなと良い意味で感じました。公式側からもずっと匂わせていた通りのものをなぎさルートからは特に感じました。これでこそ師であると。
妹のインパクトは終始乳首にしか納まらなかったのは少し勿体ないとは思うのですが、サイドにて別の補給が出来たので良しとします。

尺は短いですがミドルプライスにしてはかなりのいい出来だと思います。
あっさりしすぎている面もあるとは思いますが読後の感覚もテキストの読みやすさも相まって非常にすっきりとしました。
店舗ではかなり売り切れの声が聞こえており予約をしておいて間違いがなかったと思える作品でした。

何より言いたいのは莉奈が可愛すぎてここ最近見たキャラの中で一番気に入ったということです。

以上で感想を終わりたいと思います。

キミのとなりで恋してる!キミのとなりで恋してる!
Windows

ALcotハニカム
売り上げランキング : 675

Amazonで詳しく見る
2014/11/29 05:38 レビュー TB(0) CM(0)
・あの晴れわたる空より高く/チュアブルソフト
イメージ013

○基本情報
原画:ちり、まんごープリン、オレンジゼリー
シナリオ:範乃秋晴、草壁よしお
プレイ時間:20時間程度
ルートロックなし、グランドルートあり

○システムや動作環境
動作は概ね軽く良好でした。
しかしシステム面で弱い部分が多くあり設定が非常に使いにくかったです。
設定画面が凝っている反面見にくいだけではなく、出来る限り使いやすいようにカスタマイズしてもまだまだ使いにくかったです。
ジャンプはあまり使いたくないのでシーンごとのスキップ停止やムービーの強制停止は繰り返すことを考えると不便でした。
オートやクリックが効かなくなるのはいいのですがスキップ命令は停止をしないでほしかったです。
TIPS機能も後から見返す時には使いづらかったです。

○作画やグラフィック
立ち絵はひどいです、CGとの差がかなり大きいです。絵はそこまで気にしないのでいいですがCGや背景はとても細かいところまで描かれているので落差は気になる方はやはり気になってしまうレベルだと思います。
前述したように一枚絵はとても綺麗で構図も良かったものがいくつもありました。シーン絵もなかなかいいものがちらほら見られました。

○音楽やBGM
これは文句なしに高評価です。OP、ED、グランドEDどれをとっても非常に良く雰囲気も合っていました。
BGMもワクワクさせたり悲しませたりというものが非常に効果的に使われているように感じました。「ChuSinGura46+1-忠臣蔵46+1-」や「マブラヴ」にも通ずる良さを感じて終始いいなぁと思いながらプレイすることが出来ました。

○総評と感想
ライターさんが文章を書き慣れているのかテキストがとても読みやすかったです。
日常にはくどい位に下ネタを混ぜてくる上にパターンがわかりやすいため最初はにんまりとしていた部分も多かったのですが、終わる頃には少し食傷気味でした。
OPまでの魅せ方、伸び方は圧巻です。フローティングターンのシーンは手に汗握り読み進める手が止まりませんでした。
対し動きがあまりなく王道の中盤はテキストが良いから読めますがシナリオで合う合わないが出るキャラがいるなーと思いました。
どのルートもすれ違いが柱になっているのですが特にほのかルートではもうぐにゃぐにゃでイライラしました。合いませんでしたが良くできているとは思っています。
そしてフォーセクションズ前から当日~EDまでの流れはどのルートでも素晴らしかったです。共通部分はさておき個別では感情を大きく揺さぶられました。ここの魅せ方も非常に良かったと思います。
グランドルートにはあまり触れませんが終わり方が逆であれば私としてはもっといい作品になったのではないかなと思っています。綺麗にまとまっているのは逆に勿体ないと感じてしまいました。
「死んでもロケットを打ち上げる」割には各ルート、グランド共に打ち上げに関しては弱いなというのが少し残念ではあります。

作品で目立ったのが学生と大人との違いでした。
非現実的な内容でありながらも人間関係に関してはこと現実的であり、社会の嫌な部分をしっかりと描いているのは感心しました。
学生としてはとても頑張っていますが社会的には~ということを考えさせられる作品だったと思います。

長くなりましたがチュアブルソフトとなるといつも通りならばスルーしますが、10周年企画ということで非常に力が入っている作品ということを聞きプレイしましたがこれは非常に評価が高いです。今年の指折りでしょうし、プレイしてよかったと思えました。
このクオリティで「残念な俺たちの青春事情」も発売されれば文句なしの10周年企画で終われると思います。
そちらは日常は非常に面白く私に合っていたので楽しみです。

以上で感想を終わりたいと思います。

あの晴れわたる空より高くあの晴れわたる空より高く
Windows

チュアブルソフト

Amazonで詳しく見る


残念な俺達の青春事情。残念な俺達の青春事情。
Windows

チュアブルソフト

Amazonで詳しく見る
2014/11/24 23:36 レビュー TB(0) CM(0)
11月の激戦区の購入予定もきまり一か月分のまとめの時期になりました。
旅行に出ていたこと、体調不良だったことや体験版をやって悩んでいたのでやった本数はかなり少ないです。

・グリザイアの果実/フロントウイング
フロントウイングの10th作品の再プレイです。
出た当時から評判が良かった作品でしたが今やってみても面白いと感じました。
楽園まで発売しており三部作として完結している作品ですが私は楽園はやっていません。迷宮と果実のみのプレイであと気になる部分と言えば風見一姫の存在に関してだけで、他に特に気になった部分がないためです。
また果実だけでも物語として完成していると私は考えており、そういった意味でもこの作品(群)はすごいと思いました。
現在はアニメが6話まで放送されていてまさかの5話~6話の流れで一抹の不安がありますが天音ルートでどこまで魅せてくれるかということがファンの注目だと思います。

・箱庭ロジック/cabbit
別に記事を書いているのでそちらを参照ください。
http://minaselikelife.blog.fc2.com/blog-entry-30.html
王道といった内容でそこまで評価は高くないようですが私は十分楽しめました。キャラも可愛いですし買って満足しています。

・運命線上のφ/Lump of Sugar
角砂糖が外でやって欲しいと初期から言っておりタブレット操作を考慮に入れたうえで発売されたこの作品。かなり力を入れているとは思い期待をしていたのですが蓋を開けてみると少しシステムの面倒ないつもの角砂糖でした。
いつも通りBGMはいいものが多かったです。ギャグとネタ、抜き要素を前面に持ってきているなと感じました。
システムは逆に面倒でした。体験版とは異なり抜刀シーンが分かりやすかったのは良かったのですが、俗に言われている青鬼編は法則性が全くわからず攻略サイトのお世話になりました…。あそこだけで1時間近く潰しました。
またチャートシステムを採用していて何度も飛ぶことが多いのにスタート画面から飛べない不便さが目立ってしまいました。
今後はこの方向を進めていくのであればしっかりとそこを改善していってくれればいいなと思います。
メーカーとしてはいつ空が特に好きなのですが、マジチャやいつ空といったような作品はどちらかというとここにしては異色だと思うので角砂糖は角砂糖だなぁと改めて思いました。


以下は体験版です。
・残念な俺たちの青春事情/チュアブルソフト
普通でした、テンポもよく会話は好きなのですが体験版の範囲だけだといかにも普通すぎて物足りないなと感じてしまいました。
悪く言っているようですが掴みはかなりよかったです。今月でなければもっと話題性もあったのにと考えるとそこは勿体ないなと思いました。とはいえこればかりはどうしようもないので・・・

・お嬢様はカタイのがお好き!/インターハート
何がカタイのかはやって納得。体験版の評判はかなり高いのですが私にはやはり合わなかったようです。
気になるタイトルですが流しとなりました。

・恋する彼女と不器用な舞台/CUBE
すでにメーカー側はロットアップしており後は店舗のみです。オフィ通が早々に終わったのはやはりカントク効果といったところでしょうか。
アリスが可愛い!それ以外に言うことはなかったです。というのも幼馴染が好きならば初期からデレデレしていて楽しめるのだと思うのですがどうにも彼女が合わず作品自体に抵抗が出来てしまいました。
ただ主人公にゾッコンなので体験版で公開されているシーンを見てみると力も入っており、このキャラが好きな人にはいいと思います。
OPはDucaさんだからと思っていましたが改めて聞くと何か違うかなと思ってしまいました。


あとは今月末のエロゲフライデーに備えつつ1~2本プレイできればいいなと考えています。
ここ数日いきなり寒くなり紅葉を意識するようになったのですが、それにちなんだエロゲをやるとなるとやはり「きっと、澄みわたる朝色よりも、」や「3days」「秋のうららの」がぱっと出てきます。この中から1本は最低でもやるつもりです。
朝色は私の特にお勧めしたいエロゲでもあるので気になっている方は折角なので季節を合わせて今やっていただければと思います。
あとは少し前からやりたくなってきているデモベでもまたやろうかなと考えています。
今月末からはまた本腰を入れて新作をプレイしレビューも書いていく予定なのでよろしければご覧ください。
2014/11/14 21:05 PCゲーム TB(0) CM(0)
月が変わってから数日経ってしまいまいましたが今月も新作をチェックしていきます。
延期などが重なりに重なり今月は今年では指折りの激戦区になったのではないかと考えています。
年末に買う予定のものも3本あり財布事情がとても厳しいです…

◎ChuSinhura46+1-忠臣蔵46+1-武士の鼓動/インレ
以前の記事で体験版をやったと書きましたがやはり今月最も期待しています。
やはりFDということもありシーンにアニメーションが追加されていたり楽しませる要素も増やしてくれていますがシナリオにも期待したところです。
言うまでもなく話題の一本だと思います。

◎蒼の彼方のフォーリズム/sprite
9月から延期して激戦にした作品の一つだと思っています。
絵もきれいですし雰囲気も良かったので買いでいいかなと思います。
シナリオもある程度は安心できると思います。

◎キミのとなりで恋してる!/Alcotハニカム
おぅんごぅるとは一体誰なんだ…
ミドルプライスでありますが多くの人が期待し本命との声も上がる作品です。
体験版も消化予定ではありますがどちらに転んでも買う予定です。

○春風センセーション!/ういんどみるoasis
体験版の勢いやHHGの評判を考えたら買ってもいいと思います。
e-mote導入もあってプレイは楽しめそうです。
ただ深山さんもシナリオに波があるのと私がそこまでういんどみるが好きじゃないというのもありまだ検討中です。

○残念な俺たちの青春事情/チュアブルソフト
チュアブルソフトの10thパッケージです。先だって発売された「あの晴れわたる空より高く」は今年の中でも最高峰と言われている仕上がりの作品で、こちらにももちろん力が入っているのは予想できます。
しかし同時期に制作をしていたもう片方ということでもあるため不安は拭えませんが他ブランドにも共通して言える10周年企画は外れないということを信じたいです。
取り上げているテーマや属性も割と珍しい部類だと思うので楽しみにしています。

○恋する彼女と不器用な舞台/CUBE
当初からノーマークではあるのですが体験版の評判が良く抜きゲ枠として機能するとの声もありカントク絵でそれは珍しいなと思い再考しています。
カントク、Ducaといういつもの看板とライターでどこまでの作品になるかは追っていきたいと思います。

○螢火ノ少女/地雷ソフト
面白い作品を連続しているメーカーということで注目している人が結構いるみたいです。
前月分にも書いているので割愛させていただきます。

○乙女が奏でる恋のアリア/ensemble
乙女シリーズ第4目となる作品。シリーズではやはり「花と乙女に祝福を」がルートごとにムラはあるにしてもテキストに勢いがあって面白かったと思っています。
なので本音を言うと籐太さん帰ってきて状態ではありますが、作品を出すたびに違う絵で楽しませてくれているのでどうしても気になってしまいます。
見た限りだと大コケすることはないしいつも通りのensembleで落ち着くと思っています。

△妄想コンプリート!/Insync
何かと話題の作品です。今月じゃなければ買ってもよかったのですが他が強すぎて検討外なってしまいました。
処女作ではありますがいい萌えゲーになってくれるとは予想しています。

△VenusBlood -HYPNO-/dualtail
抜きゲー枠では今月最強でしょう。抜きゲとはいえゲームパート含め期待しているファンが多く発売情報が来てから待機していた方はかなり多いと思います。
体験版もSLGパートADVパートの2つを出しておりどちらにも自信があるのだと思います。
私はこのテのゲーム性の強い作品はエロゲではほとんどやらないようにしているので買いませんが、非常に注目も集めており満足度は高い作品です。

△逆転魔女裁判/エレクトリップ
特に無いです。ほぼ調べてもおらずただただパッケージ絵がいいなぁと思いやりたいと思っている作品です。

◎は迷うこともなく決まったのですが、○作品からどれを買おうかで未だに迷っています。
それくらい年末も含めると逼迫している状態です。
ギリギリまで考えますが中では残念が有力です。
早い段階で運命線上のφを終わらせて体験版をもう一回して決めると思います。

ですが来月にもかみまほや帝都飛天大作戦、CSでも興味深い作品が出るので皆さんにも慎重に検討してほしいと思います。

φはもうすぐ始めるつもりですがレビューを書くかは未定です。




あの晴れわたる空より高くあの晴れわたる空より高く
Windows

チュアブルソフト

Amazonで詳しく見る
2014/11/04 19:36 PCゲーム TB(0) CM(0)
ずっと待っていた作品ですぐにやりたかったということもあり寝る間も惜しんで終わらせました。
予定通り感想を書いていこうと思います。

・箱庭ロジック/cabbit
イメージ011


○基本情報
シナリオ:御厨みくり
 原画 :ゆき恵、三輪フタバ、永月到、六九導イツキ
プレイ時間:17時間程度
ルートロックあり(ほぼ2本化しているのでどちらか以外は強制)

○システムや動作環境
個別音声などもあり設定は豊富で使いやすかったです。不自由なくプレイはできましたがセーブアイコンが小さくわかりにくかったのでそこがもったいなかったと思います。
動作においては読み込みに少し時間がかかる程度で概ね軽快でした。フローチャートでの移動がし辛かったのがちょっと面倒だなとは思いました。
絶対必要になってくる情報の引継ぎに関してはいい発想だと思いました。解説もきちんとしてくれていましたし。これは後述します。

○作画やグラフィック
今までのcabbit作品以上に綺麗だなと感じました。キャラも全て可愛いので見ていて飽きませんし優しいタッチに対し背景はしっかりと作り込んでおり相対的にキャラが綺麗に見えました。
一部立ち絵の身長がとんでもないことになってたりはしましたがそれくらいで気にならなかったです。立ち絵に置いても特定のキャラに影が差されているものがありダークな雰囲気を醸していてくれました。
一枚絵やシーン絵の構図がよくこれはいいなと思うものがいくつもありました。
特に一枚絵であればりると霧架の草の上での絵が印象に残っています。

○音楽
MANYOさんということで聞き飽きないBGMでした。作品全体を通してみるとOPの曲調ほどの勢いはなかったので少し勿体ないかなとは思いました。

○総評と感想(若干ネタバレあり)
読み物としては非常に良くまとまっておりいい作品だと思いました。みくりさんですしまとめ方に関しては全く心配してなかったのですが予想通りミステリらしい内容だったと思います。どうしても自分の中では「殻ノ少女」が念頭にあり特に霧架ルート最後の部分で比べてしまいました。こちらよりもあちらは陰鬱としており続編もあるため引きは悪かったのですが読みごたえはありました。対しこちらは案外さっぱりとした幕引きでまとまっていてダークな雰囲気を期待していた面では少し肩すかしをくらったようでしたがそれでも非常に面白かったです。
瑚子ルートはマニアックなプレイも多く少し期待しておいていいと思います。
同ブランド作の「翠の海」はより若干軽いように思いましたが全体的に楽したので満足です。

面白いと思ったシステムの『情報を引き継ぐ』ですが主人公は情報を引き継げません。引き継ぐのは我々プレイヤーです。そこが『箱庭の裏庭』のポイントでもあると思います。
箱庭の裏庭では各ヒロインが登場し作中の出来事を俯瞰する後日談のような話が展開されていきます。これはある種メタ要素でもありますが俯瞰していても彼女たちは情報は引き継げませんしプレイヤーを促すだけです。このゲームもある意味ではプレイヤーの『箱庭』であるのではないかと思いました。
また箱庭ロジックというタイトルですが箱庭を舞台にした箱庭というSNSを使った箱庭療法というだけでありもう少し言葉で遊んでくれるとぞくぞくするような読みごたえが生まれてきたのになと思い少し残念でした。

長くはない作品ですし出来もよく絵もきれいということでちょっとしたミステリを見たい人にはお勧めしたい作品だと思います。

以上で感想を終わりたいと思います。



箱庭ロジック箱庭ロジック
Windows 8

Cabbit
売り上げランキング : 603

Amazonで詳しく見る
2014/11/01 04:09 レビュー TB(0) CM(0)
検索フォーム
応援バナー2
プロフィール

みなせ

Author:みなせ
◇本ブログについて
本ブログはアダルトゲームなど18歳未満の方に不適切な情報を記載しております。

◇執筆者紹介
数刻のブランクを経て復帰したエロゲーマー。
現在は月に数本新作や旧作を消化しております。
まだまだにわか宣言。

◇twitter

◇連絡先
minasel_l●yahoo.co.jp
コピーしたのちに●を@に変えてご連絡ください。

体験版とかこれやってくれっていうのがあればメールやツイッターで声かけてください。やるかもやらないかも。

来場者数