2014年08月

        

運命線上のφ 感想(体験版)

category - レビュー
2014/ 08/ 14
                 
Lump of Sugarの最新作である「運命線上のφ」の体験版を終えました。
なかなかに面白い内容であったので感想も書かせていただきました。

まず公式サイトに目を通し、一番特徴的だと感じるのは「未来を切り拓くアドベンチャー」というフレーズと「いじって、さわって、切り拓け!」というキャッチコピーだと思います。
公式サイトの魅力に書いてあるFortune Divide SystemはPC操作だけではなくタブレットでの操作をより意識したシステムだと思います。従来ではタブレットを使用しゲームをプレイすることはできましたがスライドを使って更に操作性を持たせたというのは非常に新鮮であると感じました。スライドもしくはクリックした軌跡とほぼ等しく切断することが出来るのはプレイをしていて面白かったです。
前面に押し出しているように興味深いシステムだとは思いますが、実際にプレイをしてみると弊害がありました。
抜刀をしたり選択肢によって分岐をする場所ではチャートで確認をすることができるのですが普通にマウスホイールで読み進めていると選択肢以外の場所での抜刀に気付かず少し探すということが必要になっていました。各テキストごとに虱潰しにボタンの上でクリックを続けるかボタンを気にしながらプレイをせざるを得ないと感じたのは少々面倒だなと感じました。

また本作は捜査パートも導入しています。捜査終了のボタンなどが欲しいとの思ったのですが、必要箇所はヒントを示してくれるのでクリック漏れの無いようにできており難なく進めることが出来ました。
捜査パートは体験版ではほとんどなかったために製品でどの程度出てくるのかが楽しみです。

続いてキャラクターですが体験版では果凛が特徴的で一番印象に残りました。探偵がおり事件となるとどうしてもシリアスになりがちな所を彼女の持ち前の明るさと口の悪さで軽減しています。依頼にもあるように解決以上に安全を取ってほしいという部分を初志貫徹させるために非常に重要な役割を担っているのではないでしょうか。
もう一方の探偵編では紫乃がメインになってくると思います。一番人気の出そうなヒロインですしぜひ期待したいです。
サブキャラクターも何人もいるようなのでそれも楽しみにしておきます。

内容は体験版の部分だけだと探偵編ではミスリードを誘うような、剣豪編でも裏に何かを匂わせる部分もあり気になる終わり方でした。探偵編は共通の3割くらいは見れたような気がします。どちらも悪い方向には転ばなさそうです。

プレイをしてみての雑感ですが1周ですべての分岐を回収していくのは非常に困難だと感じました。チャート式である以上何度も通る必要が出てくると思うのですがスキップが非常に遅かったので総当たりをやっていくのには時間を要するのとチャートを表示するのにシステムを経由する手間がかかるのでもう少し改善できれば快適なプレイが出来ると思いました。
それとシンプルモードの方が絵と合っていると感じそちらを使いたいのですがセーブのボタンがなかったのでクイック機能以外にもボタンがあれば嬉しいと思いました。
その他設定は非常に細かく選べるようになっており最適化がしやすかったので良かったと思います。

先日「いつか、届く、あの空に。」を再プレイしたばかりのため色々と思うところもありますが、差し引いても最近の作品では期待が持てる作品になっていると思いました。
発売が非常に楽しみなのと、夏のイベントでの新情報の更新があることを首を長くして待っています。
                         
                                  
        

アストラエアの白き永遠 感想

category - レビュー
2014/ 08/ 02
                 
冬に合わせるために積むかもしれないと言ったもののどうしても気になってしまいプレイしてしまいました。
併せて感想も投稿したいと思います。

・アストラエアの白き永遠/favorite
アストラエアの白き永遠 初回限定版 【予約特典:ちっちゃい雪々ラバーストラップ&FAVORITE 10th ANNIVERSARY メモリアルイラストコレクション付き】

○基本情報
シナリオ:なかひろ、保住圭
 原画 :司田カズヒロ(ヒラサト、なつめえり、GT)
プレイ時間:35時間程度
ルートロック有、グランドルート有、パッチ有

○システムや動作環境
システム設定が非常に素晴らしいです。こちらが欲しい機能がほぼ揃っており不自由なくプレイできました。動作も最近のパソコンであれば重いと感じることはないと思います。
表示は演出で少し時間がかかるため嫌な方は演出を最速にすればいいと思います。
立ち絵鑑賞も文字入力はできないものの背景もしっかり選べたりと十分楽しむことが出来ました。

○キャラクター
大人を除けばどの子も非常に純粋で性格のいいキャラばかりでした。
特に月ケ園の児童たちの屈託のなさには驚かされました。夏ノ雨のねねや車輪の国のまなががいい子代表だと思っているのですが、葉月はそれ以上だったと思います。
桐谷さん演じる一夏もとても魅力のあるキャラクターになっていたと思います。

○作画やグラフィック
外の背景はかなり細部まで描かれており、明るさに合わせた街の変化などを楽しみながらプレイできました。
対し教室内や部屋の中はファンシーなものが多いせいかラフタッチで描かれているものが多かったです。急に1枚絵に切り替わるとギャップを感じますが微々たるものでした。

○BGMと主題歌
どれも良かったです。主題歌も新田さんが歌っているものも橋本みゆきが歌っているものもすべて良かったです。同梱のCDも音楽鑑賞モードも何度も聴いて楽しめました。

○総評と感想
私はいろセカいろヒカは未プレイなので星メモとのみ比べることになるのですが、前作にはだいぶ劣る内容になっているのではないでしょうか。それでもやはり流石の完成度ではあったと思います。
しかしルートごとに面白さのムラがあり、キャラによっては引き延ばしをしているだけでグダグダに感じました。個別ルートでは解決するのにかなりの時間を要したことであってもグランドルートに進んでみると何事もなかったかのようにあっさりと片付いていたものがあるのですが、少々納得いかなかったです。それらの事を踏まえたうえでグランドルートよりも落葉ルート、りんねルートが面白いと私は感じました。
今作のテーマとしては「優しさ、絆」があるのですが家族というものを解りやすい形で表現しているルートがこの二つであり琴線に触れてくるシーンが多かったです。グランドルートもいいとは思うのですが内容や言い回し、関係が少々複雑になっていて感じる前にそれらを整理していくというプロセスが多少必要になったため若干飽きが生じていたのだと思います。
琴里、一夏はキャラはとてもかわいいと思います。今作でツートップです。ルートを進むと主人公の存在が希薄になり当人同士でやっているなというのを感じてしまいキャラを楽しむだけになってしまいました。コロナはまた伏線用ということで別になります。

少し長めの作品ではありますが、やる価値は十分あったと思います。
今年はそこまで当たった作品が多くないので2014年のADVでは上位に入ってくると思います。
体験版もやったのですがキャンペーンをすっかり忘れてしまっていて参加できなかったのが残念でした。


以上で感想を終わりたいと思います。
                         
                                  
        

8月の新作エロゲまとめ

category - PCゲーム
2014/ 08/ 01
                 
今年も残り数か月となってきましたがいかがお過ごしでしょうか。
先日書いたフラテルニテのレビューを多くの方が見てくださっているようで非常に喜ばしく感じております。

コミケのある月ではありますが今月もしっかりと新作チェックをしていきたいと思います。

○できない私が、くり返す。/あかべぇそふとすりぃ
先月末に体験版をやってみました。掴みとしては悪くなかったです。
最近はだいぶ増えてきたループものの作品の中では珍しいタイプではないと思います。
体験版で言っていたように未来は本当に変えられないというもので〆てくれるのであればぜひ買いたいなと思うのですが、OPや書き方から察するに奇跡は起こるのでしょう。
最終的にはハッピーエンドが多いメーカーなので考えにくいですがぜひともそういった方向を期待したいです。

○サツコイ/Alcot ハニカム
トレーラームービーでは終始和風なノスタルジックのある音楽で非常に面白そうな雰囲気でした。ムービー中にあった爪の長くなった少女を見ると音楽のせいもあり別の作品を思い出してしまいますがこれとは全く違う方向性になると思います。
ミドルプライスということもあり手を出しやすいのではないでしょうか。

○蒼撃のイェーガー/propeller
いわずもがなのプロペラ作品です。最近はエロゲ以外を制作していたのか数年ぶりであり、しかもバトルものとなると間の「すきま桜とうその都会」を除くので4年ぶりになるのでしょうか。
最近やっていた作品では戦闘が陳腐だったので動きがあまりない戦闘シーンではありますがある程度の安心感を持って挑めると思います。
ついでになるのですが「すきま桜とうその都会」は先月に廉価版が出ました。私がとても好きな七烏未さんと今日新作を発表した渡辺さん作品でもありますし内容も最後までやると非常にいい作品なのでおすすめです。BGMや雰囲気が非常にいいので興味のある方は体験版をプレイしてみてもいいと思います。

○晴のちきっと菜の花びより/Parasol
先月から飛んできた作品です。のでこちらは割愛しますが、シナリオは少し期待できそうです。

△PRIMAL×HEARTS/ま~まれぇど
作品を重ねるごとに塗りが綺麗になっているように感じます。絵が非常に良く絵買いをする人が多いのではないでしょうか。
ここはシナリオが私には合わないのでスルーだと思います。


今月は飛んできた作品などもまじっていますがそれでも目を引くものが少ないように感じました。頭一つ分あかべぇが出ているような気がします。
いつものように翌月以降も流し見していたところかなり興味を引いた作品がいくつかありました。
CROSS†CHANNEL-FINAL COMPLETE-とマブラヴオルタネイティブトータルイクリプス、帝都飛天大作戦は特に目を引きました。
C†Cは今までCSを通してきて追加されたシナリオがこちらに逆移植されたもののようで非常に楽しみです。どのようなシナリオが追加されているのかは全く知らないのですが、完成された作品であることから考えるとどこかのループであった出来事を描いているのでしょうか。もちろんトモダチの塔ではない部分でですが。色々と考えるだけでも楽しみな作品です。
マブラヴTEはアニメをやっているときでもクロニクルズの方が発売されていまして、ようやくかと思っています。18禁ではないようなのですがクオリティ向上とあるのでCSをやっていないから非常に楽しみです。
しかしいずれは18禁でも出そうなので少しそれを待つ可能性は十分にあると思います。

帝都飛天大作戦はなぜか希さんのシナリオなのにLiarから出るとありよくわからないですが、ファンとしては非常に楽しみです。


しっかりと少しずつではありますがブログが続いていることに驚いています。
未だに機能が把握できていないため編集などが上手くいきませんが今後もお付き合いいただければと思います。


すきま桜とうその都会(まち)【復刻版 FFP仕様】 AFRB-003すきま桜とうその都会(まち)【復刻版 FFP仕様】 AFRB-003
Windows

propeller

Amazonで詳しく見る