バナー
カテゴリー+月別アーカイブ
 
新作情報参考サイト
Getchu.com アダルトTOP 新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)
たまには日記らしい私事もブログに書いてみようと思い、つい先日行ってきたオーストラリア旅行のブログでも書いてみようと思います。

マリンアクティビティをやりたくて行ったので予め防水デジカメを購入しました。
あまりカメラは詳しくないので量販店で調査し人気のものを選んだのですが入荷未定とのことで在庫があるネットで買いました。
FUJIFILM コンパクトデジタルカメラ XP70Y イエロー F FX-XP70Y
FUJIFILM コンパクトデジタルカメラ XP70Y イエロー F FX-XP70Y

以前はFinePixJX280を使っていて起動や撮影後の処理などもこちらの方が早いうえに防水という点で優れており本格的にこちらをメインで扱おうと今回で決めました。
こちらの青のモデルなのですが黄色や橙に比べてシャープな印象ですが、それでもデザインがあまりよくないのが難点ですがそれを補う使いやすさがありました。
追記でいくつかの写真とコメントを載せておきますので見て頂ければいいなと思います。


【初日】
夕方から飛行機に乗りケアンズへ向かいました。
ジェットスターでしたが機内食は意外と美味しかったです。乗り物はやはり苦手なのでナイトフライトではありましたがあまり休めませんでした。このせいか初日から体調が芳しくないスタートです。
早朝ケアンズに到着してからは支店へ行き説明を受けた後にツアーへ参加。クロコダイルの捕食シーンを間近で見ることが出来るものでした。
迫力もありとても印象的なツアーでした。
夕方からはココズレストランへバイキングでした。日本ではシーフードバイキングはそこまでないので値段は張りましたが満足できる内容でした。

【2日目】
ケアンズで有名なキュランダ山へ鉄道で向かうツアーです。
2時間かけて山道をゆっくりと登って行く列車から見るバロン滝や熱帯林はとても美しかったです。
到着してからはそこまでやることがなくスカイレールの時間までは暇でした。
スカイレールは絶景でしたが思ったよりも風に揺れたり速度があったりと驚かされました。
夜の食事は都合によりダンディースへ変更されていました。レストランの等級は上がっているが値段は据え置きだそうなので満足です。

【3日目】
ツアーはすべて早朝からなのですがなかでも潮の関係で特に早いツアーがこの日のフランクアイランドへのツアーです。
1日に100人の人数制限があり静かに見られるのが売りではありますが修学旅行シーズンであり多い日は80人ほど来るそうです。私が行った日にはちょうど10名ほどでのんびり見ることができたため良かったです。
ミコマスケイのように珊瑚がたくさんというわけではありませんが泳ぐウミガメをシュノーケルで見ることが出来たりサメが見られたりと期待していた通り素晴らしいツアーでした。
この日は夜の食事の予約をしておらず市内のパイフェイスを食べて終わりました。
最終的に換金したドルが余ってしまったのでどこかレストランにでも行けばよかったかなと思いました。

【4日目】
昼まではフリーで休養と市内散策。お土産を買ったり市内にある公共プールまで歩いたり駅のショッピングモールを見たりしました。
海外のゲームショップを見る機会があったので覗いてみましたが日本で売っている多くの作品が英語のタイトル出揃っており欲しくなりました。
セントラル内のローストコーストではアイスコーヒーを飲みました。ここのお店はフルクリームでホイップがたっぷりと乗っているだけでなく中にアイスも入っており日本で言うところのスタバのフラペチーノにエクストラホイップをしたような感じでした。クリームが少し油っぽくしつこい味付けではありましたが疲れていたので逆に嬉しかったです。
夕方からはアボリジニのジャプカイ族の舞踊を見るツアーに参加。これも非常に楽しみにしていたツアーであり最前列から見たショーはアクティブかつ情熱的で面白かったです。

【5日目】
朝食をとり帰路へ着きました。現地を昼過ぎに出ましたがこちらへ到着したのが20時過ぎ。
荷物受取に時間もかかりバスにうまく乗れず帰宅したのは日付が変わる頃でした。


今回日本での成田までの移動手段に使ったのが電車+マイクロバスで特急を利用しなかったため交通費を抑えることが出来ました。
時間はかかってしまいますがもともとリゾート地であるケアンズはオフシーズンでもそれなりに高いので日本での移動にかかる費用はどうしても抑えたかったです。

エボラで入国を規制している安心感もあるのか、もともとそういった習慣がないからかマスクを着けている方はほとんどが日本人で海外の方は特に気にもしていない様子でした。
入国に関する規制もかなり強くここで問題なく通れた方は他の国では検査で不自由するようなことはないのではないでしょうか。
ホテルのポットの調子が悪くフロントへ対応を求めた時に困ったくらいでそこまで英語が話せなくてもどうにかなるのは観光地の強みだと改めて思いました。
こういった場所でのんびり過ごすのもいいですが月末が近くどうしても新作の動きが気になっていました。

ブログもいつの間にか2万アクセスを越えており1年でここまでになるとは思ってもおらず嬉しい限りです。
希望があればtwitterやメールで企画等ご相談ください。
31日には箱庭などが届くので崩してレビューも上げていくつもりです。
2014/10/30 12:00 雑記 TB(0) CM(0)
今月は旧作多めでペースを上げてプレイしてました。

・なないろリンカネーション/シルキーズプラス
シルキーズ新形態となってからの処女作でありながらも高いクオリティでした。
感想も簡単にブログに載せたのですが、笑いも涙もありとても温かいと感じる作品です。
あとからレビューサイトを見てもしっかりと評価がついてきているのがわかり、今後に期待している方も多そうです。
今年の作品の中では上の方に来る作品だったのではないでしょうか。

・ChuSinGura46+1-忠臣蔵46+1-/インレ
れいんどっぐ時代を経て昨年発売された作品。来月にはFDが出ます。
日本史に詳しくないから避けていたのとまだ復帰をしたばかりでそこまで新作に手を回していなかったため当時は流していたのですがプレイしてみて衝撃が起こりました。
ここ15年をみてもこれに並ぶ作品は少ないのではないかと思います。レビューでも書きましたが非常に高い完成度です。
ぜひとも多くの方にプレイしていただきたい作品です。
FDでは本編でシーンが欲しかったと思ったキャラのシーンが公開されており内容ともに期待が出来そうです。

・CROSS†CHANNEL -FINAL COMPLETE-
言わずと知れた名作。追加シナリオ等もありましたがやはりトモダチの塔、VFBを含め既に完結している作品なので取り立ててやる必要はなかったなと思いました。
旧パケの方は言うまでもなく面白いです、何度プレイしても感じることがあり非常に興味深い作品だと思います。

・君が望む永遠-Latest Edition-/age
3度目のプレイとなるこの作品。OPへの入り方は何度見ても美しいです。
最近の作品ではWA2もそうですが、描かれていることの少ないリアルな恋愛描写が生々しいです。
どのヒロインが好きか分かれますがやはり突き詰めていった水月ルートが私は良いなと思いました。
遥ルートのように綺麗な物語もあっていいと思うのですが水月ルートあってこそのこの作品かなと。
これもプレイしていただきたい作品です。

・るいは智を呼ぶ-暁WORKS-
なんとなくやりたくなったので2度目のプレイとなる作品。
始めてやった時の記憶がないのですがるいルートは強制でしたっけ。。。
日野さんの作品ではこれと「ハロー・レディ」は非常に読みやすく好きな作品です。「コミュ」もいいとは思いますが。
EDの演出を見ていて改めてこういうアウトローなのいいなぁと思ってました。喝采です。

初回プレイ2本、旧作3本の5本でちょっとそれでも少なめですが体験版を多めにやっていたりしたのでこれくらいで。

以下は体験版です。
・ChuSinGura46+1-忠臣蔵46+1-武士の鼓動/インレ
上記にあるFDです。
本編での最後にある主人公の奔走の様子が描かれていて大体想像通りだったのは笑ってしまいました。
新撰組の元へ飛ぶとなるとやはり沖田との試合を見てみたいです。
内容に期待しつつも抜きゲの大御所がいるのでシーンにもしっかりと期待したいと思います。

・箱庭ロジック/cabbit
プレイした感じでは悪くないです。横へ横へ広がってしっかりと収束していくイメージは持てました。
「箱庭」という言葉がどこまでも広がっていく様子は体験版でも惹かれました。
みくりさんなので大コケすることもないでしょうし本編を楽しみにしたいと思います。
マスターアップ済です。

・恋春アドレセンス/Eclair
久しぶりに出てきた純愛のバカゲー。Asaprojectの作品を思い出すようで懐かしかったです。
勢いはそこまでありませんがそれでもぶっ飛んだ感じはしっかりと出しており期待はできると思います。
かわしまりののお姉さんキャラが攻略できればなお良かったのですが・・・
マスターアップ済です。

・紙の上の魔法使い/ウグイスカグラ
同人時代から有名だった作品。体験版で3章までやらせてくれる優しさがありました。
結論としては1章だけでも十分に買いです。非常に面白い作品で物語を読者に想像させる物語という側面があるように思えました。
設定周りに少し不満はありましたが、背景で非常に頑張っているのが見て取れたので満足です。
雰囲気、やテキスト(特に地の文)がよく年末に出してくるあたり最後の爆弾になってくるのではないかと思っています。
これや「帝都飛天大作戦」を絡めた上で2014年の良かった作品の記事も書いていくつもりなのでそちらは恐らく年明けになると思います。


今年末までで体験版が出ているものでチェックしたいものは大体しました。
あとは検討中にもあるとな恋くらいで買いたい作品が来月に集中しているため吟味が非常に難しくなりそうです。

旧作は季節に合わせてまた朝色や3daysをやったりずれるけれども夏ノ雨あたりでもやろうかと考えています。
もしくはイノグレ作品かぼくの一人戦争に備えてるーす祭りを始めているかもしれません。
2014/10/14 22:17 PCゲーム TB(0) CM(0)
エロゲ―原作のアニメが今期は多く、その中でもプレイしたことのある3本をそれぞれ視聴しましたので簡単に感想を。

・Fate/stay nightUBW
DEENのFate/stay nightに比べると戦闘シーンはやはりかっこいいです。
1話では士郎の視点からだったのですが今作ではUBWにふさわしく凛視点からの開始でした。
原作プレイをした方であればわかる伏線が既にいくつもあり既プレイの人にとっては嬉しいサービスもしつつ、新たに見始めた人に対して映像で魅せ次回以降を期待させる良い作りだったと思います。
Fate/zeroから入った人でも感じたと思いますがルールがあるようでない今回の特殊な聖杯戦争の歪さを各所に混ぜていたのが印象的でした。
OPはdisillusionであって欲しいなと思ってしまいますがこれはこれでいいと思います。
次回もしっかりとチェックしたいと思える良い導入回だったと思いました。

・グリザイアの果実
アニメで動かすとなると最初は不安があり、しかもこのゲームの内容だとどのルートにせよ放送危ないのではと思いました。
今のところは動いてる絵に違和感も特に無く掛け合いも原作同様面白いので安心してみることが出来ています。
1話の段階で既に普通の学園生活ではないのを示唆する描写が多くあったことと、各キャラを最後に見せてからアウトしていったことから全ルート回るのではないかと考えそれらのことからかなり急ぎ足になってしまうのではないかという新たな不安も出てきました。
円盤で絵がブラッシュアップされて規制解除された状態で再度見てみたいなというのが本音ですが、円盤集めはしていないので放送だけで追っていこうと思います。
以前記事でグリザイアをまたやるかもと書いたのですが、これで意欲が沸いたので今やっている作品を消化次第やろうと思います。

・失われた未来を求めて
キャラやキャストを見ると嬉しくなる作品です。原作は今はなきABHARからのTRUMPLEの作品です。
1話は伏線上必要な導入として置かれている程度でしたがインパクトはかなり強い終わり方だったのではないでしょうか。
SEやカメラワーク等はグリザイアの方が緊張感が伝わってきました。こちらは日常色も最後まで強い作品なのでゆるく、ノスタルジックな雰囲気を残して放送していってくれればいいなと思います。
ですが原作が好きな私としては物足りないように感じます、あの絵やOPあってこその作品だと思うので気になった方にはやっていただきたいです。
1話のような終わり方が好きな人には同様の展開がすぐに見てとれる「君が望む永遠」や「Aster」もついで程度におすすめしたいです。内容は全く異なりますしその後の展開もいきなり違いますが。


大図書館の羊飼いは今日だったか近日中だったかに放送するのですが未プレイのためなんとも言えません。
先行放送を見た方の話だとそれほど悪い評判は聞かなかったのでとりあえずは力を抜いて最初は見てみようと思います。
種崎さんの名前がやはり見た方からは上がるのでテロル然りこの作品然りで更に名前が知られていくと思いますが私としてはエロゲの方に残り続けてもらいたいです。絶対にそちらの方が魅力を活かせると思っています。


今までのシーズンにあった作品に比べると良いスタートだと思います。
今後にも期待が持てましたので視聴を続けていく所存です。
2014/10/06 19:18 未分類 TB(0) CM(0)
月も変わったので今月も新作チェック、まとめを書いていきます。
データとして名前の羅列もしてみようと思うのですが記事がやたら長くなってしまいそうなので検討中です。
ブログ内に埋め込みが出来るかどうかもよくわかっていないので…何かいい方法があればやってみるつもりです。


◎箱庭ロジック/Cabbit
今月一番期待している作品。リリース情報を耳にしたときからずっと待っていました。
翠の海で今も人気を誇るブランドの新作です。「にゃんカフェマキアート」、「カルマルカ*サークル」などを書いていたのですがみくりさんにはやはりこういった作品を書いてほしいので期待大です。
しかしまだ公式の更新があまり来ておらず、延期になる可能性も十分に考えられます。

◎月に寄りそう乙女の作法2-Limited Edition-/Navel
言わずもがなで人気を誇るつり乙です。特典にルナアフターが付いてきます。
今回は王雀孫さんの名前がなくライター数から見ると尺はあまりなさそうな気もします。
キャラや雰囲気が好きで買う人も多いでしょうし問題はないと思います。
今までも大体FD含め3本セットで出ているので次の企画にも期待しておきたいところです。
当の雀孫さんはタカヒロさんとの作品が話題になっていますのでそちらも合わせて待っています。

◎運命線上のφ/Lump of Sugar
前回同様のため省略させていただきます。
9月末にマスターアップ報告も来ていますのでこのまま発売まで待機です。

○どうして、そんなに黒い髪が好きなの?/ファイヤワークス
先月から出てはいたのですが記事にするときに抜けてしまいました。
体験版をやってみたところ籐太さんらしく会話のテンポがよく、コメディ色も強く笑いながら楽しめる作品でした。
特典のもっともっと黒髪パッチをあてたCGを見てみると本当に真っ黒で「鬼うた。」を彷彿とさせました。あちらはヤンデレですがこちらもどこかでそのようになるのでしょうか。
蓋を開けてみるまで分からないとフォロワーさんと会話をしていました。
こちらもやはり気になる作品です。

○螢火ノ少女/地雷ソフト
~ノ少女って書かれているだけで反応してしまうのはさておき地雷ソフト久々の新作です。オーグメントシリーズは人気が高かっただけにこちらはどうなるのでしょうか。
ライターさんも変わり絵は一昔前のような感じで塗り、雰囲気はこちらの方が好きなので注目をしています。

○恋春アドレセンス/Éclair
アサプロ好きであれば買って損はないと思います。終始ギャグにはしっているのは久しぶりのタイプの作品です。まりのさんがデレるのを想像しただけでも買ってもいいかなと思ってしまいます。
発売後に話題が付いてくる作品になると思いますししっかりと検討していきます。

△デーモンバスターズ/MOONSTONE Cherry
都合によりタイトル省略です。
最近になって爆発的に話題になっている伊藤ライフさん原画の作品です。
万夜シナリオだから買うと言っている方もいたのですが私はスルーします。
曲が茶太というのは嬉しいのですが最後までクリアする自信がないので…。

△巨乳ファンタジー2if/WAFFLE
最近のこのメーカーで人気のシリーズです。
今度も話題性内容をとっても注目作になるのではないでしょうか。
私はそもそもやっていないため買わないですが、抜き枠では今月デーモンバスターズとどちらかがトップじゃないでしょうか。

△迷える2人とセカイのすべて/Lass
マスターアップしました。前月に続きまして省略させていただきます。
体験版が出たのでその話を聞く限り立ち絵もしっかりしておりいつものLass作品が好きな人であれば楽しめそうだとのことです。
前作の評判を払拭できる作品になることを祈っています。

◎は購入、○は要検討、△は購入予定はない注目作です。
その他トロバケ、かぐや新作、etude10thパック、シールグランデ新作など発売もあるため選択の幅が広い月になっていると思います。
延期してきた作品も強く、最初からあった箱庭が出るかどうかが11月以降の年末商戦に向けた鍵になるのではないでしょうか。
2014/10/02 19:00 PCゲーム TB(0) CM(0)
検索フォーム
応援バナー2
プロフィール

みなせ

Author:みなせ
◇本ブログについて
本ブログはアダルトゲームなど18歳未満の方に不適切な情報を記載しております。

◇執筆者紹介
数刻のブランクを経て復帰したエロゲーマー。
現在は月に数本新作や旧作を消化しております。
まだまだにわか宣言。

◇twitter

◇連絡先
minasel_l●yahoo.co.jp
コピーしたのちに●を@に変えてご連絡ください。

体験版とかこれやってくれっていうのがあればメールやツイッターで声かけてください。やるかもやらないかも。

来場者数